がらくた雑記・器

 どうでも良いような、つまらない、がらくたな雑記を書きながら、趣味で集めた雑器等をアップしていきます。

また余分なことを言ってしまったのだろうか?

2016年03月31日 | つぶやき

昨日は地元の私立学校法人の評議委員会に、出席した。

 年6回ほどの会議があり、出来るだけ出席をするようにしている。

 この学校法人の評議委員には、次男が通学していた時に務めていたが卒業と同時に退任し、今回は信用金庫退職後に学園長及び事務局長より話を戴いて就任をした。

 永年に信用金庫に努めたいた知見で、学園経営に助言を戴きたい、との事で。

 他の評議委員は教育関係に永年勤めた委員や地域の名士であり、私のような経験の委員はいない。

 私も個人的には、なるべく事務局の提案議題に対しては意見を言わないことを旨としているが、次男もお世話になり学園の発展も願っているので、ついつい発言をしてしまう。

 まあ、発言できるのは私が自由な立場であり、評議委員会で信任されなければ退任できるから、との思いもある。

 退任したとしても生活に困るわけでもないし、学園の発展を真に願っているのも事実であるから。

「シャープ崩壊」に続き「東芝不正会計・底なしの闇」を読んでいるが、両社の取締役会でも今回の問題発生の議題は出た筈。

 もし取締役会に議題として出なくても、役員であればその位の事を噂でも認識できなければ、役員としての資質がない。

 役員は知っていたか、或いは薄々は感じていただろう。

 しかし、あからさまに最高幹部に疑義を呈することも出来ずに黙っていたか、会計準則そのものを知識として知らなかったか?

 マスコミ等では社外役員に対しても厳しい責任が問われているが、大企業の高名な経営者でも全てが会計準則を熟知しているわけでもない。

 社外役員として何千万円の報酬を貰えれば、直接的に自分の会社に影響はないので、黙っているのが得策との計算も働くだろう。

 そんなことを思うと、知っていたのか?知らなかったのか?騙されたのか?新日本監査法人の責任は非常に重い。

 だが、新日本監査法人も監査法人料として何億円かの手数料を貰っていた筈で、細かく批判的な監査や意見を言えば監査法人を変更されてしまう恐れがある。

 古くはカネボー・オリンパスで最近ではシャープでと、公認会計士の集団である監査法人も、しょせんビジネスであり人が営んでいる組織でもある。

役員たるもの、自分の職場人生を賭けて役員になろうと頑張るのだから、役員になれば会社の為、従業員の為、社会の為、非は非として、疑問は疑問として、自分の責任を全うすべく質疑できるように勉強をしよう。

 そして、勇気を持って質疑しよう。

 もし、その勉強ができなければ、役員になろうと望まないことだ。

 勉強せずに役員になれば、単なる高額報酬稼ぎにすぎない。

 が、世の中には経営トップに対するゴマ摺りで高額報酬泥棒が多いことも事実で、悲しいことだ 

コメント

40歳を過ぎれば、誰でも自分の顔に責任を持たなければならない

2016年03月30日 | つぶやき

私と同じ団塊世代の人と話していると、最近の若い者は言葉は謝っていても、顔を下げずに微笑みさえ見せるやつがいる、とよくいわれる。

 行動に連続的な一体性がない、ということ

 お客様に苦情をいわれて、申し訳ありませんでした!と言葉でいっても、顔の表情や態度が友達感覚では収まるものも収まらなくなる。

 昔から、「目は口ほどにものを言う」というが、顔や表情はもっと「ものを言う」。

 なぜなんでしょう?と団塊世代の人と話していたら、次のようにいわれた。

 昔は食べ物も少なく、兄弟で喧嘩をしないように上手に処したし、年長の長男が絶対であった。

 体力的にも絶対に勝てないし、親も長男等の年長のいうことを聞くように躾られた。

 長男等も弟や妹の面倒をよく見てくれた。

 弟等がいじめられておれば、長男等は例え自分より体が大きくても立ち向かって庇ってくれた。

 当然に親が絶対であり、学校で先生に叱られたといったなら、お前が悪いからだと、余計に叱られる。

 世の中の上下関係は自然に身に付けたし、上下関係の中で上手くやっていく術も身に付けた。

 上下関係とは年長の順もあるし、世の中の関係や地位の関係、お客様との関係もある。

 お客様は当然に自分より上位に位置し、お客様の機嫌を害しては取引も儘ならない。

 お客様からの苦情があり当方非があれば、誠心誠意に謝意の姿勢をみせた。

 場合によっては自分が正しくても!

 言葉で喋るよりも、身体全体での姿勢を示して、相手の心証を改善しようとした。

 と。

今は子供も少なくなって家庭では大事にされるし、一人っ子や二人っ子が多いので、家庭内での上下関係や生存競争も厳しくない。

 親も生活に余裕があった子供を大事にするので、昔のような親子関係ではなく友達関係で育てていく。

 当然に、子供も親を同等レベルでの関係として心に刻んで育っていく。

 また、遊びも自宅に籠って一人でゲームをすることが多く、昔のように隣近所のガキ大将に連れられて遊ぶこともない。

 ガキ大将と遊べば当然に上下関係ができるし、この上下関係を上手に処さないと遊んで貰えない。

 自然と上限関係での処し方を身に付ける。

今の若い人が団塊世代のような育ち方をしていなければ、当然にお客様との処し方にも友達感覚を拭い去る事ができない。

 だから、苦情をいうお客様に対しても、友達に「ごめん、ごめん」という感覚で、謝意の姿勢を見せることなく微笑んでその場を繕おうとする。

 そして、本人は、こちらが謝っているのに、どうして許してくれないのか、と不満顔になる。

難しい世の中になってきた。

 しかし、この難しい世の中を乗り越えないといけないのだが、どうしていいのかわからない私でもある。

 アメリカのリンカーン大統領は、閣僚にある人物を推薦されたのだが、「顔が気に入らない」と言って拒んだそうだ。

 推薦者が、では「顔で決めるのですか」と質問すると、「40歳を過ぎれば、誰でも自分の顔に責任を持たなければならない」とリンカーンは答えたそうだ。

コメント (1)

庭の水仙も満開を迎えた

2016年03月29日 | 田舎暮らし

山間部の田舎の我が家の庭も、水仙も満開を迎えた。

 昨日は、水仙も満開を迎えたので家内の車のスノータイヤを取り替えた。

 実は1週間ほど前に頼まれたのだが、ついつい忘れての始末。

 家内に怒られてやるなら、怒られる前にやればいいのだが、ついつい後回しに。

 自分の車は3週間ほど前に替えたのだが、もし雪が降っても家内の車があるからと、乗り心地よい普通タイヤに山間部では早々と。

我が家には3種類ほどの水仙しかないが、花好きの若夫婦のK宅にはいろいろな水仙が咲いているので、次回には紹介をして行こう。

 

 ☆庭のセンターサークルの中の水仙

 

 ☆サークルの中には陶器製のカッパが鎮座しているが、水仙が多くてお隠れしている。

 

 ☆裏の家庭菜園への土手も満開だ

 

 ☆土手の水仙 この水仙はなかなか株別れして増えない

 

 ☆漬物鉢の中の、名前は知らないが小ぶりの水仙

コメント

シャープ崩壊 日本経済新聞社編

2016年03月28日 | 読書の書評

最近の新聞やテレビによれば、ようやく台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業によるシャープの買収は、大筋合意するそうだ。

 鴻海のシャープへの出資額は、当初予定の4890億円から1000億円程度の減額で、これは将来に負債の恐れある偶発債務を評価しての減額とのこと。

 しかし、出資額は減ってもシャープが発行する株式の買い取り価格を引き下げるので、鴻海の出資比率は予定通り66%になる。

 これにより、シャープは実質的に鴻海傘下のグループ会社となる。

 加えて、シャープの主取引銀行であるみずほ銀行と三菱東京UFJ銀行は、資金繰り支援として3000億円規模の追加融資枠等を決め、2行が保有するシャープの優先株2000億円のうち1000億円分を鴻海が額面で買い取る予定だったが、買取時期を3年程度先延ばしするとともに買取額も調整を検討しているらしい。

 公表されている情報だけでは、なし崩し的に一方的に鴻海有利に買収された感があるが、如何だろうか?

 まあ、それだけシャープの経営内容が悪いということか!

 銀行両行も今までの貸付金が大きな不良債権になることを恐れてか、鴻海に有利な交渉カードを与えている。

この本の帯には、名門企業を壊したのは誰か

 

 この惨劇は人災だ

 人事抗争に翻弄された大手家電メーカー転落の真実

と書かれている。

 シャープが台湾企業による買収の憂き目にあったのは、人事抗争の結果であると断じているが、果たしてそうであろうか?

 人事抗争は企業が人の集まりである限り、大なり小なりどこの企業でも必ず起きることであり、それが真の原因で崩壊したのか。

 サラリーマンとして企業に勤めれば、多くの者が企業のトップを目指し、多くを犠牲にして日夜頑張る。

 何かを犠牲にしなければ、出世競争に打ち勝ってトップに辿り着く事ができない。

 トップに辿り着けば、自分自身の汗水の結晶として、企業業歴にその歴史を残したい、と思うのも人の情。

 それはシャープのアクオスに代表される液晶の亀山工場であり、オンリーワンを目指した堺工場への巨額の投資でもある。

 例え、その堺工場への巨額の投資に危惧を感じた役員がいたとしても、自らの職場キャリアを捨ててまで反対をする人は少ない。

 年収2~4千万円の所得と名誉・役得を捨る覚悟を持てるだろうか?

 だから、オリンパス事件も東芝事件も起きる。

 反対する人がいなかったのがシャープの悲しさであり、反対する人を引き上げる経営者がいなかったのが不幸でもある。

 それが同じ家電メーカーのパナソニックとの大きな違いであろう。

 シャープが危機を迎えたのは、人事抗争だけではなく、液晶を一つの例としても世の中の経済の大きな流れの読み違いだっただろう。

 その読み違いは本書には書かれていないが、その読み違いこそ真実のシャープ崩壊の原因だろう!

コメント

ふくろうの館 庭も完成

2016年03月26日 | 田舎暮らし

ふくろうの館の庭がようやく完成した。

  

 当初の予定は昨年の10月だったが、半年近い遅れで完成。

 予算も当初予算をだいぶオーバーしたが、私的には満足できる出来栄えだ。

 庭工事は地元の若い庭師S君に頼んだ。

 これからこの田舎で庭師として生きていくのだから、その最初の仕事として頼んだもの。

 S君も、その気持ちを察してか、一生懸命に仕事をしてくれた。

   

  

  

  ☆和風の庭は、和室の前の三角形の空き地を利用して、底辺から両斜線を木塀で囲んだ形にしている。

   ちょうど、和室の広縁には簡単な茶室が造ってあるので、ここでの一服が楽しみだ!

 ちょうど、ふくろうの館の主人(私の息子)の小学校及び中学校の先輩でもある。

  

  ☆玄関前のアプローチ

 だが、これからが私には一仕事が続く。

  

  ☆カーポートからの石段

 苔が植えてあるので、当面は2~3日に1回の水遣りだが、7月からは毎日の水遣りの担当だ。

 家内からは、お父さんが造りたかって造った庭だから、守はお父さんの役目だよ!といわれている。

  

  ☆枝垂れ桜を私と長男の希望で植えた。

 S君の話では、今年は咲くのは難しい!との話だが、少し小さな蕾も出来ている。

 もし、咲いたら、枝垂れ桜の下で庭の完成を祝って、五平餅など焼きながら祝いたい。

 そんな楽しみを持ちながら、私は毎日毎日を生きている!

コメント

営業店マネジメントのすべて 杉谷哲夫 著

2016年03月24日 | 読書の書評

経済法令研究会から出版されている本書を、内部役席研修会の資料作成のために読んだ。

  

 著者は東海銀行に勤務後、東海総研を経て、現在は金融機関等で研修会講師を務めるておられる。

 ページ的には186㌻で読み易い分量となっており、内容的には初級内部管理者には是非とも推薦したい書籍。

 特に、信用金庫等の地域金融機関の渉外担当者を長く勤め、初めて内部管理者になった方には管理職としての心構え等を修得出来る好書。

 信用金庫の場合は、規模にもよるが同期入庫の3~5人は支店長となるので、内部管理職を上手く務められるかどうかが将来のキャリアライフに大きく左右する。

 だからこそ、本書をそのスタート時に読んでほしい!

 

  

 

コメント

え?シマウマが脱走してゴルフ場に乱入?

2016年03月23日 | 田舎暮らし

今日は朝からフェリコプターの音が喧しい!

 昨日の夜8時頃に地域の広域放送があったが、近くの牧場からシマウマが脱走したらしい。

 近くといっても20㌔以上離れているが、昨日の午後7時20分頃に愛知県瀬戸市片草町の乗馬クラブ「三国ウェスト農場」からシマウマ1頭(雄、2歳)が脱走したとのこと。

 シマウマは、体重約200㎏体高約1㍍20㌢で、放牧場に放されたときに興奮状態で、高さ約1.5㍍の柵を壊して脱走したらしい。

 このシマウマが、真実はわからないが今日の朝の噂話では、山越え野越えて名岐国際ゴルフ場に乱入したらしい。

 その為に、今日は朝からゴルフ場周辺をフェリコプターが飛んでいるが、11時現在の今も飛んでいる。

 家内の話では、全国ネットのテレビでも現場中継をしたらしい。

 ガレージゴルフ練習場Kでもこの話題で一杯だったが、さて?ゴルフ場の損害とフェリコプター費用や捜索費用は誰の負担だろうと。

 牧場からゴルフ場まで20㌔以上の距離があるが、シマウマはどうやって山を越えて歩いて?走って?来たのだろうか?

 シマウマに聞く術もないが、近くに住んでいる田舎者としては不思議だ?

 シマウマもゴルフ場なら歩き?走り?易いし、山の中にも隠れやすい。

 5㌔近くには大規模住宅団地もあるので、捜索関係者も大変だろう。

 田舎に住んでいるといろいろなことが起きるといいたいが、町中でも起きることでもある。

 早く捕まることを願っている。

コメント (1)

ゴルフのアイアンセットを買い替える

2016年03月21日 | つぶやき

ゴルフのアイアンセットを買い替えた。

 今までゼクシオ8のRを使っていたが、ガレージゴルフ練習場のK先生から、クラブが合っていないので専門店で計測して替えた方が良いよ!、といわれていた。

 ゼクシオ8の前はゼクシオ7のSを使っていたが、65歳のシニアでこれから益々体力も落ちるのでと考えてRにしたもの。

 だが、どうもこの選択が間違っていたようだ。

 確かに、K先生にいわれるように、ロングアイアンを使うと落下地点の手前で左に曲がる。

 それと、右手に力が入り過ぎるので、もっと固めのシャフトに変えた方が良いよ、ともいわれた。

 ゴルフ7に出掛けて計測して貰って薦められたのが、タイトリストのスティールシャフト。

 65歳のシニアがスティール?と思ったが、まだまだお若いですのでスティールで大丈夫ですよ!、とスタッフにいわれ嬉しくもあった。

 薦められたクラブはゼクシオ8(カーボン)よりもヘッドも重めでシャフトも固いが、これが試に打ってみると調子が良い。

 よし!と思い切って購入を決め、ゼクシオ8は中古として売却を決意する。

 このゼクシオ8の下取り値が、思ったよりも高くて吃驚!

家に帰って家内に、ゼクシオを下取りに出して新しいクラブを買ったよ!といったら早速一言いわれた。

 ゼクシオは高かったのに、どうして売ったの!

 もし、今度のクラブの調子が悪かった時、売らなければ使えるのに。

 簡単にどうして決めるの!

私は背水の陣で、新しいクラブを使いこなす意気込みで決めたのだが、どうも家内はそのニュアンスがわからないようだ。

 1年ほど前に高い金を出して買ったクラブを、どうしてそんなに簡単に安い金で売ってしまうのか、との考えだ。

 どうも、私の気持ちが家内には理解できないようだ。

 だから、私はこの新しいクラブを早く使いこなして、やっぱり先生のアドバイス道理だった!といえるようにしたい。

コメント

ボーンチャイナといえば、ウエッジウッド?

2016年03月20日 | 陶器・陶磁器

ボーンチャイナといえば、ウエッジウッドという人が多い。

 ウエッジウッドはイギリス発祥の世界的な陶磁器メーカーで、日本でも愛好家が多く、こだわりのコーヒー店ではバリエーションが揃ったカップソーサーで出してくれる。

 そんなコーヒー店へ通うとカップソーサー談義から、好きなカップ・ソーサーをマイカップとしていつも出してくれるようになる。

 前に紹介した、土岐市肥田町にある鍵屋珈琲もそんな一軒だ。

 ウエッジウッドのボーンチャイナは、ジョサイヤⅡ世の時代である1812年から製造された。

 とくにウエッジウッドのボーンチャイナはその品質の高さからファイン・ボーンチャイナといわれ、王侯貴族や・一流ホテル・豪華客船等にも使われた。

 そんなボーンチャイナの中から、私が持っているカップソーサーの一つを紹介する。

 フロレンティーン文様は、19世紀後半から使われてきた歴史的なパターン。

  

 ボーダー状のデザインは16世紀の“グロテスク文様”を基に、ギリシャ神話の「グリフィン」をモチーフに、鮮やかなターコイズとの組合せとなっている。

  

  

 アイテム数も多く、ウェッジウッドの中でも重厚感溢れるパターン。

 さて、次は何を紹介しようか!

コメント (2)

ニューボン磁器とは?

2016年03月19日 | お立寄り

ボーンチャイナは磁器の種類の一つで、ボーンは骨をチャイナは陶磁器を意味し、骨を使った原料の磁器の意味となる。

 JIS規格では、素地はリン酸カルシウム、灰長石、ガラス質からなり、リン酸カルシウムの含有量が30%以上とされている。

 ボーンチャイナは乳白色のなめらかな磁器で、18世紀ごろのロンドンで発明された。

 当時の英国は、中国磁器の製造で使われる白色粘土が入手できず、その代用品として牛の骨灰を陶土に混ぜて製造していた事から、ボーン()チャイナ(磁器)といわれた。

 最近は牛の骨灰よりも骨リンが用いられ、焼成前は灰色をしているが焼成すると、磁器面は乳白色になる。

ニューボーンは、その透光性と乳白色の肌合いからボーンチャイナに似ているが、骨灰(リン酸カルシウム)は全く含んでいない。

  

 ☆ノリタケ製のニューボーンのサイ

  

  ☆ノリタケ製の刻印

 成分的には一般磁器とほとんど違わないが、陶土が熔け易くするため長石が幾分多く含まれている。

 焼成温度は、一般磁器より低い1230℃~1250℃で酸化焼成が特徴。

 焼成方法は、一般磁器と同じように1回目の焼成は800℃以下の温度で素焼をして、その後に釉薬を掛けて2回目の本焼成をする。

 ニューボンはガラス質を含まない原料による釉薬を使うので、熔融時に釉層面に気泡が発生するが、ボーンチャイナは本焼きして焼きしまった素地に釉薬をスプレー掛けするので、釉層面は薄くて気泡は発生しない。

 これによりニューボンは釉薬中の泡による乱反射で、微少な凸凹を伴った柔らかな反射光となるが、ボーンチャイナは、均一な反射により鏡面のような反射光となる。

  

 ☆左側はニューボーンのノベリティで、右側はパリアンのノベリティ

 双方の磁器面の光沢度合いが分るだろうか?

 磁器は陶土や焼成方法及び釉薬の掛け方で、その器面の風合いが大きく異なる。

 そこ磁器の面白さがある!

 ニューボンはボンチャイナに似た乳白色の反射を持つので、新しいボンチャイナを意味するという人もあるが、新しく生まれた磁器という意味での「New Born」で、骨の意味の「Bone」ではない、との話もある。

コメント