東京アイランド

OCNブログ人サービス終了に伴い、ここに引っ越ししました!

来週はワンチャンスで就航!?

2014-08-01 22:50:22 | インポート
最新の台風情報をチェックしてみたところ、4日か5日あたりに台風12号の勢力が弱まるので、ワンチャンスで就航できる可能性がありそうです。その後は台風11号のうねりが入るので再び欠航になりそうな予想です。今、出かけていて、スマホからの更新です。先週は日本一の秘境村、今週も日本一のなんとかに行って参ります(^o^)/ 8月1日 22:49更新

コメント

投稿練習

2014-07-25 17:10:33 | インポート
投稿練習
旅先にわざわざパソコン持っていかないかわりにスマホからの投稿練習してみます。4年ぶりです。今回で6回目。向こうの皆さん、私はかなり変わり者だけど、見かけたら、よろしくお願いします。>^_^<

コメント

強行突破

2014-02-09 22:38:38 | インポート
強行突破
東京の大雪はもう懲りたのに、札幌の雪まつりへ予定通り強行。去年の台風26号の翌日も強行突破。房総内陸部の道は深い積雪。アイスバーンの状態で空港に向かうのは自殺行為なので、前夜空港近くのホテル入り。 目的地は札幌、小幌駅じゃないです。今、小幌駅に降りても雪の深みにはまってしまい、身動きできぬ、かも。

コメント

叔父の飲みっぷりに驚愕

2013-10-18 00:12:09 | インポート
叔父の飲みっぷりに驚愕
叔父は青ヶ島の幻の焼酎、アルコール度数35のあおちゅうをロックでまるごと飲み干すほどなので、夕食にビール、日本酒、焼酎をオーダー。部屋に冷蔵庫がついていて、何本も空けてしまいました。叔父でも酒豪並みの飲みっぷりに驚愕。 式根島も酒豪3人と一緒だから、去年よりも多目に用意して、全部飲み干し。お酒はたのしく飲んだほうが良い.過度の飲酒は身体を悪くしますからね。(笑)

コメント

東京都最果ての山奥、檜原村「古民家の宿山城」さんの夕食

2013-10-17 20:27:15 | インポート
東京都最果ての山奥、檜原村「古民家の宿山城」さんの夕食
北海道、式根島、沖縄の記事が終わらないうちに檜原村にやって来ました。去年は房総の千倉町にある、「まさえもん」で鮮魚盛りだくさん。海辺から打って変わり、今回は源流のせせらぎが聞こえる山奥です。着席して最初に目につくお料理は檜原特産の山菜料理。2時間近くのお食事タイム。

コメント

台風直後でも綺麗

2013-10-17 18:08:35 | インポート
台風直後でも綺麗
台風の大雨で土砂混じりの川になるかと思っていましたが、源流に近いので、台風でもミネラルウォーターの川。

コメント

檜原村

2013-10-17 14:27:08 | インポート
檜原村
横浜から檜原村まで。首都高速経由だと新宿経由。国道16号の方が近いかもと大渋滞。横浜と多摩を結ぶ高速道路があれば。

コメント

東京中央郵便局真上でランチ

2013-03-28 12:59:02 | インポート
東京中央郵便局真上でランチ
21日にオープンした東京中央郵便局併設の複合商業「キッテ」に来ています。 昔の局長室や昭和8年から今までの写真展もあるようです(^_^)

コメント

まさえもんの超豪勢な夕食(後半)

2012-10-24 00:38:23 | インポート

201210230008
 安房の郷土料理、「なめろう」。
 山口の郷土料理「瓦そば」や、沖縄の「沖縄そば」、「タコライス」はパクれるのに、「なめろう」はすごく新鮮なアジでないと、なかなか難しい。

 ごはんの上にかけ、まさえもん特製のスープをかけていただく食べ方です。
 今回は一品料理がすごく多すぎたため、せっかく2皿出してくれたのに、1皿は残してしまいました。
 叔父いわく・・・「夕食は驚きましたね。人の胃袋には限界があります。量が多過ぎて、残してしまうのは戦時戦後の食糧難の時代に子ども時代を過ごした者には罪深さを感じます。美味しい海鮮料理も品数は多くてよいが、量が多いのは結局手付けずになり「勿体ない」と女将さんに話しました。朝も多過ぎましたね。<o:p></o:p> 」とメールがありました。
 来年もまた叔父が上京するとしたら、ワンランクをグレードダウンしておいたほうがよさそうです。しかし~私は「磯祭り」コースが好きなんだけど・・・。(笑)
 房総半島最南端の千倉町なのに「上京」という言葉を使うのに理由があります。都心からクルマで2時間圏内ですし・・・。

201210230009 活きた房州海老、活きたアワビなど、食卓に並ぶので、本当に申し訳ないです。
 アワビが「ここはどこなんだよ?」とひっくり返したり、お皿から脱出しようと這っていました。
 自分で火刑を命じる勇気はないので、いつも若女将さんが目の前で焼いてくれます。

201210230010 これも海の幸たっぷりの海鮮鍋。アワビの刺身をこの鍋でしゃぶしゃぶ感覚でいただくと美味しさ倍増!!
 しかし~、はまぐりはこの辺で獲れたものではないので、ずっと閉じたままでした。
できるだけ安房産にこだわりたいので、よそから仕入れた、はまぐりはなくてもよいかな。

201210230011
 食後のデザートもレパートリーがたくさんあり、今回は今が旬のフルーツに杏仁豆腐でした。
 後半も動画を少し編集してみました。
 

 

コメント

久しぶりに上京

2012-07-08 12:21:22 | インポート
久しぶりに上京
アクアライン入口の金田バスターミナルから東京駅まで50分と見積もったのに、日曜日にしては道が空いていました。30分くらいで東京駅っ!
午前中は雨模様だったのにすっかり晴れて夏らしい雰囲気が漂います。

コメント

7時半でも明るい

2012-06-03 21:17:01 | インポート
7時半でも明るい
ここは西日本。東京だと6時半を過ぎると暗くなるのに、ここはまだ明るい。 伯母いわく「畑仕事をしていて、家に帰って時計みたら8時10分だった」とのこと。
1個下の写真は青ヶ島の恋ヶ奥に似ているなら、ここは温泉施設の「ふれあいサウナ」!?
東京から山口県の日本海側へは数時間だけど、青ヶ島も行くときだけヘリコプターも確保していれば2時間。しかし、ヘリが取れずに船だとすると就航できるかその日の朝決めなので保障できません。

コメント

檜原は10月?

2011-08-22 21:47:28 | インポート
クルマが標高の高いところに向かうつれに外の気温がひんやり。
ついこの間は35度の酷暑だというのに急に秋のように変わってしまいました。
今回も首都高速の事故のせいで檜原村にたどり着くのに難儀してしまいましたが、「ここから檜原村」の標識を見つけるとほっとします。今回は奥多摩周遊道路経由のため、数メートル先が見えないほどすごい濃霧でたちこもっていました。まるでヘリコプターの着陸が難しくなる濃霧発生時の青ヶ島のよう?
今回も前回と同じく1336年(延元元年)に建てられた古民家の「山城」さんです。晩ごはんは一品ずつお料理が運ばれてきて、超満腹。檜原村の隠れ穴場です。
同じ東京でも、神津島はキンメダイ尽くし、檜原はヤマメ、山菜と村で収穫した野菜、東京ブランドの秋川和牛が出ました。
写真はあとで掲載します。 さっき、テレビのニュースを見ていたら、明日(23日)は残暑がぶり返すらしい。ここではまだ8月だというのに、ふんわりとしたお布団。

コメント

首都高速、身動きできないほど

2011-08-22 17:42:58 | インポート
首都高速、身動きできないほど
アクアラインを抜けたあたりの渋滞情報。首都高速東品川から渋谷、新宿方面は真っ赤。しかも、4号の新宿手前に「×」表示。 ×は通行止め?事故?はっきりした情報がないため比較的空いている八重洲線に進路変更してみると、代々木で事故があったため大渋滞。さっきからずっと進まない。堪忍袋の袋が切れたので、霞ヶ関から一般道路。新宿を抜け、初台から再び首都高速。二重課金ですな。
奥多摩到着予定時間が12時よりはるかにオーバーし、14時到着。
奥多摩周遊道路を回り、檜原村に16時45分到着~。
本来なら日原鍾乳洞に行くつもりだったのに時間がなく断念。

コメント

これから

2011-08-21 11:59:08 | インポート
これから
およそ4時間後は新山口~。

コメント

里山散歩小さな旅 首都圏版

2010-03-25 01:12:14 | インポート

201003230011  どんなに小さな文字でも見逃さず。
 私の好きな地名を見っけ。

 「檜原村・兜造りの里」

 昔、東京の西側に住んでいた頃の話になってしまいますが・・・田舎を求めているうちに初めてたどり着いた場所は檜原村でした。
 さほど遠くなかったので、休日にふらりと出かけ、同じ場所から眺める四季の移り変わりを楽しんでいました。


201003230009_2  以前住んでいた場所は道が混んでいなければ、およそ1時間で行けるのですが、ここはアクアラインを通ってでも3時間かかってしまいます。
 このあたりはもともと神奈川縣西多摩郡檜原村。
 明治26(1893)年、神奈川縣から東京府に編入。

 青ヶ島も含む伊豆諸島も、もともとは静岡縣。
 海鮮物や特産物を伊豆の国より江戸のほうが納入しやすく、交流も多かったため、1878年(明治11年)に東京府編入。
 地方よりも首都「東京」を冠したほうが、財政面も安心できるからでしょうか。

201003230010  
 のどかな風景だな・・・と思いきや、横浜市内。
 「みなとみらい」に代表される横浜でも、こんな農村風景があるのですか!?とビックリ!!
 
 田園都市線のネーミングからにすると、まるで田舎のような路線だと連想してしまいます。
 実際に乗ってみると、渋谷で半蔵門線から東急線に乗り入れ、地下鉄のようにトンネルが続きます。
 やっと地上に出れたかと思ったら、東京と神奈川の境、多摩川を渡っていました。
 この先もずっと住宅街や商店街が続き、「田園風景」なるものは見られません。
 ダイヤも数分ごと発車しているし、遠くの行き先たとえば、「久喜」や「南栗橋」も。

 今回、この本で謎が解けました。
 青葉台駅からバスで15分のところだと、このようなのどかな風景になるそうです。

  ・寺家(じけ)ふるさと村

  ・寺家ふるさと村 (Wikipedia)

コメント (2)