がらくた雑記・器

 どうでも良いような、つまらない、がらくたな雑記を書きながら、趣味で集めた雑器等をアップしていきます。

仕組み債‥ノックイン条項付株価連動債 続

2020年03月31日 | オフィスベルウッド

ノックイン条項付株価連動債とは、一般の株価連動債券(日経インデックス225○○等)にデリバティブを付けたもの。

 デリバティブとは、オプション取引やスワップ取引による金融派生商品。

オプション取引とは、あらかじめ約束した価格で、将来売買する約束という。

 ある商品(原資産)を将来のある特定の期日(満期日)までに、特定の価格(権利行使価格)で買う権利、あるいは、売る権利を売買する取引をいう。

 原資産を買う権利がコールオプションで、売る権利がプットオプションという。

 例えば、3月31日現在1ドル107円のドルを、4月31日に109円で買う権利をコールオプション、105円で売る権利をプットオプションという。

 3月31日、4月31日に1ドル欲しいが、円貨で幾らになるか不安なので確定したいと思えば、コールオプション契約をすれば109円で1ドル手に入れることが出来て、円ドル相場の変動による為替リスクを回避できる。

 4月31日に円ドルが110円になれば、1円安く手に入れたことになるが、108円になれば1円高く手に入れたことになる。

 しかし、オプション契約をしておれば必ず109円でドルが手に入るので、それで利益が出るビジネスを組み立てれば、必ず利益を得ることが出来る。

スワップ取引とは、金利(固定金利・変動金利等)や通貨(ドル・円・ポンド等)を交換すること。

 スワップとは、元来、等価値のものを交換するという意味。

 4月31日に利息が1ドル手に入るとして、4月31日に1ドルを105円で交換する取引の権利をいう。

 スワップ取引には、いろいろな取引形式があり、同じ通貨で異なるタイプの利息を交換するのが金利スワップで、異なる通貨の利息などを交換する通貨スワップクーポンスワップもあり、さまざまな形が作られている。

 例えば、日本円100万円をドル建てで預金をすれば、利息はドルで受け取ることになるので、その利息とドルで預金した元金を為替予約して、満期日に受け取る日本円を確定する預金取引。

 日本の金利がドルよりも高いときは、ドルで借入をしてドルで返済をすると、ドル円の為替リスクは別として日本円より安い利息となる。

 返済日に円安になれば大損、円高になれば大儲け。

 日本の金利がドルよりも安いときは、ドルで預金をすると、ドル円の為替リスクは別として日本円より高い利息となる。

 満期日に円安になれば大儲け、円高になれば大損。

 このリスクを回避するために、通貨と金利のスワップを行う。

 ノックイン条項付株価連動債は、この取引をもっと複雑にした金融商品。

☆私が護持会長をしている荘厳寺の、昨日の小雨の中の、三分咲きの枝垂桜。 

 

 続く

コメント

仕組み債‥ノックイン条項付株価連動債

2020年03月30日 | オフィスベルウッド

かんぽ生命は、金融庁と総務省から業務停止命令を3月末まで受けているが、4月以降も保険商品の営業再開を見送る方針らしい。

 また、これに加えて職員の削減と研修も徹底するとしている。

 さて、コロナウイルス感染で株価が大きく下落しているが、仕組み債の一つである、ノックイン条項付株価連動債はどうなっているだろう?

 一時新聞等にも登場した、日産のカルロス・ゴーンが新生銀行との仕組債取引で発生した多額の損失を、日産に振替させたことでも有名になった、デリバティブ取引を使った債券取引の一つ。

 上手くいけば金利が高くて儲かるが、失敗すると大きく元金を棄損させてしまう、非常にハイリスク・ハイリターンの債券取引。

 債券取引というと難しくなるが、金融機関が顧客に販売している投資信託にも、この仕組みが組み込まれた投資信託がある。

 金融機関に38年間勤めたファイナンシャルプランナー1級の私でも、決してこの投資信託は購入しない。

 だから、私が現役時代の営業推進部長で投資信託の窓口販売の責任者であった時も、決してこの種類の投資信託は販売しなかった。

 実は、こうした種類の投資信託は、販売する取扱金融機関にとっては、とっても「美味しい投資信託商品」で、美味しいとは、販売手数料が多いということ。

 販売手数料が多いということは、金融機関が儲かるということ。

 金融機関から言葉巧みにセールスされると、退職金等のまとまった金額の運用を考えている人には、とっても魅力的に映る。

 目先の利益と、金融機関からの話ということで安心して、決して損をしないように、感じてしまうのだ!

 損をしないかもしれない、しかし、決して損をしない投資なんて、この世の中にあり得ない。

 もし、決して損をしない投資信託があれば、人に知らせずに、自分だけで取引をする。

 その方が必ず大きく儲かるから!

リーマンショックの時に、この種類の投資で大損をした機関投資家や個人投資家がたくさんいた。

 その内に一人が、カルロス・ゴーンでもある。

 さて、コロナウイルスで日経平均株価に限らず、世界中の株価や債券が大きく低下している。

 金利も下がっているので、金利にデリバティブで付けてあると、これも影響を受ける。

 さて、次はこの商品(ノックイン条項付株価連動債の概要を述べます。

家内が作った手作りマスクを紹介する。

 

 2歳の孫と同じデザインのマスク。

 おじいちゃんと同じ!と嬉しそうにいってくれる孫が可愛くて、家にいる時は、このマスクを愛用している。

コメント

もう銀行はいらない 上念司・著

2020年03月29日 | 読書の書評

日本長期信用銀行にどれだけ勤めていたか知らないが、若い時に短期間勤めていただけ。

 それも、準国策金融機関会社の新入行員だったに過ぎない。

 メガ銀行は別として、地域金融機関の現場の実態も知らず、自分の知る範囲内の知人等からの少ない情報で記述したに過ぎない。

 38年間、現場の渉外担当者としての第一線から、経営者の一翼を担って、バブル経済崩壊後の不良債権処理やリーマンショックを乗り越えた私からみれば、非常に幼稚な見解と考え方の本。、

  

 内容的に、別段にご紹介するだけの価値がない。

 価格の1,400円が高すぎるし、こんな内容の本を、このような大袈裟な書籍名で出版する天下のダイヤモンド社が如何かなと思う。

 書店で書名を見て購入した私が、バカだった。

 半分読んで、読むのを止めた。

 直ぐに、資源ごみグループに入った。

コメント

スルガ銀行 シェアハウス融資の帳消し

2020年03月28日 | オフィスベルウッド

スルガ銀行の、257名で約440億円のシェアハウス融資の帳消しが、新聞等で公表された。

 金融機関からのアパートローン等が帳消しになるのは初めてのことで、大手事業会社への融資で帳消しになることはあるが、個人融資等では全く珍しい。

 それだけ、異常な融資取引だったということ。

 これからも、スルガ銀行に限らず、他の金融機関でも同様な問題が発生するだろう。

 以前に新聞等でも報道された、西京銀行、西武信用金庫でも同じような問題が出てくる筈。

 人が有利な取り計らいをして貰えれば、自分も同じようにと思うのが普通。

 有利な取り扱いが出来る人と、有利な取り扱いが出来ない人の線引きをどこでするのか、非常に難しい。

 このような事例が公表されると、現在金融機関からアパートローンを借りて返済に苦しんでいる人は、自分も同じようにして欲しいと金融機関と交渉するだろう。

 帳消しに出来なくても、何とかしてくれよ!と。

 今回は、スルガ銀行に融資推進や審査で重大な瑕疵があっために、スルガ銀行が貸手責任を負ったわけである。

さて、スルガ銀行のシェアハウスローンは1,258人の2,000億円あるといわれており、その約20%が処理されたわけだが、あと80%の処理が残る。

 平成31年3月期のスルガ銀行の決算書では、貸倒引当金は2,023億円で、個別貸倒引当金1,186億円が計上されている。

 貸倒引当金は、スルガ銀行が担保不足や保証不足で将来に損失を生じる恐れがあると計算して計上した金額である。

 単純に考えれば、1,186億円の将来の損失に備えているということ。

 では、今回の440億円の処理で、ローンの対象物件を投資ファンド等に売却して、貸付金の完済に不足する金額を解決金として損金を計上したはず。

 新聞等では、この損金計上がいくらであるかが報道されていないので判明しない。

 令和2年3月期の決算書を見れば、だいたいの予測はできる。

 しかし、まだシェアハウス融資残高の4/5の処理が残っているし、投資用の1棟建マンション等の処理があるはずなので、まだまだスルガ銀行はこれから新聞を賑わすだろう。

今期は黒字が予定されているが、これはカルロス・ゴーンの経理マジックと同じで、前期に巨額の貸倒引当金を積んで大赤字に落とし、不良債権処理による貸倒引当金戻入で黒字に転換させるだけ。

 カルロス・ゴーンの手と同じで、決算の表面的な黒字・赤字に惑わされずに、実質的な経営状況を把握する必要がある。

スルガ銀行の平成31年3月期のリスク債権(損失が発生する恐れのある貸出金)の残高をみると、次のようになる。

 破綻先       29億円

 延滞先     2,385億円

 3ヶ月以上延滞先    92億円

 要件変更先   1,482億円

  合 計    3,989億円(端数調整)

 金融機関に勤めていたものとして思うのは、リスク債権が3,989億円あって個別貸倒引当金が1,186億円ということは、約30%が担保保証不足で損失になる恐れがあるということ。

 如何にルーズな融資推進と審査が蔓延していたかという、事実でもある。

 これがまかり通っていたということは、前にブログで記したこともあるが、岡野一族の独断的で専制的、上を見て仕事をする役行員がいたという企業風土が根付いていたこと。

 今は支援企業の資本が注入されているが、そうは簡単に企業風土は変わるものではない。

 その風土は経営者によって大きく変わるともいわれるが、そうは簡単にいかない。

 なぜなら、その風土に染まることで甘い汁を長い間吸っていた役行員がいるから。

 腐った役行員の癖は、退職するまで治らない!

 一番簡単なことは、その役行員を追いだして再生することだ!

私が住んでいる山間部でも、水仙が咲き出しました。

 

 庭のサークル花壇に水仙が咲き出しましたので、明日にでも孫たちに見せてやりたい!

コメント

コロナによる、思ってもみない事業者の売上減少

2020年03月27日 | つぶやき

コロナウイルスの影響で、さまざまな事業者が影響を受けているが、えっ?と思うような事業者でも影響が出ているらしい。

 Aさんの話。

 葬儀会社の売上が、減少しているらしい。

 普通に考えると、何故?と思われるが、よくよく考えると納得が出来る。

 葬儀業界の流れとしては、家族葬が多くなり、1件当たりの葬儀費用も減少傾向にある。

 少し前の風潮としては、お通夜と本葬儀の両方に出掛けることが多かったが、今はお通夜に出掛けて本葬儀はご無礼致しますが多くなった。

 昔は本当に少なかったが、葬儀場で僧侶の読経だけで火葬する直葬も、最近は多くなったそうだ。

 特に地方では高齢世帯が多くなり、子供達も遠くに家庭をもっているとなれば、隣近所や親類の付き合いも薄くなるので、家族葬や直葬が多くなるのも時代の流れ。

ここへきて、コロナウイルスの影響。

 (コロナウイルスの)時節柄ということで、一般葬は家族葬に、家族葬は直葬へと大きく替わってきているらしい。

 葬儀が簡略化されれば、同然に周辺業者である花屋・出前店・お返し等の売上も減少する。

 コロナウイルスの影響で、そんな業種もと驚かされる事業者も、大きな影響を受けている。

 そんな一例の話を、今日は聞いた。

コメント

コロナによる、思ってもみない事業者の売上減少

2020年03月27日 | つぶやき

コロナウイルスの影響で、さまざまな事業者が影響を受けているが、えっ?と思うような事業者でも影響が出ているらしい。

 Aさんの話。

 葬儀会社の売上が、減少しているらしい。

 普通に考えると、何故?と思われるが、よくよく考えると納得が出来る。

 葬儀業界の流れとしては、家族葬が多くなり、1件当たりの葬儀費用も減少傾向にある。

 少し前の風潮としては、お通夜と本葬儀の両方に出掛けることが多かったが、今はお通夜に出掛けて本葬儀はご無礼致しますが多くなった。

 昔は本当に少なかったが、葬儀場で僧侶の読経だけで火葬する直葬も、最近は多くなったそうだ。

 特に地方では高齢世帯が多くなり、子供達も遠くに家庭をもっているとなれば、隣近所や親類の付き合いも薄くなるので、家族葬や直葬が多くなるのも時代の流れ。

ここへきて、コロナウイルスの影響。

 (コロナウイルスの)時節柄ということで、一般葬は家族葬に、家族葬は直葬へと大きく替わってきているらしい。

 葬儀が簡略化されれば、同然に周辺業者である花屋・出前店・お返し等の売上も減少する。

 コロナウイルスの影響で、そんな業種もと驚かされる事業者も、大きな影響を受けている。

 そんな一例の話を、今日は聞いた。

コメント

トラックの運転手に、ちょっと尋ねてみた

2020年03月26日 | つぶやき

顧問先に出入りする、大手運送会社の庸車会社の運転手と、少し話をした。

 最近は荷物が多いの?と尋ねた。

 うちは多いですよ。

 年末ほどではありませんが、それでも残業をしていますよ。

 同業者の中では、仕事が少なくて給料が安いと嘆いている者もいますが。

 私たちは、時給幾らの給料ですから、どれだけ仕事をするかで月給も変わってきますし、残業で大きく収入が違います。

 年末は、朝4時頃から夜12時ごろまで、集配業務とセンターへのルートをしましたで、給料は手取りで48万円くらいありましたよ。

 労働基準法で問題じゃないの?というと。

 私は給料をたくさん貰いたいので、そんなことは問題は無いです。

 健康には十分気を付けて、暴飲暴食はしませんし睡眠も十分とります。

 ところで、あなたは何歳?と聞いたら、23歳との話。

 最近の若い人は、①休日が多い ②残業が少ない ③それなりの給料 の順番で職を選択していると聞くが、あなたは何が一番?と尋ねた。

 私は給料が一番で、欲しいものは欲しいし、今金を貯めておかなければ将来きっと困るので、今は出来るだけ貯金をしておきたい。

 友達は、車に対して興味がなく中古の軽自動車に乗っているが、自分は中古でもいいから外車やレクサスに乗りたい。

 でも、周りの同僚は、休みが多くて、残業が少なく、それなりに生活できる給料であればそれで良い、という考えの者が多い。

 今は、その給料で良いのかもしれないが、将来はどうするのだろう?と他人事ながら心配する。

 自分は自分で、他人は他人だとは思っているが。

 同年の友達が、手取23万円で結婚して2歳の子供がいてアパートに住んでいるが、どうやって生活しているのか、不思議しかたがない。

 そんな給料で、将来生活していける筈がないのに、それでも残業もしないしので、理解できない。

話し終えて、彼の仕事ぶりを少し眺めていた。

 トラックへの積み下ろしの手の早いこと、リフトの取り扱いも上手で、とにかく仕事のスピードが速い。

 目的を持って仕事をする人は、仕事に対する意識や意欲も違うのか、仕事ぶりを見ていても気持ちが良い。

傍にいた専務に後で聞いた話では、彼は将来自分で運送関係の会社を経営したいそうだ。

 将来の夢を持っているかいないかで、やはり仕事ぶりも違ってくる。

 彼が体を壊さずに、早く夢を実現することを切に願う!

コメント

コロナウイルスで、金融機関業務も大きく変化

2020年03月25日 | オフィスベルウッド

金融機関業務は、スマホ取引等によるフィンテック技術の進化により、今大きく変わろうとしていた。

 ここにきて、更にコロナウイルスの影響で、更に急激に変化しようとしている。

 ただでさえ、金融機関へ出向く必要が急激に減少した。

 それでも出掛けると、並ばされる、待たされる、不親切、時間が掛る、手続きが面倒。

 金融機関の窓口も、不要不急の外出抑制で益々「行きたくない、行く必要が無い」ところになる。

 外出を抑制しようとしても、食料品店や病院等のように、どうしても行かなければならないところは別として、金融機関はどうしても行かなければならないところでもない。

 そういう信用金庫のOBの私も、信用金庫や銀行等の窓口には、めったに出向かない。

 前は、ATMは利用していたが、最近はATMの利用も少なくなり、金融機関の窓口に出向く必要が無い。

 しかし、JAは毎月1日、私の家へ定期積金の集金に訪問してくる。

 訪問してくると、何かと話をして、新しい商品の契約や預金の契約もすることがある。

 預金といっても、0.1%の上乗せがどうのなんて、全く関係ない。

 毎月訪問してくれて、気さくに話をしてくれるから、に過ぎない。

 でも、それでお互いがウインウインの関係を築いている。

 きっと私は、ローンや保険等で相談するときには、JAに一番に相談するだろう。

 もちろん、ネットで調べはするが、少し位の違いはどうでも良い。

 何よりも、気さくで親身に相談に乗ってくれる身近な金融機関と取引がしたい。

☆スマホやフィンテック技術の発展で、金融機関の窓口に出掛ける必要がなくなったのだから、なお更に Face to Face の顧客接遇が競争戦略となる。

 このFace to Faceも、今までのように訪問する面談するでの表面的な形式では非効率・生産性が無く、実質的な形である事が必要。

 そして、この実質的な顧客が内在的に持っている課題を把握できるまでには、顧客との信頼性と安心感を築くまでには相当の期間を必要とし、コストもかかる。

 コストが掛るからこそ、コストに見合う利益(プロフィット)を、今は獲得できなくても将来的には獲得できる顧客の選別が必要である。

 となると、選別できる管理職や渉外担当者の「目」が必要となる。

 しかし、難しく考える必要はない。

 金融機関には膨大な顧客情報があるし、何よりも取引決済情報というお金の流れを掴んでいる。

 (このお金の流れが、金融機関以外のフィンテック事業者に流れているのが問題ではあるが。)

 金融AIを活用して、お金の流れと顧客情報を結合した高度な渉外支援システムは1~2年で出来るであろうが、それ以上に大切なものがある。

 それは、金融機関に勤める者としての理念と矜持、そして絶え間ない自己研鑽だ!

コメント

事業経営者の心と資金の支えになることが第一だ

2020年03月24日 | オフィスベルウッド

商工会議所の紹介で、先月から鉄工会社A社の経営支援を行っていた。

 創業者の現社長は72歳で、子息SKさんは42歳。

 子息は長年現場で社員と一緒に、溶接や研磨等の仕事をしていた。

 しかし、米中貿易戦争やコロナウイルスで、会社は経営が思わしくなくなった。

 創業者の父は、こんな状況のままで息子に事業を譲りたくない、といっていた。

 しかし、息子はこんな状況だからこそ、社長には一線を退いて貰って、自分が経営していきたいと決心をしていた。

 私は、そんな息子の思いを成就すべく、金融機関との折衝支援をしていた。

 息子は、長く現場仕事をしていたので、決算書の見方や損益のABCも知らなかったが、私は事業継承に対する思いがあれば大丈夫だ、と思っていた。

 息子は真面目で誠実で仕事熱心だったが、社長の一方的な話や意見には、反論を述べることもなかった。

 しかし、社長や息子と話すうちに、息子は社長に自分の考えを主張するまでになった。

 自分自身で会社を経営するとの意識と自覚が出来てきたものと、私は確信をした。

 こんな時だからこそ、自分が育ててきた若い社員に職場を守ってやりたい、との思いもあるだろう。

 日一日と、息子は成長をしてきた。

 6回ほどの面談であったが、その成長が目に見えるほどであった。

 息子の思いや言動が社員にもわかるようになると、俄然に社員の動きも変わってきた。

 私が、最初に工場の中を見て回った時と最近見た時で、社員の動きも違ったが、工場の中が整理整頓が進んだ。

 社員一人一人の意識や認識が、変わった証拠だと感じた。

 金融機関からの資金支援の道も開いてきたので、きっとA社はこの苦境を乗り越えられるだろう、と確信した。

 そんな時、商工会議所の指導員から、SKさん急逝された旨の連絡を貰った。

 残念で堪らない。

 A社の将来も心配だが、何よりも前向きな夢を描いてスタートしたSKさんの残念さに、胸が詰まる。

私は、今の時代の地域金融機関の役目は何かと問えば、夢を描く事業経営者を支援し、その実現への一歩を共に歩むこと、と思う。

 確かに、支援の時間と作業量を考えれば、コストに合わない業務かもしれない。

 だが、地域の事業者の夢と思いの実現支援無くして、地域金融機関としての存在は無いと考える。

 融資をする、金利が安いではなく、事業経営者の心と資金の支えになることが第一だ

コメント

今の姿を、夢みれただろうか?

2020年03月23日 | つぶやき

今日は、定年組の3人でゴルフに出掛けた。

 私はショットもまあまあ上手に進んできて、今日は80台かな?と思ったとたんに、大きな落とし穴にはまる。

 何とショートでバンカーに直接ボールを入れてしまい、目玉やら、足跡の中やら、土手やらで、大叩きの9。

 最悪の状況の中で、心臓は爆発しそうになる。

 そんな状況の中で、次のコースでドライバーが上手く打てる筈もなく、あえなくOB。

 最悪のパターン

 最後の連続2ホールで沈んでしまい、92で終わる。

 あ~、残念残念

風呂に入り、3人で四方山話。

 30歳代、40歳代の時、平日にゴルフをしている今の姿を、夢見れただろうか?

 30歳代は、朝早くから夜遅くまで、仕事仕事で、たまの一杯が楽しみだった。

 朝早くから夜遅くまでの仕事で、日曜日以外に子供の顔など見たことがなかった。

 まあ、それでも、たまに夫婦喧嘩はあったが最悪の危機は逃れに逃れて、子育てはすべて家内任せっきり。

 40歳代になると、何とか早く支店長になりたいと、自分に鞭打つと同じように、部下も叱咤激励して、業績を伸ばした。

 何とか支店長になれると、もう少し上にと考えるが、それとはなく自分の限界を知る

 限界を知っても、それでも手を抜かずに一生懸命に仕事をして、60歳の定年間近になる。

定年間近になったときに、多くの人が定年後の行く末を描いていなかったことに気づく。

 気づいた時には遅く、再就職先を斡旋して貰えれば良いが、斡旋してもらえなければ嘱託での雇用。

 嘱託であろうと、再雇用して貰えるのだから贅沢だ、といってしまえばお仕舞でもある。

 私は55歳で定年後の仕事を考えていたので、古希を迎える今も自営業で仕事をしている。

 A君は、民間企業に再就職して、今は公職を務めている。

 B君は、定年後も嘱託として勤めているが、業務スキルが高いので平均以上の待遇を得ている。

 3人ともが、まあまあの定年後の人生。

3人の風呂の中での結論。

 子供のことで金が要ることもない。

 孫は子供の責任で、爺の責任ではない。

 まあ、それなりにお金のことで不安はない。

 美味しいものを食べたい、海外旅行等をしたい、○○が欲しい、と思うこともない。

 今の姿を若い時に夢みてはいなかったが、月に1~2回のゴルフが楽しくできて、健康であれば、それで幸せとしよう!

 

コメント