がらくた雑記・器

 どうでも良いような、つまらない、がらくたな雑記を書きながら、趣味で集めた雑器等をアップしていきます。

事業後継予定者の仕事ぶりが、気になって仕方がない

2019年09月25日 | つぶやき

最近の若い人の労働に対する考え方が、私は少し理解できない。

 給料は高くて休みも多くて、残業が少なくて、気兼ねなく働ける処が良いらしい。

 理解はできるが、それで良いのか?と思う。

 私が顧問をしているところは中小企業だから、年功序列も有って無いよなもので、能力と仕事に対する意欲で給料が上がる。

 ただ、給料が上がったからといって昇格するわけでもないし、昇格したからといって給料が上がるわけでもない。

 顧問先で、給与規定が作成されているのは1社だけで、あとの会社は社長等の目判断による。

 こんな調子だからかもしれないが、顧問先の事業後継予定者の仕事ぶりが気になって仕方がない。

従業員と同じような考えで仕事をしているし、この会社を将来は自分で背負っていくのだ、との自負も感じられない。

 ちょっと親の社長が甘いと、従業員以上にどころか従業員は決してできない無断欠勤や無断遅刻をする。

 それで、平気な顔をしている。

 そこが理解できない。

 何を考えているのだろうか?

 何も考えていないのだろうか?

 こんな状況では、他人の社員は自分を将来の社長と認めてくれるだろうか?なんてことは、考えもしないだろう。

 まあ、考えていないから、考えもしないから、無断欠勤や遅刻も出来る。

 ある会社の事業継承予定者に、一度話をしたことがある。

 社員の誰よりも早く出勤して、誰よりも遅くまで仕事をすることが、社員から認めて貰える手っ取り早い方法ですよ!と。

 そうしたら1週間は早く来たそうだが、今は社員よりも遅いことがあるらしい。

 甘えているのか?能力がないのか?私にはわからない。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 浜田純理のぐい飲み | トップ | 連鎖退職 山本寛・著 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

つぶやき」カテゴリの最新記事