東京アイランド

OCNブログ人サービス終了に伴い、ここに引っ越ししました!

飯田家の河津桜(原木)

2013-02-18 00:45:56 | 伊豆半島

201302180004_2
 「飯田家の原木を見に行かれるのをお勧めします」と河津町役場の職員さんに教えられた場所に行ってみました。
 2月13日は、ちらほら咲いているところはありますが、ほとんどツボミでした。

201302180003
 この原木から河津川沿いに株分けし、毎年春になるとピンク色に染まる桜並木ができたそうです。

201302180002 河津町田中の飯田勝美氏が1955(昭和30)年頃、河津川沿いで芽咲いているさくらの苗を見つけ、庭先に植えたのが河津桜原木です。
 約10年後の昭和41年1月、ようやく花が咲き始め、勝美氏はそれを見届け永眠。

 当初、発見者の飯田氏の屋号から「小峰桜」と地元で言われてましたが、その後の調査で新種と判明、河津町に原木があることから、1974年に「カワヅザクラ(河津桜)」と命名されました。
 河津桜はオオシマザクラとカンヒザクラの自然交配種と推定されています。
201302180001
 昭和30年頃に苗を植えたと書かれているので、樹齢は60年くらい。
 伊豆半島は温暖な気候になっているせいか、アロエの花が咲いています。自宅のアロエはまだまだ咲かないのに・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 河津桜はまだまだツボミでした | トップ | JR東海からJR東日本へ引継ぎ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

伊豆半島」カテゴリの最新記事