入管・在留・帰化必勝法

行政書士谷口誠事務所のブログ

日系四世の更なる受入れ

2018年04月02日 | 行政書士谷口誠事務所
静岡の行政書士の谷口です。

法務省から、日系四世に関しての発表がありました。

日系四世の更なる受入れ制度のための特定活動告示の一部改正等について

法務省は,本日,日系四世の更なる受入れ制度のための特定活動告示の一部改正等を告示しました。制度の施行日は本年7月1日です。

詳細は、日系四世の更なる受入れについて PDFファイル

必要書類も今後公表されるでしょう。
また、かなり運用が面倒なので、軽い気持ちでいると大変でしょうね。
安易に考えていると痛い目に合うと思います。

今後の運用は、トライアルアンドエラーで行くしかないと思います。


====================================

静岡の入管申請は、行政書士谷口誠事務所へお気軽にどうぞ!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネットと帰化申請

2017年10月23日 | 行政書士谷口誠事務所
静岡の行政書士の谷口です。

帰化申請も、今では書籍やネットがありますので、便利になりした。

お問い合わせの際、「ネットでは非常に(異常に?)安い料金でやってくれる事務所があるが。」と言われる方がおられます。

そこで確認してみますと、「申請はご自分でお願いします。」
との記載が必ずと言って良いほどあります。

そもそもこういった事務所は、帰化申請のシステムが各法務局で異なり、特に静岡のシステムを「ご存じなのかなぁ?」と感じてしまいます。

静岡では、ほとんどの場合事前相談が要求されます。
この事前相談は、確かに面倒ですが、(ここでは詳細は省きますが)当然メリットもございます。

また、帰化申請では、法務局でも即答出来ないことや、不要な書類まで要求されることなどもございます。

ですので、当事務所では、事前相談と本番の申請には、私が同行致します。

細かな書類や事項では、「折衝(交渉)」が非常に大切になります。

もちろん準備中でも様々な問題点が発生致しますので、法務局に逐一連絡を取らなければなりません。

ご自身で申請して、何度も受理されず、あきらめかけた方も現実におられるのです。

そういったことから、「とにかく安ければ良い」といった方針(宣伝)は、ニーズもあるでしょうから、その事務所の自由だとは思いますが、そもそも自分で出来るような簡単なレベルの申請であれば、わざわざ専門家に頼む必要もないと思います。

ぜひ一度ご相談下さい!

====================================

静岡の帰化申請は、行政書士谷口誠事務所へお気軽にどうぞ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰化の事前相談

2017年05月29日 | 行政書士谷口誠事務所
静岡の行政書士の谷口です。

帰化申請の際には、事前相談というシステムがあるのですが、このシステムが変わってしまいました。

意図はわからないでもないのですが、我々専門家からすれば、非常にロスの多い(大きい)ものとなってしまいました。

当事務所では早速対策を講じました。

詳しくはご相談下さい。

====================================

静岡の帰化申請は、行政書士谷口誠事務所へお気軽にどうぞ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

在留特別許可が2ヶ月で下りました!!

2015年06月15日 | 行政書士谷口誠事務所
静岡の行政書士の谷口です。

さて、朗報です。

この度、当事務所のお客様の在留特別許可が約2ヶ月で下りました!

最近は、問題のないケースでは、早くなっておりますが、それでも早い方だと思います。

かなり高度な、難易度の高い案件でしたが、当事務所の多くのリクエスト・アドバイス等にお応え下さったお客様のご協力の賜(たまもの)だと思います。

適正な審査をして下さった名古屋入管の方々にも感謝したいと思います。

鬱陶しい日が続きますが、どうぞご自愛下さい。

============================================

ご相談・ご依頼は、行政書士谷口誠事務所へお気軽にどうぞ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高技能外国人、3年で永住権=改正入管法成立

2014年06月12日 | 行政書士谷口誠事務所
 高度な技能を持つ外国人の日本定住を促進する改正出入国管理・難民認定法が11日午前の参院本会議で、与党や民主党などの賛成多数で可決、成立した。技術研究などに携わる外国人は、在留3年で無期限の在留資格を取得することができるようになる。優秀な外国人を呼び寄せて経済の活性化を図りたい考えだ。

 外国人が永住許可を得るのに必要な在留期間について、現行制度は原則10年と定めているが、技術研究や製品開発、企業経営に優れた「高度人材」と認定されれば、おおむね5年に短縮されている。この期間をさらに2年縮める。
 
 改正法には、出入国手続きを速やかに行える「自動化ゲート」を利用できる対象者の拡大や、日本に寄港するクルーズ船乗客向けの新たな上陸許可制度の創設も盛り込んでいる。
(2014/06/11-11:17 時事通信社)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キーボードのAとオフィスと

2008年09月14日 | 行政書士谷口誠事務所
静岡の行政書士の谷口です。

今日も個人的な話。

我々の業務には、パソコンが欠かせません。

私だけの問題でしょうが、キーボードで入力
するときに、どうも「A」の入力にいつも
手こずるのです。

原因は、左手の小指ということと、その隣の
「Caps Lock」のせいだと思います。

あと、オフィスの変換の「醜さ」・・・
「ばっかじゃなかろうか!」
「使えねぇー~!!」と
自分の能力を棚に上げ、パソコン相手に一人
で文句を言っています。

これらは、コンピューターの本質的なもの
ではありませんが、どうにもストレスが溜り
ます・・・

う~ん・・・
このブログを書いているときも・・・・

早く解放されたい!!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入管さん、書式へのお願い!

2008年09月11日 | 行政書士谷口誠事務所
静岡の行政書士の谷口です。

ずっと思って(願って)いることなの
ですが。

入管のサイトで書式の提供をして
くれています。

これはこれで便利なのですが、今でも
オフィス2003での提供。

少し操作をすれば、可能なのですが、
出来れば2007での提供もして欲しい
ところです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

告白とPV

2008年08月16日 | 行政書士谷口誠事務所
こんにちは。

毎日暑いですね。

静岡の行政書士の谷口です。

今日は、午前中から、ご遠方からいらしたお客様
とのロングランの面談でした。

今日は音楽のお話。

息抜きに音楽を楽しむことが多い。

この間までは、アムロちゃんの新しいベスト盤を
聴くというより、PVを「観て」愉しんでいた。

かっこいい。
ダンスがうまい。

最近では秀逸なのは、FMBの「告白」だ。
曲もいいが、PVがもっといい。
家族の間でも大評判だ。

良く出来ている。

思わず胸が切なくなる。

他には、キマグレンの「LIFE」かな。

やはり音楽はいい。

PVがいいともっといい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頭にハゲが・・・

2008年08月05日 | 行政書士谷口誠事務所
静岡の行政書士の谷口です。

もう8月ですね。
早いなあ。

頭に大きなハゲが出来てしまった。
毛が抜けて、地肌が見える・・・

と言っても、ペットのハムスターのお話。

少しずつ抜け出し、拡がって行く・・・

(当然だが)言葉が言えないだけに不憫になる。

色々調べたら、どうも床材のせいらしい。

近くのDIYセンターでいつも買っていたものが、
急に他のものに変わっていて、(ここは他の
ものもそう)選択肢がなかったのだ。

で、医者に行く前に、試しに変えてみたら、
あら、不思議。
治ってしまった!

新聞紙や広葉樹のものがいいらしい。
針葉樹のものはアレルギー症状を引き起こし
易いらしい。

怖いなあ。
もしかしたら、人間にも害があったかも知れない
・・・・・

治って良かったね!

それまでも、私にはなついていたが、
恩義を感じるのか(本当か!?)
私の声を聞くと、奥から出て来るように
なるなど、より従順になった。

余計に可愛くなる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍川花火大会

2008年07月27日 | 行政書士谷口誠事務所
静岡の行政書士の谷口です。

今日は、思いっきりローカルな話題。

この時期各地で花火大会が催されると
思いますが、ご当地でも、7月の最後の
土曜日に花火大会があります。

今年で55周年とか。

去年は、桟敷券があったのですが、子供が、
近くで見たいというので、土手で見ようか
と、「ノープラン」で出かけました。

そしたら、たまたま知り合った方に、券を
頂くことが出来、本部席の一番前の方で
見ることが出来ました。

実は、この安倍川花火大会。
私には、少し「ご縁」があるのです。

「スターマイン」という掛け声(?)で
知られる司会の方。
以前勤務していた会社の教え子の保護者の
方なのです。
当時から、素晴らしいお声の持ち主でした。

で、彼女の会社に勤務していた方のご主人が
私の元部下の方。

あと、知り合いの方が毎年、出資して、花火を
打ち上げているので、特にそこは注目して見て
います。

こういった事情から、この花火大会には何か妙に
親近感を覚えてしまうのです。

でも、帰りの混雑と、年々悪くなるマナーに
来年は行く気力がわくかどうか。

いずれにしろ子供には夏の良い思い出の
一コマになったことでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加