がらくた雑記・器

 どうでも良いような、つまらない、がらくたな雑記を書きながら、趣味で集めた雑器等をアップしていきます。

銀行ゼロ時代 高橋克英・著

2019年11月30日 | 読書の書評

帯広告は、店舗も人も消滅する。

 合併しても、バタバタ倒れる地銀、Amazon銀行の誕生でトドメ。

 ドキッとするような広告が付いている。

 銀行ゼロ時代(仮)[高橋克英]

 内容的には、理解できるし、同感できる内容である。

 早い遅いは別として、これから5年で大きく金融機関の経営は変わるだろう。

 変わらないと生きていけないのが現実で、その現実を知ろうとしない金融機関の経営者と、そこに勤める行職員が一番の問題だろう。

 金融機関の仕事は相変わらずの預金集めと貸出金が2本柱で、預かり資産だ、預かり資産だといっていても、それが出来る行職員の育成が遅々として進まない。

 進まない筈で、今の現状でも一般の企業以上の高収入を得ているので、この現状を逃れようとはしないし、将来に対する危機にも目を瞑っている。

 目を開いたとしても、自分が何をしたら良いのかわからないし、敢えて知ろうとはしない。

 知らない方が、今の与えられた仕事をしていた方が楽だから。

 でも、もうそこに、明日の危機が近づいてきている。

 その萌芽は、新規採用難、新規採用レベルの低下、優秀な若手行職員の退職者、等に出ている。

 しかし、信用金庫のOBとして、金融機関ほど面白い働き甲斐の有る職場はない、と確信する。

 金融機関で、それなりに自分で納得できる職場人生を送った者なら、どれだけでも新しい道は拓ける。

 また、拓けられるほどの経験を積まさせてくれるのも金融機関という職場だからこそ。 

 問題は、そこでどのような職場人生を自分自身で構築するか。

 出世するとか、出生しないとかは別問題でもある。

コメント

事業後継予定者は、何故、ひ弱だろうか?

2019年11月29日 | オフィスベルウッド

過日、信用金庫を定年職後に一般企業に再就職しているA君と、話をした。

 どうして、最近の企業の2世や3世はひ弱だろうか?と話し合った。

 私が信用金庫に勤めていた時の取引先の2世や3世は、頭脳も明晰だったし、タフで、頑張り屋が多かった。

 2世.3世といっても、幼少期が戦中であったり、団塊の世代だから、2世・3世でも創業者のように、社員の誰よりも前向きで、競争心があり、意欲的で良く働いていた。

 よく働いてもいたし、リーダーシップもあり、勉強もしていた。

 私がJCに入会していた時、そんな先輩が多くて、そんな先輩に少しでも近づきたかったし、認めて貰いたい、と一生懸命にJC活動を頑張った。

 私が入っていたJCも、当時は会員が118名いたが、今は30名ほどらしい。

 新規のJC会員を募集しているが、なかなか会員が集まらないと、後輩のJCはこぼしていた。

最近の2世や3世は、どうもA君や私の目から見ると、ひ弱で、うたれ弱く、これで経営者になれるのか?と不安になる。

 皆、人間的には素直で良い人なのだが、将来の企業経営者としての自覚もないし(これが一番の問題)、意欲も無いように感じられる。

 なぜだろう?とA君と話しあった。

 A君の話。

 会長や社長は、仕事が忙しいからと家庭を顧みずに仕事をして、それでいても遊びは仕事の息抜きと考え、酒を飲んだりゴルフを堪能していた。

 子供達には、家庭的には後ろめたい気持ちもあるので、金銭的には不自由させず、贅沢もさせる。

 たまに、子供達に強いことをいおうとしても、常日頃から家にいないし、子供達と一緒に団欒も取ることも少ないから、本音で話をすることも出来ない。

 少しずつ、子供との間に溝ができ、親としての思いも通じなくなる。

 それでいて、自分が経営している会社だから、社長になれば金銭的に困らずに贅沢も出来るから、と後継者になることを期待する。

息子達も、他所の会社に入社したとしても、社員間の競争に打ち勝って、出世しようとの意気込みも無いし、元気もない。

 その内、親の会社に入社すれば、楽だから?と思ってはいなくても、親の会社を逃げ場所と自覚する。

 だから、一時的に他所の会社に入ってもお客様の心算で、2~3年の心算が、途中で棒を折ってしまう。

 そんな息子が会社に入社すれば、親の社長は、今まで息子の成長に強い関心を持っていなかったにもかかわらず、人一倍に関心を持つし期待もする。

 期待もするし、自分の息子だからと、細かく指導や教育もせずに、あれこれと指図や叱ったりする。

 そんなことは、わざわざいわなくても、俺の息子なら当然に分かるだろう、と勝手に思い込む。

 息子は、今まで、指図やアドバイスも貰ったことがない親から、ポンポンと、次から次へと指示や命令がくると、やる気が無くなってしまう。

 一般社員からは、社長の息子だからと、他人行儀の対応をさせられるし、実力以上に期待をされて、息子は益々ヤル気が無くなる。

 そんな環境が続くと、息子は居場所がなくなり、相談できる相手もいなくなり、社内で疎外感を感じるようになる。

 そんな息子を見ていて、余計に社長が不満を持ち、苦情や叱責をするので、息子は益々やる気が無くなる。

 かといって、親に歯向かって、会社を辞めるような勇気や根性もない。

 今の環境で、人並み以上の給与と待遇を得ておれば、これを捨てるほどの勇気はない。

 そんな勇気も無いから、社内ではひ弱な筈。

 ひ弱だから、社員からも取引先からも、建前では相手にされるが、本音では相手にしない。

 息子は、口では言わないが、そんな自分の状況を自覚しているので、親には無口かイエスマンで、社内的には口を紡ぐことが多くなる。

 誰が原因か、それは社長である親に問題がある。

A君の言葉だが、どうも次期後継者のことで悩んでいるみたいだ。

 第2の職場といえども、そこは信用金庫のOBなのか、真剣に悩んでいるようだ。

 そんなA君がいる事が、この会社にとっては幸いだ。

 それがわかっている社長は、A君の理解者だが、息子はどうもA君を避けているような節もある。

 A君の思いが、息子に通じることを切に祈っているし、息子が現況を打破して、自分自身に強くなることを切に願っている。

コメント

ゴルフ場の玄関の紅葉が、本当に綺麗だった!

2019年11月24日 | つぶやき

昨日は、久し振りにゴルフに出向いた。

 スコアーは別として、といってもOBが5発で、散々なゴルフ。

 しかし、天気も穏やかで温かく、紅葉が本当に綺麗だった。

 遠くに見える白山連峰や南アルプスの山峰には雪が見え、御嶽山も雪を被っていた。

 風も少なく、こんな日が一日でも長く続くことを、願っている。

 しかし、もう冬の木枯らしの季節が、そこまで近づいてきている。

 12月にもなれば、スタッドレスタイヤに履き替えなければならない。

 雪道やアイスバーンに、気を付けなければならない日が近づいてきている。

プレイも終わり、午後2時半ごろ、クラブハウスの玄関を出たら、紅葉が本当に綺麗だった。

 

 車寄せの屋根と柱と道路を額縁にパチリ!

 取り敢えず、ゴルフバッグとバッグを車に積み込む前に、玄関前の庭を一回りした。

 

 

 

 小石や苔の上にモミジの落ち葉もなく、綺麗に掃除されている。

 モミジの紅葉と苔の緑と小石の白と、そしてツツジの緑が、バランスよく配置され、本当に綺麗だった。

 来年も、このような綺麗な紅葉が見られることを期待しながら、家路に。

コメント

鉢植えのバラが綺麗に!

2019年11月22日 | 田舎暮らし

最近は、グッと寒くなった。

 今日の話。

 朝6時に起きたら、霜が降りていた。

 寒くなったが、毎日の日課の庭の剪定や草取りの仕事を始めた。

 この季節の草取りは、夏の草取りと違って、取れば取るほど庭が綺麗になるので、励みになる。

 夏は、朝早く起きても暑いし、何よりも草が伸びるのが早いので、草を取っても取っても。負けてしまう。

 草取りに負けると、草取りの張り合いも無くなり、ついサボるようになってしまう。

 雑草茫々の見苦しい庭になる。

 しかし、この季節の朝は寒いが、一日一日庭が綺麗になっていくので、楽しいし嬉しい。

 そんな庭に、鉢植えの薄ピンクのバラが綺麗に咲いた。

 

 

 名前は知らないが、お隣さんから戴いて、家内が大事に育てているもの。

 

 鉢植えのバラの先には、日々手入れを加えている庭が。

 まだまだ、やらなければならない庭の手入れがあり、今日も薄曇りの中、張り切って剪定をした!

コメント

IRRBB規制とは?

2019年11月21日 | オフィスベルウッド

昨日は、夜中に何回もIRRBB規制の夢を見た。

 それは、夜遅くまでIRRBB規制に付いて、インターネットで調べて、ノートに要点を書いていたからか!

 金融機関に勤めている人でも、自己資本比率の話は知っていても、IRRBB規制を知っている人は少ないだろう。

IRRBBは、Interest Rate Risk in the Banking Bookの略で、銀行勘定の金利リスクのこと。

 市場の金利水準の金融機関にとって不利な変動により、銀行勘定の資産・負債の市場価格あるいは収益が変動することにより生じるリスクをいい、バーゼル銀行監督委員会の自己資本規制の枠組みにおいて、第2の柱(監督上の検証プロセス)の一環として位置付けられている。

 そして、「金利リスクの管理と監督のための諸原則(IRR諸原則:2004年制定)」に提示されたガイダンスも適用されます。

 IRR諸原則とは、銀行がIRRBBを特定・計測・モニタリング・コントロールする際の期待事項の他、IRRBBの監督上の期待事項を定めたもの。

 一般的にバーゼル規制の第2の柱は、各国当局による監督を強化する枠組みで、日本においては、IRRBB(銀行勘定の金利リスク)の新規制を金融庁が導入し、海外に営業拠点を持たない国内基準行を対象に、2019年3月期から導入されています。

 ですから、金融機関のディスクロ―ジャー誌にも掲載されています。

 具体的には、各金融機関が保有する国債や外債などで金利が変動した時の損失リスクを厳格に算出し、自己資本(中核の資本)の2割を超えると、金融庁は当該金融機関と「深度ある対話」に乗り出すことになっています。

 金融庁は、自己資本の2割を超えているからといって、即時に是正は求めませんが、その改善を促していきます。

このIRRBB規制は、現在の自己資本比率が低い、或いは自己資本金額が脆弱な金融機関にとっては、非常に厳しい条件です。

 特に、収益が厳しい金融機関は、本業の収益の悪化を長期の外債等でカバーしていますので、自己資本額や自己資本比率が厳しいと長期の外債等で運用できなくなります。

 そうしますと、必然的に合併か業務提携等で自己資本額の増資が必要になってきます。

IRRBB規制はディスクロ誌に開示されていますので、A銀行を見てみましょう。

 IRRBB規制の計測最大値は3,335百万円、コア自己資本15,048百万円で、コア自己資本の22.16%を占めています。

 現在の自己資本比率は、コア自己資本15,048百万円÷リスクアセット金額200,420百万円で、7.50%で国内基準の4%を超えています。

 もし、IRRBB規制の金利リスク3,335百万円が現実となったなら、コア自己資本は15,048百万円に減少しますので、自己資本比率は1.66%低下して5.84%になります。

 この数字では、国内基準4%を考えますと非常に厳しいですから、業務提携等の手段で自己資本を増やさざるを得ません。

 あるいは、救済合併が必要となるでしょう。

B銀行を見てみましょう。 

 IRRBB規制の計測最大値は30,981百万円、コア自己資本83,495百万円で、コア自己資本の37.11%を占めています。

 現在の自己資本比率は、コア自己資本83,495百万円÷リスクアセット金額508,795百万円で、16.41%で国内基準の4%を大きく超えています。

 もし、IRRBB規制の金利リスク30,981百万円が現実となったなら、コア自己資本は52,514百万円に減少しますので、自己資本比率は6.09%低下して10.32%になります。

 これでも、国内基準4%を大きく超えていますから、有価証券運用も収益を取りに行く運用が可能です。

 誰でも資金を運用して、損を出したくありません。

 しかし、現在のような低金利水準で石橋を叩いてばかりでは、収益を確保することも厳しいです。

 収益を確保してこそ、自己資本額の積み上げが出来、将来に向けての盤石な経営体質を構築することができます。

 損を的確に正しく管理して、最小限の損失発生に抑止してこそ、持続可能な金融機関の経営体質になるのです。

IRRBB規制は難しい規制基準かもしれませんが、是非、金融機関に勤める人は、原則の概略だけでも勉強をして下さい。

コメント

自宅前の道路、朝も夜も紅葉を愛でる車で!

2019年11月16日 | 田舎暮らし

このシーズンは、田舎の我が家の前の道路も、行き交う車で混んでいる。

 私の家から2㌔ほどに「逆さモミジ」で有名な「曾木公園」があり、常日頃は田舎道で空いているが、このシーズンは交通渋滞も生じる。

 駐車場の1㌔前から渋滞で、通過するだけの車にとっては、大変迷惑なシーズン。

 夜の9時半ごろまでは、2階で仕事をしていても、いつもは田舎日で静かだが、このシーズンだけはうるさい。

 

 

 

 夜の、池に映る逆さモミジは、吸い込まれるように綺麗だ!

 今年は、天候的にも穏やかで温かく、逆さモミジの鑑賞には最高!

 

 

 

 昼間の池に映るモミジも綺麗だ!

 温かい日差しの中で、孫達と公園を歩くと、幸せを一杯に感じる!

コメント

後ろから、ベルトを引っ張られる? 続

2019年11月15日 | オフィスベルウッド

企業支援先を支援しようと努力して、ズボンのベルトを後ろから引っ張られるなら良いが、引っ張られることをしようともしない経営支援担当者のこと。

 商工会議所から紹介を受けた支援先A社の話。

 製造業のA社

 直近年商 3億円

 当期純益 赤字の100万円

 減価償却額 400万円

 借入金残高 3億円

 毎月返済額 100万円

 借入金利 4%

 この決算内容で、毎月返済額と借入金利では、資金繰りが廻る筈がない。

 簡易なキャッシュフローは、赤字の100万円と減価償却の400万円で、300万円。

 年間返済能力は、300万円となる。

 これで、毎月返済額100万円の年間1,200万円の返済が出来るはずがない。

 毎月25万円の年間300万円なら返済可能であるが、毎月100万円なんて、天文学的な数時。

 到底無理な話で、信用金庫の中小企業診断士の資格を持つ経営支援担当者が長年支援しているとは、到底信じられない。

 確かに、3億円の借入が有るのだから、毎月100万円の年間1,200万円でも、完済までに25年かかる。

 25年かかっても、出来ないものは出来ない。

 赤字の会社に債務過多で25年返済では、要管理先か、破綻懸念先かもしれない。

 A社の経営者は何とか返済をと考えて、役員借入で返済金も捻出しているが、それも限界に近付いてきた。

 しかし、よく考えて欲しい。

 金利が4%で年間1,200万円の利息を支払っている。

 もし、金利を1%にして貰えたら、3%分の900万円を返済に回せる。

 900万円に現在の返済能力300万円をプラスすれば、返済能力は1200万円となって、毎月100万円の返済も可能となてくる。

 何よりも、900万円の支払利息の削減が利益となるので、赤字経営から脱して黒字経営になれる。

 10年間で1億2千万円の返済が可能となり、また9000万円の利益留保により、不良な在庫等も処理出来て、財務内容は格段に良くなる。

 金融機関の自己査定もランクアップ出来て、金融機関の貸倒引当金も戻入となって、利益計上が可能となる。

 将来的には、金融機関にとってもA社にとっても、またとない経営再生スキームとなるのだが、これが上手くいかない。

 金融機関が、どうしても金利引き下げに応じないのだ。

 金利の引き下げ分を運転資金に使うのではなく、返済に廻すというのだが。

 経営支援担当者の言葉。

 金利の引き下げは、とても乗れません。

 経営内容が良くなれば、その時は引き下げの相談に乗りますが、今はとても無理です。

 今は、収益確保を厳しく言われておりますので。

 え?その言葉、A社を本当に支援する気でいるの?と疑わずにおられない。

 それが、経営支援担当者がいう言葉なのか!

 それを言ったら、お仕舞ではないの!

 ホームページやディスクロ誌、様々な場所で信用金庫の経営者等が挨拶で言っているのは、建前だけなのか!

 それで地域金融機関とは、地元と共に、なんて言うな!と私はその経営支援担当者にいった。

 経営支援担当者は嫌な顔をしていたが、それで奮起して上司等に折衝して応援しよう、との姿勢も顔色もでなかた。

 実は私、この信用金庫のOBなのだが、紹介して貰った商工会議所の経営相談員にも恥ずかしかった。

 こんな金融機関を信じて取引した経営者が悪いのか、経営を悪化させた経営者の責任なのか。

 企業を経営しておれば山もあれば谷もある。

 谷の時に助けるのが地域金融機関、特に地域金融機関の本領発揮と考えるのだが。

 それを期待した私が馬鹿なのかもしれないし、そんな職員しか育てられなかった、現役時代の私の不徳であろう!

 私自身が、現役時代の私の姿勢と行動を深く反省した。

コメント

後ろから、ベルトを引っ張られる?

2019年11月14日 | オフィスベルウッド

JC時代から友人のA君の、公認会計士事務所に久し振りに出掛けた。

 A君は非常に優秀で、お客様に寄り添った会計士事務所を展開し、現在は5か所の拠点で所員も50名を擁している。

 本も何冊も出版しているし、いつ面談しても精力的で前向きだ。

 そんなA君から次のような話を聞いた。

今度、信用金庫から中小診断士資格を有する所員を、人材紹介サイトから中途採用で2名を採用する。

 この2名の話では、事業再生や支援の担当者として頑張っても、信用金庫という壁にぶち当たり、自分の事業先への思いを遂げられないので、自分の思いを遂げられる職場に転職したい、とのこと。

 業績不振先の支援の為に、毎月返済条件の緩和や金利引き下げの稟議を提出しても、何やかんやと理由を付けられ、先延ばしや否決され、思うように自分の仕事が出来ない。

 特に、金利の引き下げの話になると、途端に顔が不機嫌になり、今は収益第一だ、といって一歩も前に出れない。

 金利を引き下げれば支援先は黒字決算になり、引き下げ分を返済にも回せ、将来的な事業再生に繋がるのだが。

 今は収益向上が重要だからと、稟議書を見てもくれない。

 どうも、上席へ稟議を送ることを躊躇しており、その理由は自分の立場や、説明し説得するを嫌がっている。

 今の上司は、上席の顔色を見て仕事をしているし、自分が早く本部に出世することを考えているので、そんな上司の下では働きたくない。

 仕事は苦しくて面倒でも、働き甲斐があれば、残業代なんていらなくても良いので、思う存分仕事をさせて欲しい。

 表向きや、口では、事業先支援といいながら、今の上司は自分達の前向きな姿勢のズボンのベルトを引っ張っている

 いつもいつも、後ろからベルトを引っ張られていては、仕事に対するやる気も失せるし、建前論だけの職場にはいたくない。

 だから、30歳代の今だから、貴事務所に転職したい。

この話を聞いて、非常に残念に思った。

 どこまでが真実であるかは別として、2名が新しく入所することは事実。

 信用金庫は、中小企業診断士を育成するために、かなりの教育コストを払った筈。

 なのに、どうして転職させてしまうのか、と。

 でも、思い返すと、私の営業推進部長時代にも、中小企業大学校に派遣した中小企業診断士が3名退職した。

 2名は少し頭でっかちで協調性も少なく、信用金庫の中だから生きていけるのにと思ったが、まあ、それはそれで致し方なかなと思った。

 それぞれが事務所を開設したらしいが、鳴かず飛ばずで、1年もせずに会計士事務所に再就職したらしい。

 しかし、1名の退職に付いては吃驚した。

 この職員は、短期間であるが私の部下でもあったので、将来の幹部に必ずなるだろうと期待していた。

 だから、もし、退職届を出す前に相談してくれたなら、私は必ず引き留めたのに。

 退職を聞いた時には、時すでに遅しだった。

 続く

コメント

猫じゃなくて、狸?

2019年11月13日 | 田舎暮らし

☆今日の朝、部屋で新聞を読んでいて、庭をちょっと見た。

 

 また猫が、庭の石の水鉢の水を飲んでいるのかと思って、「コラ!」と言おうとした。

 しかし、いつもの白と黒の斑の猫ではない。

 少し小さくて痩せている。

 戸を静かに開けて見た。

 何と狸の子供ではないか。

 急いで、お母さんを呼んだ。

 お母さんが写真をいったので、スマホで写真を撮ろうとしたら、崖を昇ってしまった。

 

 スマホの望遠で、少し不鮮明なのが残念。

 お父さん、追いかけて写真を撮ったら、といわれて私も崖の上へ。

 崖の上で、子狸は餌を探していた。

 

 スマホの望遠で撮っていたら、子狸が近づいてきた。

 子狸は私にハッと気が付いたのか、小走りに裏山の方へ。

 その後を静かに追うと、裏山の木の傍で、佇んでいた。

 こちらを見ていたので、私と子狸の目は合ったが、子狸は目を逸らそうともしなかった。

 

 私は手招きをしたが、子狸は無表情に佇んでいた。

 追うことも無いので、私はその場をそっと去った。

 明日は、ビスケットの屑でも石の水鉢の上に置いておこうかと思っている。

☆天気の良い、田舎の朝の風景!

コメント

本当に嬉しいので、意向に添える研修にしたい!

2019年11月06日 | オフィスベルウッド

本当に嬉しい!

 先月、A信用金庫の理事長さんからお電話を戴き、今月の1日に面談をした。

 支店長を中心としての少人数の研修を実施して貰いたい、とのお話を戴いた。

 A信用金庫は、私が信用金庫の営業推進部長時代のベンチマークの信用金庫であり、とてもその信用金庫の理事長さんから研修のお話しを戴くとは、全く思ってもいなかった。

 研修以来の契機は、理事長さん宛にお送りした拙書を、東京への新幹線の中で読んで戴いた結果とのこと。

 お話の途中で、拙書を見せて貰ったが、ところどころにポストイットが張り付けてあり、本当に嬉しかった。

 拙書を出版した冥利に尽きる!

2日間の集中研修をとのことで、私も全面的に研修資料の作り替えを決心した。

 何としても、理事長さんの意向に添いたいと考え、全力で資料を作成したい。

 理事長さんとの面談当日、一店舗の支店長と2時間程の面談をしたが、来週にもう一度支店長と第一原稿の内容と調整できるように、研修担当者に依頼したい。

 時間的に約1ヶ月間にて、集中的に資料の作成をしたい。

 時間は約150時間程を予定しているが、研修の期日が迫ると焦ってくるので、当面は全力集中で毎日7~8時間ほど掛けていきたい。

 そんな思いでいると、布団の中でも、顧問先へ出向く時も、頭の中に研修内容のヒントが出て来る。

 そのヒントをメモに書いておいて、帰宅するとすぐにパソコンに向かって、文書化している。

 何としても、20日までには第一原稿を完成させたい。

 何としても、理事長の意向に添える研修にしたい!

 そんな思いにて、ブログを書きながらも、今の頭の隅には研修のことがある。

コメント