がらくた雑記・器

 どうでも良いような、つまらない、がらくたな雑記を書きながら、趣味で集めた雑器等をアップしていきます。

仇を取れる人は良いよね、私たちは仇が取れなかったのだから。

2020年02月16日 | つぶやき

世の中には、意地悪な人もあれば、優しい人もいる。

 意地悪な人には、いつかきっと仇をとってやろうと思うし、優しい人には、いつか報いてあげようと思う。

 そんな話を、昔ゴルフのキャディーをやっていた人と、話した。

キャディーさん曰く。

 仇を取れる人は良いよね、私たちは仇が取れなかったのだから。

 仇をとってやろうと思うと顔に出るのか、余計に意地悪をされた。

 だから、なるべく顔に出さないように、無口で黙々と仕事をした。

 ボールを拾って来いといわれれば、ハイ、といって拾いに行った。

 拾って来い、という人ほど、とんでもないところにボールは飛んでいく。

 絶対に無いと思っても、拾って来い、といわれれば拾いに行かなければならない。

 上手で優しい人ほど、拾ってこい、と命令口調も決していわれない。

 だから、拾ってきてあげようと思って拾いに行くし、拾ってきたボールも丁寧に拭いて手渡しをする。

 そうすると必ず、有難う、よかったのに、と笑顔を返される。

 そんな人には、このグリーンは右に曲がるかな?と尋ねられると、一生懸命にコースを読む。

 意地悪な人にもそれなりに丁寧にグリーンを読むが、そんな人ほどカップを外して、外した責任をキャディーに転嫁して不機嫌な顔をする。

 自分が下手のくせに、人のせいにする。

 一日、キャディーをしていると、本当に疲れる。

 そんな時ほど、家に帰って不機嫌面で子供たちにも当たる。

 今思うと嫌な仕事だったと思うが、それでも我慢してキャディーをしてきたからこそ、70歳を超えてもゴルフを楽しむこともできる。

 だが、果たして今の若い人に、そんな苦労が絶えられるのだろうか?

 苦労の後に、必ず喜びと楽しみがあるのだが。

いつもガレージゴルフ練習場で一緒に練習をするNさんから、雨の日の今日、しみじみと昔話を聞いた。

 次回は、その時に話をした私の話をアップしよう!

コメント   この記事についてブログを書く
« 古希を迎えるが、老後の為に... | トップ | 保険を販売する金融機関が儲... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

つぶやき」カテゴリの最新記事