がらくた雑記・器

 どうでも良いような、つまらない、がらくたな雑記を書きながら、趣味で集めた雑器等をアップしていきます。

バーデンパーク曽木の近くの「ハロウィンカボチャ」

2016年10月31日 | 田舎暮らし

田舎暮らしのシニアには、マスコミに報道されているほど「ハロウィン」に興味が無い。

 なぜ、仮装してドンチャン騒ぎをするのか?

 理解に苦しむ。

 家内に聞いたところ、ハロウィンとは、元々はヨーロッパを起源とする「民族行事」で、キリスト教諸聖人の日の前夜祭り(All Hallows eve)が訛って ハロウィン(Halloween)と呼ばれるそうだ。

 元々は、秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す祭りだが、現在では宗教的な意味合いはほとんどなくなっているそうだ。

 さすが、家内はテレビを守しているだけに博学だ!

ゴルフの帰りに、バーデンパーク曽木の近くの野菜売り場で、立派な「ハロウィン・カボチャ」を見かけた。

 スマホで写真を撮ってみたくので、ここで紹介をする。

 

 カボチャは横70㎝ほどで、帽子をかぶった顔が愉快だ!

 真中のオムスビ型カボチャもユニークだが、ベレー帽をかぶったカボチャも楽しい!

 自分の畑で育ったカボチャとの事であるが、ここまで育てるのは大変だろう。

 でも、国道363号線で多くの人に見られて、カボチュアも喜んでいるだろう。

 

 本当に愉快な顔だね!

コメント

放さ(ん)か、爺!

2016年10月28日 | つぶやき

ガレージゴルフ練習場で、Mさんと練習をしていた時に、Mさんから聞いた話。

 渥美清が、「男はつらいよ」の撮影休憩中に、倍賞知恵子たちによく冗談を言っていたそうだ。

 そんな話の中の一つ。

 ある時、心優しい老夫婦が、犬をかわいがっていた。

 この犬は、畑の土を掘りながら「ここ掘れワンワン」と鳴く。

 老人がその場所を掘ったら、大判小判がザクザクと出てきた。

 それを見ていた隣りの老人が、無理やり縄でその犬を引っ張って連れ去る。

 そして、宝物を探させようとするが、出てくるのはガラクタだらけ。

 怒った隣の老人は、犬を縛っていた縄を引っ張りまわして、犬を虐待した。

 怒った犬は、その老人に対して、縄を、放さんか、爺!放さんか、爺!と吠え続けた。

 その姿を見ていた周りの人は、この欲張り老人を「放さんか、爺」と呼ぶようになった。

 これが時の経過とともに、呼びやすいように「はなさかじじい」と呼ばれるように。

 これが真実の「放さんか、爺!」の話、と。

 渥美清はあの真面目な顔でこれを話し、賠償知恵子たちは大笑いをしたそうだ。

 倍賞知恵子は、この面白い話を皆に話してやろうと話し出すが、話しをしているとこの話をしている時の渥美清の顔を思い出して、途中で自分自身が笑い顔になって、話が出来なかったそうだ。

 倍賞知恵子は、次のように渥美清さんを評したそうだ。

 渥美さんは本当の演劇者だった。

 周りの人、映画を見ている人を笑わせるようなことでも、決して自分で笑い顔を見せることはなかった。

 自分が笑っては、人を真に愉快に笑わせる事ができないから。

 だからこそ、「男はつらいよ」はあれだけ人気も高かったし映画も続いた。

 超一流とは、人間性豊かでひた向きに努力する人に与えられる称号、と。

Mさんの話は本当に面白い。

 話し方も私と違ってウイットが豊かだ。

 渥美清のような面白さもある。

 そして、説教じみた話し方ではないが、その中身には世渡りの真実が隠れている。

 本当に味のある人だ!

コメント

金融機関取引の三種の神器とは? ATMって、いくらするの?

2016年10月27日 | お立寄り

 さて、三種の神器のATMって、幾らするの?

 信用金庫等の金融機関のATMと比較して、コンビニ等にあるATMは小さくてスマートな形が多い。

 同じATMでも、大きさも違えば、実は機能も大きく違う。

 最新型は、指紋認証型で本人確認をしたり、スマホでの本人確認もできる。

 出てくるお札には、除菌処理がされて表裏整理されたお札も出てくる。

 硬貨の入出金ができるATMもある。

 便利でサービス豊富なATMもあれば、現金支払に特化された簡易型のATMもあり、千差万別だ。

ATMは1台幾らだろう?

 コンビニやスーパーのレジ近くにあるATMは200万円前後といわれ、信用金庫等の金融機関のATMは500~800万円といわれている。

 どうも、単純な現金支払だけなら75万円位でATMは設置できるらしい。

 この形式のATMをコンビニやスーパーのレジ近くに設置して、既設の防犯設備等を利用すれば、本当に廉価でATMの設置が可能となる。

 この形式のATMの場合には、払出過多による「現金切れ」も発生して、「取扱中止」の案内が出て利用できなくなる。

 信用金庫等の金融機関のATMでは「現金切れ」は信用問題の恐れもあるが、ATM取引のサービス会社ならその恐れも少ない。

 また、設置の状況や管理の仕方で、ランニングコストも大きく異なる。

 防犯カメラ等の警備設備・空調設備・設置費・現金装填方法等で、簡単に100万円から500万円の差は出てくる。

 1日1回以上の現金装填に金融機関の行職員や業者を派遣するとなると、原則的に相互牽制の為に2名以上となるので、これも人的に大きなコストが掛かる。

このATMも、既述したような宅配業者等によるキャッシュカードでの現金払出が自宅等で可能となれば、「動くATM」となり、従来からのATMの存在感は低くなる。

 この場合、取扱手数料の問題が発生するが、この取扱手数料は幾らで、誰が払うか、でまた大きく変化する。

 --- 続 く ---

コメント

自然薯堀りの実況中継

2016年10月26日 | 田舎暮らし

自然薯堀のシーズンが近づいてきた。

 隣りのMさんは、地元でも有名な「自然薯堀の名人」。

 本人の話では、車で道路を走っていても、自然薯の蔓がすぐにわかるそうだ。

 自然薯堀りにはシーズンがあり、これからが本格的なシーズンだが、そのシーズンには蔓は枯れて切れている。

 だから、自然薯の蔓を見つけても、どこから蔓が出ているかを見つけないと、見当違いのところを掘ることとなる。

 直ぐに自然薯の芋の頭を見つけることもできるが、見当違いのところを掘っていると、いつまでも自然薯の芋の頭を見つけられないどころか、誤って鍬で自然薯を切ってしまうこととなる。

 名人のMさんともなると、専門の工具を手作りしているが、石と石との間を曲がりくねって伸びていると、途中で折ってしまうこともあるそうだ。

 そんな名人のMさんが掘った自然薯は、天下一品の味がする。

◆Mさんが、桜の木の下で自然薯を掘っている。

 春ごろに見つけておいたそうだ。

  

 見ていても良くわからないので、そばに近づいてUP!

  

 だいぶ掘れたみたいだが、穴は横25㎝縦40㎝ほどで掘り進んでいる。

 大きな穴を掘ると崖崩れの原因にもなるので、極力大きな穴は空けない。

 大きな穴は埋めるのも大変だが、持ち主の山を傷つけないように、細心の注意を払って、掘った後は綺麗に埋め戻すことがマナー。

 埋め戻しておかないと、少し平坦な場所だと、夏草が生い茂ると落とし穴になって、迷惑を掛ける。

 残念ながら、平たんには自然薯は生えていることが少ない。

  

 さてさて、穴もだいぶ掘り進んだ。

 ここに芋があるぞ!とMさんに言われても、私にはよくわからない。

  

 結果として、採れた純天然の自然薯芋。

 これだけで、料亭等の末端価格では15,000円ほどか?

今週の土曜日に自然薯で一杯があるそうで、そのお誘いを受けた。

 酒でも一本持って、ご相伴にあずかろうか!

 

コメント

金融機関取引の三種の神器とは?

2016年10月24日 | お立寄り

金融機関取引の三種の神器とは?

 私はATM・クレジットカード・キャッシュカードと思う。

 最近はこれに、スマホを加えなければならないだろうが、シニアの私は取り敢えず三つとする。

 キャッシュカードがあれば、ATMさえあれば、どこでも現金が引き出せる。

 お店にペイジー契約があれば、キャッシュカードで買い物等の支払もすることもできる。

 クレジットカードがあれば、お店で買い物等の代金を払うこともできるし、インターネットでの買い物の支払もできる。

 田舎に住んでいると、金融機関も少ないしコンビニもない。

 ATMがないと現金の引き出しができないが、もう少しで宅配業者等の端末からキャッシュカードで現金の払出が出来るようになる。

 宅配業者や郵便局員等の訪問が受けられないど田舎では無理だが、まず日本ではそのような地区は皆無に近いだろう。

 と考えると、

キャッシュカードやクレジットカードの決済の財源となる給与や年金等の振込口座を獲得することが、金融機関の競争となる。

 ますます、金融機関間での競争が激しくなる。

 ところで、実はクレジットカードが利用されて、その代金を金融機関の預金口座から自動引落する時に、クレジットカード会社から決済手数料として30~50円程が決済する金融機関に支払われる。

 自動引落をする金融機関もデータ通信料やコンピューターコストがいるから当然かもしれないが、引落処理をしなくてもコンピュータ維持管理費は必要だから、自動引落を獲得して決済手数料を多く獲得した方が理に叶う。

 電話料等の公共料金も、金額的には少ないが決済手数料が支払われる。

さて、自分の通帳を見てみよう。

 クレジットカードが毎月3件引落されているとすると、年間で36件。

 36件×40円で1,440円。

 金融機関の資金運用利回り(貸出金+有価証券運用等)から資金調達コスト(預金利息+人件費+物件費等)を引いた「儲けの利回り」が0.20%とするなら、1,440円÷0.20%→720,000円となる。

 金融機関からみれば、36件のクレジットカード決済手数料の収入は、預金で720,000円の運用価値と同じとなる。

 クレジットカードや公共料金の引落があれば、預金者(クレジットカード所有者)は引落が出来るように、その金融機関に給料や年金の振込指定をしなければならない。

 となると必然的に、自ずと預金残高は増加する。

 これにより、金融機関は定期預金等の高い金利?で集めたり、渉外担当者が訪問して集金をしなくても、自然と預金が集まるようになる。

 細かいことかもしれないが、実は金融機関は地道な努力(自動引落指定口座の獲得)積み上げが、ローコストで儲かるコツなのだ。

 定期預金で上乗せ金利を付けて、しかも訪問して定期預金を獲得しても、低金利環境では運用利回りが高くならないので、儲からない仕組になってしまっている。

 - 続 く -

コメント

今日はマックに元気がありません?

2016年10月23日 | マックの散歩道

今日はマックに元気がありません。

 朝の散歩も家の前までで、家に帰りたそうでした。

 朝ごはん(ドッグフード)も、食べたくなさそうで、座布団の上で横になって休んでいました。

  

 それでも、ようやく10時半にドッグフードを少し食べました。

 4時半に夕方の散歩をしようと家の外に連れ出しましたが、用足しをしたら、家に帰りたそうな仕草。

 6時間を過ぎていますのでドッグフードを口のそばに持っても、口を開けようともしません。

 でも、ビスケットをやると食べました。

 歯も大部分が無くなっているので、細かく砕いて。

 ドッグフードもスーパーシニア用ですから、小さくて食べやすいのですが、今日はどうも食べる元気もありません。

 こうしてブログをアップしていても、マックが心配です。

 14歳ですが、まだまだ元気で長生きをして欲しいのですか!

コメント

志摩観光ホテル「ザ・クラッシク」へ

2016年10月22日 | お出かけ

顧問先の会長夫婦と一緒に、志摩観光ホテル「ザ・クラッシク」へ、10月20.21日に行ってきた。

 

 ☆志摩観光ホテル ザ・クラッシク の玄関

 さすがにサミットが開かれたホテルで、10月のゴールデンシーズンは予約も一杯だったが、旅行会社の配慮でなんとか行けた。

 

 ☆志摩観光ホテル ザ・クラッシクの全景

 夕食は、サミット会場の「ザ・ベイスイート」の和食「浜木綿」で、ゆったりとゆっくりと、ビ-ルを呑みながら、海の幸豊かな料理に舌鼓を打つ。

 

 ☆浜木綿の入口にある、1㌢角の400の鶴の折り紙で作られた枝垂れ桜

 朝食は、「ザ・クラッシク」のレストラン「ラ・メール ザ クラッシク」で和食。

 これも全てウエイターによる配膳で、美味しい朝食を楽しめた。

 エントランスロビー等には、ウエイターやスタッフの姿は見えるがお客の人影は少なく、和食も時間帯が区切られていたので、食事時間の2時間も人影が少なく静かに時が過ぎた。

 しかし、朝食の時にビックリ。

 やはり、予約で一杯の筈。

 出発の時間が集中している関係で、広いレストランはお客様で一杯。

 でも、4人掛けのテーブルは大きく、椅子もゆったりとしており、ゆっくりと朝食を楽しむ事ができた。

 この志摩観光ホテルは、時の流れをゆっくりとのんびりと過ごす、贅沢な一時をためのホテルだ。

 当日は天気も良く、英虞湾の景色もきれいで、ホテル内の敷地の散策で時間を過ごし、至福の時を過ごす事ができた。

 次は、出来たら家内と二人で訪ねたい。

コメント

お母さんのフラワー教室での作品のUP

2016年10月20日 | お母さんのフラワー教室

お母さんのフラワー教室も10年近く続いている。

 最初は公民館のフラワー教室に参加して、その先生が気に入ったのか、先生の自宅での教室に毎月1回出席している。

 1回の教室で1個の作品を、先生の課題に従って作る。

 最初の10個20個は飾る場所があったとしても、100個以上になると飾る場所もなくなる。

 古い作品は、少し埃も被っているが、なかなか整理ができない。

 息子達のお嫁さんに分けてやっても、他人となると躊躇されるらしい。

 そんな作品を、これから毎月1回紹介していきたい。

 10月19日の作品

 

 湿式煉瓦ブリックを台座に!

 

 

コメント

家賃の支払が延滞したら、早目に督促をすること! 続1

2016年10月19日 | ビジネス

さて、なぜ配達証明付き内容証明郵便を出すか?

 家賃の延滞金が解決できずに、立ち退きを依頼した時に立ち退きを拒まれたり、賃貸契約書ではキチンと決められているにもかかわらず、履行されない場合がある。

 そんな時に、裁判をしなければならない場合もある。

 裁判を起こす場合には、債権債務の存在を証明する(証拠となる)公的文書が必要となる。

 この時に必要になる書類が「内容証明書」であり、「債務名義」といわれている。

 ここに、内容証明郵便で延滞家賃の請求を行う理由がある。

 場合によっては、保証人の請求したり、賃借者や保証人の不動産に差押の手続をしなければならない場合もあるので、この手続が非常に重要である。

内容証明郵便とは?も、

 「誰が、誰宛てに、いつ、どんな内容の手紙を出したのか」ということを郵便局が公的に証明してくれる郵便(手紙)。

 しかし、その内容が正しいことを証明するのではなく、手紙を送ったという事実を証明するだけ。

配達証明とは?

 相手に対して、〇月〇日に配達したことを、手紙の差出人に証明してくれる。

 内容証明郵便では、相手に手紙が到達したことを証明できないので、配達証明付にすること。

内容証明郵便の効果?

 ①裁判等での公的な証拠となる

 ②相手に対して、心理的なプレッシャーを与える

 ③確定日付を得る効果

  郵便局は写しを5年間保存するので、その期間内は何時でもその事実の証明を請求できる

 ④訴訟等の証拠(債務名義)となる

不誠実な相手に対しては強い態度を示さないと、自分が損をするばかりか、保証人等に過大な不信や損失を与える場合もある。

 相応の延滞期間に対しては、それに相応しい手続をとることが必要!

コメント

家賃の支払が延滞したら、早目に督促をすること!

2016年10月18日 | ビジネス

顧問先で、家賃の延滞の相談を受けた。

 延滞している家賃分は毎月分割で払っているが、通常の家賃も毎月払わなければならないので、だんだんと増加しているそうだ。

 分割支払分も延滞をするので、累積して1年分以上の延滞が溜まっているそうだ。

 本人には督促の手紙を出しているが、手紙が来るぐらいで、本人が直接出向いてくることもないそうだ。

 賃借契約書を見せて貰ったら、吃驚した事に知人の名前があった。

 まあ、それは別として、配達証明付きの内容証明書郵便を出すことにした。

 そして、誠意ある返事や回答が無い、或いは延滞分の支払が無ければ、期日を決めて保証人に延滞している旨の通知を出すことを明記する。

 家賃の延滞が1年以上溜まって、保証人に連絡もしていなければ保証人としての請求をした時、保証人は「なぜ、早く連絡をしてくれなかったのか。早く連絡してくれなかったなら、こんなには溜まらせなかった!」と、保証人の言い分をいうようになる。

 自分を保証人の立場に換えて考えてみれば、そうなりませんか?

 まあ、そんなことを言っていても解決の道は開かないので、賃借人および保証人の登記簿謄本を取ることを依頼する。

 場合によっては、不動産差押の文面も書かなければならないので。

金融機関の延滞督促の場合

 延滞3~5日で、電話等でのやんわりとした督促(借入人が預金口座に残高が無いことを忘れているかもしれないので)

 1週間~2週間 再度、電話での強い督促

 1ヶ月 簡易郵便での督促状の郵送(場合によっては、保証人に連絡する旨も表記)

 2ヶ月 簡易文書か内容証明郵便にて、延滞が3ヶ月を過ぎると期限の利益を喪失し、法的手続にて貸付金の回収等を行うことを予め予告

 3ヶ月 内容証明郵便にて、決められた期日までに返済が無くば、期限の利益を喪失し法的手続に移ることを明記する

 返済が無くば決められた期日以後に、期限の利益が喪失し法的手続に移ることを告知

--- 続 く ---

コメント