記日きつい思れぐま気 from バンクーバー

2012年4月から妻の海外赴任に伴い主夫業と育児に励む30代男性の日常。バンクーバー関係ないことも多々あります。

私、退職して主夫になります!

2012-02-17 23:03:11 | 赴任前雑感
いきなりでなんですが、タイトルのとおりでございます。いわゆる無職ないし自宅警備員という職種(?)に甘んじる所存です。別に仕事とか職場に不満があるわけではございません(むしろ現状大変満足しております)。単に、奥様の海外赴任が決まったので、それにくっついていくことにした、というだけのことです。

と、さらりと書きましたが、それなりに逡巡はありました。一応ね、仕事でもそれなりに評価いただいていたわけだし。プー太郎になってしまうのも勇気いりますよね。でもまあ、悩んでいても仕方ねーだろってんでえいやあと決断した次第であります。

決断にあたってのポイントは大きく二つあります。
1)家族との時間を大切にしたい
2)なるべく色々なことを経験したい

1)家族との時間を大切にしたい

奥さんが単身赴任という手もあるにはあります。今でも家事と育児をこなしながら仕事をしているわけですし、やってできないことはないんですけどね。でも、何も家族が離れてまで守らないといけないことかな、今のポジションって、と思うと僕の中ではそこまでではありませんでした。お世話になった上司・同僚の皆様には申し訳ないですけど。会社に僕の代わりはたくさんいますが、家族に僕の代わりはいないですからね。この辺のワークライフバランスについては色々思うところがあるので気が向いたらまた改めて書きたいなと思ってます。

2)なるべく色々なことを経験したい
アホかと言われそうですが、僕のポリシーです。できる経験はなるべく色々したい。やらない後悔よりやって後悔。当たって砕けろ。うん、これはちょっと違うな。家と会社の往復をする安定した生活より、仕事捨てても海外で主夫やる方が刺激的だし楽しいよね!と思ったわけです。


もちろん不安はあります。帰ってきたらどうやってメシ食おう、とか思いっきり不安です。でも今の会社が100%安泰かと言えばそんなことないわけで、こんな先行きめちゃくちゃ不透明な世の中ですから、リスクをとりながらでも楽しく生きたいなと。
幸い僕は英語圏の生活であればそんなに不自由はしないだろうとか、帰ってきてもなんとか職にありつける自信(どこから来るのかは不明)もあるので、その辺も決断の背景にはあるかもしれません。

でもホントね、人生楽しまなくて何を楽しむんですか、って思うのですよ。どんだけ安定してたってつまらなかったら意味ないじゃないですか。みんな、もっとQuality of Lifeを高めて幸福度を上げていこうぜ!

ということで、おがたは2年ほど主夫してまいります\(^o^)/
せっかくなので目一杯楽しむぞー!

あ、赴任先はバンクーバーです。
バンクーバーのお得な情報、心よりお待ちしております。


以上、まずはご報告まで。


(追加情報)
ちきりんさんのブログにこのエントリを載せていただきました。
「退職挨拶メール」を共有しよう!

そして、ちきりんさんの過去のエントリに、まさしくこんな話が出てました。
読んでたのにすっかり失念してたなあ。
すごーく興味深いお話なので是非ご一読を。
「イクメン」どころの騒ぎじゃない時代が来ます
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 感想文『潜入ルポ 中国の女』 | トップ | 海外赴任前の雑感(1)子供... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (もくもく)
2012-02-21 09:52:02
や、素晴らしい決断だね。
僕は嫁さん単身赴任させましたが、今度機会があったらついて行こうと思いますもん。
さんきう! (おがた)
2012-02-21 22:49:06
>もくもく
ありがとう!そう言ってもらえると嬉しいね。
せっかくなので楽しんでくるよ!
Unknown (moonisland81)
2012-02-22 18:21:39
素敵な選択ですね!
バンクーバーはいいところですよ.1週間ほどしかいなかったけど,住みたい場所です.羨ましい!
楽しんでください!
ありがとうございます! (おがた)
2012-02-22 23:05:30
>moonisland81さん
皆さんいいところだとおっしゃるのでとても楽しみです!
せっかくなので目一杯楽しんできますよーw

コメントを投稿

赴任前雑感」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事