おーじーうえもんの鉄道さんぽ

スマホでご覧の方もPC版に設定して開くと読みやすい画面となります。

C11207/C11形/東武鉄道「SL大樹号」・大桑付近

2020-11-28 11:40:47 |  B10〜E10形タンク/一覧
C11207/C11形=東武鬼怒川線・大桑付近/東武鉄道「SL大樹号」/1C2タンク/2017年8月撮影
Photo/JR北海道で動いていたSLを東武鉄道が借り受けて復活運転を実施中。DLの補機を付けているが、煙を勢いよく上げて力走した
 
【C11207のデータ】
▶製造年月日 1941(昭和16)年12月26日
▶製造所 日立製作所笠戸工場(製造番号1488)
▶車歴
新製配備区は静内区
濃霧の多い日高本線を走るため二つ目の前照灯となる
1973(昭和48)年12月 長万部機関区に移動
瀬棚線の貨物列車などに使用された
1974(昭和49)年6月 瀬棚線「さよならSL列車」を牽引
1974(昭和49)年10月 廃車となる
この後、静内町で静態保存されていたが
2000年10月 JR北海道で復活。「SLニセコ号」で使用された
2014年11月 運行を終了
2017年8月 東武鉄道が借受け、鬼怒川線で「SL大樹号」として運行開始
▶主な特徴
前照灯が左右に分かれた日高本線仕様の「二つ目ライト」
これは動態保存C11のなかで唯一の機となっている
小型のスノウプラウを装備している
キャブ内部には東武鉄道仕様のATS装置を設置するスペースがないため、
本線を走行する時には装置一式を搭載した車掌車ヨ8000を常に連結し、
2両で走行するユニット方式をとっている

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« おばあちゃんの原宿/都電荒川線 | トップ | 雨の角館1986/秋田内陸縦貫鉄道 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
東武鉄道『SL大樹号』 (kaisou-no-sharyoutati)
2020-12-02 10:02:47
この機関車、東武鉄道に来てから私は見ていません。写真、懐かしく拝見しました。
丁度20年前に函館本線で写したものが出てきましたのでブログで公開しました。
ありがとうございます (おーじーうえもん)
2020-12-02 13:15:44
kaisou-no-sharyoutati さん
コメントありがとうございます。
ブログ拝見しました
架線や建物が写らない
北海道でのC11207の力走は
とてもすばらしい写真となっていました
また古い写真が出てきたら
紹介していただけると
嬉しいです
よろしくお願いいたします

コメントを投稿

 B10〜E10形タンク/一覧」カテゴリの最新記事