がらくた雑記・器

 どうでも良いような、つまらない、がらくたな雑記を書きながら、趣味で集めた雑器等をアップしていきます。

連鎖退職 山本寛・著

2019年09月27日 | 読書の書評

最近、金融機関の支店長や次長と話をすると、新入行職員の応募が少ないことと、応募があってもレベルが下がってきた、との嘆き節を聞く。

 連鎖退職(日経プレミアシリーズ)[山本寛]

 人事担当者は、とにかく応募が無いと話にもならないし、応募者が少ないと自分の成績にもかかわるので、昔は第一関門で振り落としたような者まで受け入れる。

 人事担当者が、これは良い人材だなと思うと、知らないうちに面談等に来なくなる。

 金融機関も業態が大きく変化しようとしているので、これまでのように将来的には人員はいらないが、当面の人員は確保する必要がある。

 確保したい人員があるので、無理をして採用するれば、大きな志や我慢強さが少ないので、必然的に「連鎖退職」も発生する。

 連鎖退職は、金融機関だけの問題ではないが、本書は一度読んでみるべき好書でもある。

ある事業者の調査による、就業1年目の2016年と2019年での意識変化

 ①できれば、今の会社で働き続けたい  62.0% → 50.4%

 ②その内、転職したい         11.2% → 18.4%

 ③いつかは起業したい          6.9% → 6.6%

 ④フリーランスとして独立したい     2.7% → 4.2%

 4年間でも、これだけ新入社員の意識が変化をしているのだから、私のように昭和・平成と働いてきた者との、仕事に対する意識も大きく変化している筈。

 終身雇用と年功序列が崩壊しだしている雇用関係の中で、定年まで1就職先、など夢となっているのか?

 それが夢であると実感している若者が、早期退職や連鎖退職をするのも必然かもしれない。

コメント

事業後継予定者の仕事ぶりが、気になって仕方がない

2019年09月25日 | つぶやき

最近の若い人の労働に対する考え方が、私は少し理解できない。

 給料は高くて休みも多くて、残業が少なくて、気兼ねなく働ける処が良いらしい。

 理解はできるが、それで良いのか?と思う。

 私が顧問をしているところは中小企業だから、年功序列も有って無いよなもので、能力と仕事に対する意欲で給料が上がる。

 ただ、給料が上がったからといって昇格するわけでもないし、昇格したからといって給料が上がるわけでもない。

 顧問先で、給与規定が作成されているのは1社だけで、あとの会社は社長等の目判断による。

 こんな調子だからかもしれないが、顧問先の事業後継予定者の仕事ぶりが気になって仕方がない。

従業員と同じような考えで仕事をしているし、この会社を将来は自分で背負っていくのだ、との自負も感じられない。

 ちょっと親の社長が甘いと、従業員以上にどころか従業員は決してできない無断欠勤や無断遅刻をする。

 それで、平気な顔をしている。

 そこが理解できない。

 何を考えているのだろうか?

 何も考えていないのだろうか?

 こんな状況では、他人の社員は自分を将来の社長と認めてくれるだろうか?なんてことは、考えもしないだろう。

 まあ、考えていないから、考えもしないから、無断欠勤や遅刻も出来る。

 ある会社の事業継承予定者に、一度話をしたことがある。

 社員の誰よりも早く出勤して、誰よりも遅くまで仕事をすることが、社員から認めて貰える手っ取り早い方法ですよ!と。

 そうしたら1週間は早く来たそうだが、今は社員よりも遅いことがあるらしい。

 甘えているのか?能力がないのか?私にはわからない。

 

コメント

浜田純理のぐい飲み

2019年09月24日 | 陶器・陶磁器

雑器の№2は、浜田純理のぐい飲み。

 20年ほど前に父が浜田さんから戴いたものか、買ったものか、木箱は無い。

 きっと、陶房へ遊びに行って貰ったものか、買ったもの。

 だから、箱も無いが、作品の中できっと一番できの良いものでしょ!

 出来が良いからこそ、父が求めたと思います。

 浜田さんには珍しく、黒織部のぐい飲み。

 

 さて、どうでしょうか?

 ぐい飲みですから、抹茶茶碗と比べると小振りですが、堂々としているでしょう。

 陶芸作家の力量が、発揮されるものです。 

 

 ハマの出来の良いこと。

 竹ベラか鉄製鉋でスパッと切り込んであります。

 土の荒々しさが、見事に残る切り方です。

 ハマの切り具合や加工具合で、陶芸作家の力量が図れるものです。

次をお楽しみに!

 

コメント

がらくた雑器 №1 フランクミューラーのカップ

2019年09月23日 | 陶器・陶磁器

タイトルを、「がらくた雑記・器」に変更した「がらくた雑器」の第一号。

 器とはうつわを意味するが、当ブログでは陶器・陶磁器等をさす。

 当地は一大陶磁器生産地で、バブル経済最盛期には年間生産額1,700億円ともいわれた。

 今はその面影も薄くなり、その1/5か1/7だろう。

 私の家内の実家の近くには、中小零細陶器生産者が集まって、25年ほど前には16軒ほどあったが、今は1軒のみ。

 陶磁器産業は中小零細企業が集まる裾野産業で、裾野事業者が衰退すれば200人以上の大手企業も衰退する。

 大手企業が衰退すれば、裾野を構成する家内事業者も衰退する。

 今残っているのは、一部の大手企業と特色のある中堅や小規模事業者のみで、家内事業者は事実上は皆無に近い。

フランクミューラーのマグカップ

 

 マグカップの飲み口と底はフランクミューラーの時計の形をしており、フランクミューラーの独特の文字が、盛り上がりの金とプラチナで絵付けされている。

 この金とプラチナの加工が、焼成温度的に非常に難しい。

 マグカップの生地はボンチャイナで、カップの表面が柔らかくて綺麗だ。

 磁器と比較すると少し欠けやすいが、非常に製造が難しくて、歩留まり率が低い。

 ボンチャイナは焼成するときに変形しやすいので、このような特別な形のカップは、特にまた歩留まりが低い。

 歩留まりが低くて製造が難しいからこそ、カップの価値もあるのだが。

 価値があるのだから、フランクミューラーが発注をするのだが!

 さて、上代は幾らだろうか?

 100均でも素敵なマグカップはあるが、果たして幾らなら、読者は買われるか?

 メルカリやヤフオクでも相当な金額で出ている。

嫁に見せて1個プレゼントしたら、大変な喜びようだった。

 大変な喜びように合う金額でもある。

コメント

Kさんの訃報を聞いて 続2

2019年09月21日 | つぶやき

Kさんから言われたことで、もう一言の思い出がある。

 私が初めて支店長になった時は、業績が57番目、ドンケツから2番目で職員数13人の支店だった。

 新任の支店長は力量が試されるため、業績の悪い店舗に配属されていた。

 1年間頑張って業績が全店25番目の支店になった。

 そして、更に頑張って着任2年半で、半期実績で全店17番目の支店にした。

 そしたら転勤となり、今度はドンケツから10番目で職員数15名の支店に。

 ここでも頑張った。

 また、2年半で職員数22名の中型店に転勤となった。

 その時に、Kさんから次のようにいわれた。

今までは小型店だったから、お前が頑張ればそれなりに業績が上がった。 

 しかし、今度は今までのようでは業績は伸びない。

 お前1人が頑張っても1人では10だが、21人が1頑張れば21になる。

 2頑張れば42になり、どれだけお前一人が頑張っても絶対に勝てない数字になる。

 だからこれからは、自分が頑張ることは当然として、部下の職員をどのように頑張らせるか考える必要がある。

 部下は一人一人個性があり、その個性を上手に生かせるような管理と指導及び育成が必要だ。

 それが出来るようになったら、次は30人、40人の店の支店長になれる。

 大きな店の支店長ともなれば、小さな支店長とは違った責任と義務がある。

 その責任と義務を教えてはやらないので、自分自身で見つけてみよ!

 自分自身で見つけれてこそ、初めて自分のものとなる。

 期待しているぞ!

こんな言葉を戴き、私はこの言葉を成就するように頑張った。

 Kさんの退職後に2回ほどお目にかかったが、その時に、「頑張っているそうだな!」と言われたのが、本当に嬉しかった。

 嬉しかったし、誇りにも思えた。

 長く職場にいると、尊敬できる上司や忌避したい上司も多々おられたが、私も退職後9年を過ぎ、尊敬できた上司との思い出だけが心の残っている。

 人間とは、時が過ぎるのは、本当に幸せなことだ!

コメント

Kさんの訃報を聞いて 続

2019年09月20日 | つぶやき

Kさんの名言?は、私の心に今でも残る。

 私が信用金庫に入庫した46年前は、欠勤するなんてとんでもない時代だった。

 有給休暇という言葉はあったが、労働者の権利との意識はとてもなかった。

 夏休みとして、有給休暇が2日支給されていた。

 身内の冠婚葬祭ならば、1日は有給休暇が貰えたが、とても2日は貰えなかった。

 確か、結婚式も結婚式の当日も含めて5日間だった覚えだ。

 当時は土曜日も出勤していたので、日曜日に結婚式をして金曜日には出勤していた。

 日曜日に出勤してもサービス残業の時代だから、当然とも言える。

風邪だからいって、休めさせて貰えなかった。

 お客様の大事なお金を扱う者が、自分の体一つ管理できなくて、誰が命の次に大事なお金を預けてくれるのか!

 時には、そのお金の為に命を失う人もあるのに!

 そうKさんにいわれると、誰も風邪だからといって休めなかった。

 咳をしながら仕事をしていて、Kさんから「皆に風邪をうつすと大変だから帰れ!」と言われると、ようやく早引きもできた。

 早引きといっても、終業時間の定時を過ぎているのが常だったが。

 (とても、1日休むなんて、とんでもない時代だった!)

 そんな厳しい労働環境だった。

 だからか、皆はどんだけ遊んでも風邪だからといって休むことは出来ず、自分の健康管理には注意していた。

 注意していたというか、休むと叱られるから!なのか、とにかく欠勤する職員は皆無に近かった。

これもKさんの思いでの一つ。

コメント

Kさんの訃報を聞いて

2019年09月18日 | つぶやき

今日、Kさんの訃報を聞いた。

 今日の今日で、家族葬とのことでもあり、お悔やみにも行けなかった。

 Kさんは、私が46年前に信用金庫に就職した時の、本店営業部の次長。

 濁声で声が大きく、豪放磊落な名物次長であったが、業績に対しては大変厳しい人だった。

 仕事では厳しい人だったが、仕事の後の一杯会や慰安旅行等では、決して仕事のことはしない、キツイ冗談も多かった人。

 しかし、仕事に付いては、非常に厳しい人で、K次長自身にも厳しかった。

 朝は誰よりも早く出勤して、机で新聞を読みながら、出勤する職員一人一人に大きな声で挨拶をしていた。

 私達は出勤すると、先ずはKさんの前で直立不動に立って、朝の挨拶をするのが日課だった。

 帰りも、Kさんの前に直立不動で立ち、帰らさせて戴いても宜しいですか?と尋ね、お休み、と許可が出れば帰れた

 陸士出身の営業部長がいたが、その営業部長も仕事については、K次長からの相談や判断を仰がれた場合以外は、Kさんに全てを任せていた。

このKさんに教えられた、というよりも指導されたことが、私の職場人生の指針にもなった。

 その一つ。

 出世のコツ。

 早飯・早糞・早仕事。

 来店されるお客様に満足しても貰うためには、早く正確に的確な仕事をしなければならない。

 お客様は忙しいのだから待たせないように、お昼の食事は5~6分で、トイレで糞をする時は2~3分で。

 お客様を待たせてはいけない、待って貰わなくても良いように、いつも机に座っていければ駄目だ。

 この3つが守れれば、きっと出世できる。

 なぜなら、お客様を大事にしているのだから、間違いはない。

今では通用しないパワハラな言葉かもしれないが、このような大先輩がいたからこそ、現在の信用金庫の隆盛があることを知って欲しい。

 それは私が勤めていた信用金庫以外も、全ての信用金庫がその様な姿であったと思う!

コメント

良い会社は良い社員が育ち、悪い会社は悪い社員が残る 続3

2019年09月17日 | オフィスベルウッド

M社の会長の話の続。

 会社では、経営者と社員が忌憚なく気軽に話し合って、お互いの考えや思いを伝えることが大事だが、企業と金融機関との付き合いも同じ

 なぜ、T信用金庫を今でもメイン金融機関として付き合っているか?

 昔と違って、今は企業規模も大きくなったし経営内容も良くなってきたので、メガ銀行やメガ地銀からの新規取引の話もくる。

 確かに借入金利や安いので、それなりの取引はしているが、メインの金融機関を替えようとは、一度も考えたことはない。

 ただ、もし信用金庫に借入の相談をして、もうこれ以上には貸せません、と言われればその時は考えるが、今まで言われてもいないので、これからもメインとして付き合うつもり。

 決済取引は全てT信用金庫にしているし、他の金融機関に変更するつもりは一切ない。

 何故か?

 それはどこの金融機関よりも、支店長は2~3年で交代するが、T信用金庫が当社のことを知っていてくれるから

あなたも、当社が一番苦しかった時、本部に嘘を言ってまでして貸してくれたのでしょ

 自分の会社が良いか悪いか、借りるのが難しいかどうかは、自分が一番わかっている。

 だけど、会社や従業員を守るためには、たまには嘘も言わなければならない。

 私は、支店長の本部との折衝の苦しさもわかっていたから、絶対に会社を潰さずに借金は返済しようと思っていた。

 そして、恩返しをしよう、会社を優良企業にして末永く付き合うことが恩返しだ、と思っていた。

 今は、何とか恩返しができたかなと思っている。

私はM社のことで本部に嘘をついたことはない。

 ただ、良いところは大きく、悪いとことは小さく、稟議書に書いていたことは事実だ。

 しかし、M社の経営内容や会長の目指す将来の姿は理解していると自負していたし、間違いなくM社はこの困難を乗り越えて大きくなると考えていた。

 毎週1回は会社や営業所に訪問をしていたので、会長は当然として、経理担当者や現場の社員とも話をしていた。

 だから、会長の思いが社員に伝わっていることは理解できていたし、日々の現場での、社員の仕事に対する姿勢が向上しているのが垣間見られたので、将来に対しては自信を持っていた。

 自信を持っていたからこそ、稟議書には良いところは大きく、悪いとことは小さく、書くこともできた。

課題解決型営業が叫ばれているが、基本はどれだけ「訪問」して面談をしているか、であると確信をしている。

 訪問して、顧客(相手)のフィールドで勝負をすること、相手にイニシアティブを与える訪問でこそ忌憚ない話が得られる。

 来店する顧客(相手)を待ち、信用金庫のフィールドで戦えば、顧客が自分をガードしての話となり、本音や派生情報を得ることはできない。

 訪問に加えて、「知識」の修得と「経験」の裏打ちによる積み重ねが、これも重要である。

 この訪問・知識・経験の積み上げられた相乗効果が、課題解決型営業の成果に繋がると、私は確信をする。

コメント

倒産の前兆 帝国データバンク・著

2019年09月16日 | 読書の書評

企業信用情報の大手、帝国データバンクによる30社の悲劇に学ぶ失敗の法則。

 企業の成功には決まったパターンは存在しないが、失敗には公式がある、としている。

 倒産すると、実はあの時に倒産の前兆があったのに、なぜ気づけなかったのか?と経営者は悲しむ。

 倒産の前兆には、8つの公式がある。

 ①業界構造・市況変化の波を打破できなかった

 ②大ヒット商品が綻びを生む

 ③旧来型ビジネスモデルにしがみつくと老舗は潰れる

 ④ベンチャー企業の急成長は旧転落の序章である

 ⑤攻めの投資で上場企業が破綻する

 ⑥経営陣と現場の乖離は、取引先の離反の元

 ⑦信頼構築のためにトップが不正行為に手を染める

 ⑧倒産の前兆はあなたの会社にも存在する

38年間の信用金庫生活で、200人以上の従業員を擁する企業も多くが倒産した。

 ベンツに乗って〇〇を囲っていた、優良企業のオーナーも無一文になった。

 信用金庫生活で見て来た企業で、本当に堅実に存続してきた企業は、業界や市況の変化にスピィーディーに対応してきた。

 業容を縮小することを恥じとも感じず、業務内容の転換に対しても果敢に挑戦してきた。

 業績が厳しくなれば、商工会議所等の公職も、仕事第一として辞する。

 公職の名誉よりも事業・社員をと考え。

 経営者は社員と真摯に語り合うことで、社員の誰よりも朝早くから夜遅くまで働き、社員の見本としての姿勢を見せていた。

 当然にオーナー経営者であっても公私の別はキッチリと付け、びた一文として私的な経費を会社に振らない。

 そんな姿勢を社員が見ていれば、社員も自分達の職場を守るためにと、一生懸命に働く。

 社長が見本を見せて、社員を育てる。

 その社員が、他の社員を育てる。

 そんな会社の日常仕事を見ていて嫌になる社員は、自ずと会社を去っていく。

 リストラをしなくても、自然に社員は減少してくる。

 (出来の悪い社員は、自然と淘汰される!)

 経営者と社員が共に苦労して再生できれば、社員の雇用条件も必ず改善できる。

 結果的に、企業の規模は小さくなっても、盤石な経営基盤を築くことができる。

 信用金庫の38年間で、最盛期の従業員や売上規模から1/2や1/3や1/4になった企業もあったが、結果的には盤石な経営体質に転換できている。

 ただ、貸出を本来的な事業とする信用金庫は、企業規模が小さくなると相対的に貸付金も少なくなるので、少し寂しい取引先にはなるが。

 それも致し方ない。

 信用金庫の営業基盤の地域に企業があってこそ存在感を発揮できるが、企業がなくなれば存在感を発揮することもできない。

 問題は、どのようなスタイルで発揮する道を構築するかだ!

コメント

職員が幸せになれなければ、信用金庫の発展は無い!

2019年09月12日 | オフィスベルウッド

A信用金庫の相談役と、13年ぶりに面談した。

 私が現役時代から昵懇にして戴いた相談役であり、大学の先輩でもある。

 私にとっては恐れ多い先輩で、信用金庫業界でも尊敬できる先輩でもある。

 しかし、気軽に忌憚ないお話を戴ける。

 相談役の言葉。

働き方改革で、当金庫も残業の減少を進めてている。

 お陰様で、昨年は約9千万円の残業代の減少が図れた。

 しかし、残業代の減少で職員の手取りが少なくなり生活が苦しくなれば、それは本末転倒な話だ。

 だから、残業代で減った分を基本給で上げた

 一人平均約1万円強だが、一律平均ではなく、年齢や職務・職位を考えて引上げをした。

 働き方改革で残業代が少なくなり、職員の生活が苦しくなって不幸になれば、金庫が発展できる筈がない。

 しかし、労働時間コストを上げて生産性が上がらなければ、金庫は収益が確保できず、金庫の発展もできない。

 全役職員には、自分の担当する仕事の生産性を上げるためにはどうしたら良いのか、徹底的に考えよ!と宿題を出した。

 もし、生産性が上がらなければ来年の定昇はストップするが、生産性が更に上がれば、更に基本給の引上げをする。

 要は、時間当たりの生産性を上げることが最も重要で、生産性が上がれば将来的にはノー残業として、職員が幸せになれる給与体系にしたい。

 それが、本来的な働き方改革だ!

ところで相談役、生産性の尺度はどのようにしているのですか?と私は尋ねた。

 それはあなたの方がプロでしょ!

 知っている筈なのに、聞くなよ!と一言。

 私の考えている尺度と相談役が考えている尺度を比較したかったのだが、それは聞き出せなかった。

 次の面談機会に、再度チャレンジをして聞き出したい!

コメント