おーじーうえもんの鉄道さんぽ

スマホでご覧の方もPC版に設定して開くと読みやすい画面となります。

車窓から⑥/新能町〜江尻/万葉線

2020-10-26 17:03:23 | ⭐️北陸地方の鉄道/一覧

Photo1/新能町から370mほど県道24号線を進むと前方に荻布(おぎの)電停が見えてきました(1996年8月/荻布/モノクロネガで撮影)

 

富山県の路面電車・万葉線に乗って、新能町(しんのうまち)電停を発車。県道24号線をおよそ370m進むと、前方に荻布(おぎの)電停が見えてきました。県道24号線は広い道路なのですが、走る車もほとんどなく、電停にも人の姿はありません。1996年8月、のんびりとした路面電車の旅となりました。

【Photo1】の道路の右側に見えている店舗では、「表具師・堀田守喜堂」という看板が見えていますが、24年後のストリートビューでも健在を確認。左側では「マル栄」「佐賀工業」の看板はなくなっていました。佐賀工業手前付近にあった「東(あずま)建具・木工店」は現在も営業しています。

 

Photo2/荻布電停から207mの地点。前方に江尻電停が見えてきました(1996年8月/江尻/モノクロネガで撮影)

 

荻布(おぎの)の電停から440m走ると旭ヶ丘に到着。さらに、旭ヶ丘電停から207m進むと【Photo2】の風景が見えてきます。横断歩道手前にあるのは江尻電停。画面左端にジャスコの駐車場案内の看板が見えていますが、現在はイオンに変わって営業をしています。ジャスコの地方店には何度もお世話になりました。

また、「赤ちゃんと子供のデパート/ミルキー」という看板が見えますが、店舗はその下の白い3階建てのビルのようでした。24年後の現在は、空きビルとなっています。少子化の影響で廃業してしまったのでしょうか。ちょっと寂しい気持ちになりました。

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 甲信越地方の鉄道/一覧 | トップ | 小さなストール/江ノ島電鉄 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
変わっても (くまです)
2020-10-27 07:38:58
各地、建物は皆変わってしまって
思い出と全く違う場所のように寂しく感じると思いますが、
主要道路はそのままなので
、じっくりと以前の街の姿と
重なってくるのでしょうね
昔住んでいた場所など、行ってみたい気がします
おはようございます (おーじーうえもん)
2020-10-27 07:56:57
くま さん
おはようございます
鉄道沿線の過去の写真をよく見ていると
いろいろなことがわかります
バブルの崩壊や
金融機関の再編成
個人営業の消長
道を走る車のスタイル
女性のファッションの変化などなど

ストリートビューで昔とくらべてみると
とても楽しいですね〜♬

コメントを投稿

⭐️北陸地方の鉄道/一覧」カテゴリの最新記事