東京アイランド

OCNブログ人サービス終了に伴い、ここに引っ越ししました!

切符に西暦表示

2018-03-04 23:16:11 | 日記・エッセイ・コラム
(ネットニュースより)

 来年5月1日の改元を控え、鉄道大手の間で切符に記載する発行日や定期券の有効期限などを西暦表示に改める動きが広がっている。JR旅客6社はもともと、「平成」などの元号を記さずに年数だけを記載。これまで特に支障はなかったが、急増する訪日外国人が日本独自の表記に戸惑う恐れもある。各社は改元を西暦表示に変える「いいきっかけ」(JR西日本)ととらえている。
 JR東日本は昨年12月から、JR西は今年2月から、切符や回数券、定期券などで西暦表示への切り替えを開始。JR東海など残り4社も変更の準備に入った。6社共通のシステムで発行する新幹線の乗車券や特急券なども、早ければ今秋から西暦表示に切り替わる見通しだ。
 一方、東京急行電鉄や西武鉄道(所沢市)など関東の私鉄大手では、既に多くの会社が西暦表示を導入。切符は元号を除いた年数、定期券は西暦と、表記が異なる阪急電鉄(大阪市)も、「今後は西暦にそろえる方向」と話す。
 2020年開催の東京五輪・パラリンピックに向け、元号を知らない訪日外国人客は今後さらに増加する見通し。鉄道切符や定期券の日付を西暦表示に一本化する動きが、今後も全国レベルで加速しそうだ。(2018/03/03-15:49)

(ここまで)
 
 自動券売機で2018.-3.-5と印字された切符が出ても、それほど違和感がしませんが・・・みどりの窓口や指定席券券売機で発売される、名刺サイズのマルス券でも、対象になるかどうか気になるところ。
 外国人を対象にしたジャパン・レール・パス(全国乗り放題)も、有効期限は当初、元号表示。その後、システムの改修により、西暦表示に変更されましたが、発売年月日は元号表示のまま。もし、改修されたとしても、31.-4.30ではなく、半角の小さな2019.-4.30に変わるんですかね・・・。 JRは日本國有鐵道から引き継いだもので、乗車券類は原則として元号表示なのに、最近になって変革か・・・。
コメント

三江線 大雪で1ヶ月半運休、現在は復旧

2018-03-04 10:55:25 | 2015中国山地の超ローカル旅
 1月の大雪で倒木などの被害が多数見られた三江線。3月31日で廃止になることが決まっており、岩泉線みたいに列車が来ないまま廃線を迎えるかも知れない・・・と当初心配していましたが、有終の美を飾りたいとJR西日本さんのお取り計らいで全線復旧しました。
 1ヶ月半も運休しているので、廃止にするのは先延ばしにして、5月31日までにしたほうがいいんじゃないかな・・・。
 天空の駅として知られている宇都井駅のノートを読んで、ファンからの返事を書くのを楽しみに116段を昇り降りしている、92歳おばあちゃんの生きがいがなくなってしまうわけですが、いつまでもお元気でいられますように。 

 ・関連するテレビニュース (日本テレビ)
コメント

本日は臨時就航です

2018-03-04 10:07:30 | 2018青ヶ島
 3月 1日 午前中は荒天
 3月 2日 × 欠航 低気圧通過後の置き土産
 3月 3日 〇 就航 ぴたっと凪ぐ
 3月 4日 〇 就航 臨時(日曜運休ですが、今後の見通しが悪くなるため臨時)
―――(ここから予想)―――
 3月 5日 △ 就航 条件付 夕方あたりから時化るので、夕方八丈島へ戻ったら東京へ
 3月 6日 × 欠航
 3月 7日 × 欠航
 3月 8日 芝浦
 3月 9日 × 欠航
 3月10日 × 欠航
 3月11日 △ 就航 条件付臨時(日曜運休ですが、欠航続きのため臨時)
 
(2018年 3月 4日 10時00分現在の予想)

 今日は臨時就航だから、明日からずーっと欠航になることが予想されますが、明日も多少凪いでいて、欠航前のラストチャンス。就航できるかどうか微妙です。いろいろ調べて予想をしているので、100%その通りになる!とは限りません。
コメント

ゆうパック3月1日から値上げ!

2018-03-04 01:09:33 | 郵便局・切手

 よく送る地帯のゆうパック料金をメモして、料金相当額の変な切手を間違いのないように貼付。
 3月3日、ゆうパックの差出。いつもと同じ局員さんでしたが、電卓を何度もたたいても、首を傾げる。 
 いつもぴったりと間違いなく貼ってくれるのに今日に限って・・・と思ったのか、
 「3月1日からゆうパックの料金改正が行われまして、不足額は・・・」と電卓で数字を表示。
 ゆうパックもクロネコヤマトと佐川急便の値上げに追随すると聞いたことはありますが、3月からでしたか。全然気づかなかった!!
 早見表は結構便利なものなので、料金改正後の金額をメモ。全体的に1割の値上げでした。 
コメント

なるほど・・・

2018-03-04 00:00:00 | 日記・エッセイ・コラム
 週末の土曜日の夜。リビングでテレビを見ていたので、スマホの着信すら気づかず。しばらくたったところで、着信ランプが光っているのに気づき、開けてみたら、O君からのテレビ電話着信。「はあ?あいつ、今まで私にテレビ電話をかけるなんて、滅多にないのに?」と思い、折り返し、2回もテレビ電話をかけるも、向こうはなかなか出てこない。「怒 OKO-っ!!」のスタンプを送信。
 テレビ電話は音声電話と同じく、リアルタイムでお互いに顔を見ながら手話で会話ができるメリットもあるが、ずーっとスマホを肌身離さず持ち歩いているわけじゃないから、用事があるなら、文字メッセージでも残せっつーの!!
 入浴後、再びLINEテレビ電話をかけたら、やっと捕まえた!!背景は自宅ではなく、どこかの居酒屋。
 向こうから開口(手話)一番、「うわー、キミ、かなりデブになったな」「そうですとも。何度もかかってきて何なの?」
 「キミに会いたがっている人がいるんですよ。いいかい?」とカメラはとなりの人へ。
 「おおー、お久しぶりです」
 初対面のような気がするので、「どなたですか?」
 向こうが自己紹介。「ああーっ!思い出した!!(幼いころ山口県で過ごした頃のクラスメイト)子供の時の顔は覚えているけど、すっかり変わったな~。山口県から東京にいらしているんですか?」
 「いや、ここは東京ではなく、防府市。山口県にO君をお招きしていますよ」
 「なるほど」
 「子供のころはずーっと手話はせず、口話だったよな。手話で会話するのは今回初めてですよね」
 テレビ番組の「今あいつ何している」みたいの思い出話に花を咲かせ・・・・。

 なるほど、明日は講演のため、山口県滞在中。講演テーマは「これってアリありですか? ~聴者・ろう者編~」。聞こえる社会と聞こえない方々たちの社会。お互い共存していくにはというテーマだと思います。今からでも1000キロ先の山口県へ飛んで行く、というわけではないので、ちょっぴり残念。
 「4月からヨングク先生がNHKみんなの手話の講師になるの知ってた?」
 毎週日曜日の午後7時半から午後7時55分までNHKのEテレに合わせると、テレビから手話を学べます。
 今までは聴者にあわせるべく聴者が声を出しながら手話をする表現でしたが、これは、ネイティブスピーカーとは言えないな、と思っていましたが、4月からは大きな改革が行われます!ヨングク先生は、日本語と異なる文法の日本手話にするとこう表現するなどの翻訳能力がとても高い。私は日本語の内容は把握しても、手話はこう表現するとは即時に翻訳できないので、ヨングク先生はどちらも操れるすごい存在と言えることになります。
 4月からの日曜日、午後7時半から他に面白い番組があるゴールデンタイムではありますが、是非、チャンネルをEテレに合わせ、ヨングク先生、三宅健さんとともに手話を学べれば・・・と思っています。
 
コメント