東京アイランド

OCNブログ人サービス終了に伴い、ここに引っ越ししました!

6月9日の次は14日

2018-06-14 22:39:05 | 日記・エッセイ・コラム
(ネットニュースより)

 14日午後2時10分ごろ、北九州市小倉北区のJR小倉駅で、博多発東京行き「のぞみ176号」(16両編成)の先頭車両のボンネットが割れているのが見つかった。車両は山口県下関市の新下関駅で臨時停車し、ボンネットを調べたところ割れ目から人体の一部が見つかった。走行中に人と接触したとみて調べている。乗員乗客にけがはなかった。現場検証に伴って山陽新幹線広島−博多間の上下線で運転を見合わせ、東海道、九州新幹線にも遅れが出るなど影響が広がった。

 JR西日本によると、博多駅を出発する際の車両点検では異常は確認されておらず、博多−小倉駅間のトンネル内で人と接触したとみられる。小倉駅に到着した別の下りの新幹線の運転士が、のぞみ176号とすれ違う際にボンネットの破損に気づいて新幹線総合指令所(東京)に通報。指令所からの連絡を受けてのぞみ176号の運転士が新下関駅に停車させたという。

 破損したボンネットの中には連結器があるが走行に直接影響する機器はなく、のぞみ176号の運転士は衝撃音も含めて異変に気づかなかった。また小倉駅のホームで乗客の安全確認をしていた駅員も破損に気付くことはなかったとみられる。小倉駅からのぞみ176号に乗車した男性は「小倉駅に到着した時は既に先頭が破損していた。そのまま運転を続けたことは問題ではないか」と話した。

 事故現場は確認されておらず、福岡県警などが特定を急いでいる。県警によると、北九州市八幡西区の石坂トンネルで衣類の一部が見つかり、新幹線にはねられた人が着ていた可能性もあるとみている

(ここまで)

 時刻表で確認すると、176号は定期列車ではなく、期間限定の臨時。
  博多13:53
  小倉14:10
 新山口14:30
  廣島15:03 ・・・・東京19:03

  映像を見ていると、最新型のN700A系ではなく、JR西日本の旧型700系でした。

 小倉駅を出発した直後、下りの鹿児島中央行きの新幹線運転士が先頭のボンネットに破損があると見つけたらしいだけど、新幹線が小倉駅に到着する前に乗客の安全を守るホームの駅員さんはそれに気づかなかったということになる。ボンネットの一部が欠損し、血痕らしいものも付着しているにも係わらず。結構目立っていて異変に気付くはず。
 事故原因を調査するため、現在も廣島~博多間は運転再開の目途が立っていません。なぜトンネルの中に人がいたのか、どのように侵入したのか、今のところ情報は入っていませんが、ビジネスマンや予定のある人が多数、大変ご迷惑を被ったに違いない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日は運休日 | トップ | 利用客ゼロの秘境駅に通学生... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事