がらくた雑記・器

 どうでも良いような、つまらない、がらくたな雑記を書きながら、趣味で集めた雑器等をアップしていきます。

良い会社は良い社員が育ち、悪い会社は悪い社員が残る 続

2019年09月03日 | オフィスベルウッド

M社の会長の話

 会社の経営が悪くなるには、確かに経営者に一番問題はあるが、社員にも問題がある筈。

 社員は現場で働いているので、仕事が上手くいっているのか、いっていないのか、一番わかる筈。

 また、わかるような社員でなければ、経営者がいくら頑張っても、先は見えている。

 だから、私は出来るだけ社員と直に話が出来るように、最大の気配りをして面接とはいわないが、顔を会わせるようにしている。

 社員の働きぶりや考え方、思っていること、不平や不満も、知らなければ前に進めない。

 我慢して貰うときには、我慢して貰えるように、一人一人に話をしてきた。

 営業所等を含めると10ヶ所あるので、計画的に必ず1ヶ月に1回は顔を会わせるようにしてきた。

 人間は、顔を会わせていると、上下関係があっても次第に打ち解けて、いろいろなことが話せるようになる。

 社員を大事にするとは、実は社員と直に顔を会わせて、思っていることが言えるようになることだ、と思う。

 昔の経営が厳しい時には、本当にこまめに社員と顔を会わせて、会社の経営が苦しいことを忌憚なく話して、給料の遅配も協力をして貰った。

 また、社員の職場どころか金銭的な悩みや、家庭問題にも相談に乗った。

 だから、本当に社員は一生懸命に仕事をしてくれ、今の会社がある。

 営業所や物流倉庫の新設のお披露目には、商工会議所等のお偉方を招待するのではなく、社員の家族を第一に招待してきた。

 経営者が一生懸命になれば、社員も一生懸命になってくれるし、社員が社員を育ててくれる

 その流れに乗れない社員は、自然に会社を退職するようになるので、辞めたいといった社員は、例え身内でも、さっさと受理をしてきた。

 良い会社になれば、良い循環環境が出来て、益々良い会社になる

 悪い会社は、良い社員がこんな会社では先行きが危ないと感じ、さっさと辞表を提出する。

 社長も、この社員を引き留めるだけの魅力を常日頃から与えていないので、引き留めることができない。

 悪い社員にとっては、目の上のたん瘤や口うるさい社員が退職して、和気あいあいの職場ができて、職場の居心地が更に良くなる。

 悪い社員が幅を利かせるようになるので、益々良い社員が退職する。

 残るのは悪い社員だけ

 それでは会社は、成り立たない。

 長年勤めてきてくれた社員を解雇するのは気が引けるかもしれないが、それは社員の問題であり、そんな社員を抱えていては業種転換しても先は見えている。

 パッと社員を切るのも経営者の務め。

 それが出来なければ、経営者としての資質もないし能力も覚悟も無い。

 経営者として、会社存続を第一に考えて、判断すべき。

同行した顧問先の役員と、一考した。

 自分達が甘いのかもしれない。

 特に、身内の社員に甘いのが、一番の間違いかもしれない。

 身内がそれで良しの見本社員なら、だれも一生懸命に仕事をしないのも当然。

 事業転換には、真っ先に身内を切ろう。

 身内を第一に解雇してこそ、他の社員も納得をしてくれるだろう。

さてさて、読者の会社はどうですか?

 良い社員が育っていますか?

 良い社員が退職して、悪い社員が安閑として働いていませんか?

 そして、あなたは、どちらですか?

コメント