土地家屋調査士・行政書士 松本英明のブログ

熊本市南区の土地家屋調査士・行政書士である松本英明が、仕事や趣味、日頃感じていること等を気ままに綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ロシアW杯シンガポール戦 個人的結果分析

2015年06月23日 20時01分33秒 | 趣味
1週間ぶりの更新です。

まず最初に、訂正とお詫びをしたいと思います。

前回記事のタイトルについてですが、ロシアW杯2次予選の対戦相手をイラクとしていましたが、シンガポールの誤りでした(イラクは、直前の強化試合の相手でした)。

すみません(先ほど訂正いたしました)。

サッカー好きを自称する私が、今回の記事を書き始めるまで、全く気付きませんでした。

では、ここから本題に入りたいと思いますが、試合結果に対する分析は、あくまで私の個人的見解に基づくものであるということで、あらかじめご了承願います。

予選の初戦ということなので、多少の苦戦はするかなとは思っていましたが、スコアレスドローという結果は、全くの予想外でした。

なぜこうなったかについて、試合を見ていて気付いたことを挙げてみたいと思います。

一つ目は、戦い方についてです。

ハリルホジッチ監督になってからの日本代表の戦い方の特徴として、個々人の球離れを早くして、縦に早く攻めるというのが増えたと思います。

その戦い方自体は、私もいいと思うのですが、今回のように相手が格下で、引いて守る相手に、果たして、その戦い方一辺倒で良かったのかなという疑問がありました。

相手からすれば、日本はアジアの強豪国であり、対戦するにあたりその特徴はしっかり分析されていたように感じました。

引いて守る相手の場合には、両サイドから攻めるであるとか、ミドルシュートをもっと積極的に打つとかあっても良かったと思うのですが、全体的な印象として、中央での細かいパス回しによる崩しばかりをしていたように思います。

二つ目は、選手交代についてです。

交代にあたっては、その時点で0-0だったわけなので、ホームゲームとしては当然勝つために攻撃系の選手を投入するというのはもちろんそのとおりなのですが、3人交代した中で一番疑問だったのが、柴崎選手を下げて、原口選手を入れるというもの。

柴崎選手は、現在の日本代表の中で、正確なパスでゲームをコントロールする役割の選手で、右足でのFKも大きな武器になります。

彼がベンチに下がってからは、前線にいいパスがあまり入らなくなったように感じました。

また、代わりに入った原口選手も本来得意とするポジションではないところで起用され、サイドからスピードのあるドリブルで仕掛けるという彼本来の良さが全く見られませんでした。

なので、もし、今回のような状況で選手交代をするなら、以下のようにした方が良かったと思います。

1.OUT 本田選手
  IN  大迫選手

 ※大迫選手を岡崎選手の位置に配置し、本田選手の位置に岡崎選手を移す

2.OUT 香川選手
  IN  山口選手

 ※柴崎選手を香川選手の位置に移し、柴崎選手がいたところに守備に強い山口選手を配置

3.OUT 宇佐美選手
  IN  武藤選手(または原口選手)

 ※同じポジションでの交代

これならば、FKやCKにおいても、右足の柴崎選手、左足の太田選手と両方でき、前線にポストプレーができる大迫選手がいて、ドリブルで仕掛けられる武藤選手(または原口選手)と裏をとるのが上手い岡崎選手が前線にいて、交代後も攻撃が機能する布陣になります。

最後に3つ目ですが、選手のコンディションの問題です。

まず欧州組についてですが、その中でも特に、香川選手や本田選手は本来の調子には程遠かったように思います(なので、前述した選手交代についてもこの二人を交代させるようにしました)。

さらに、交代した選手も含め、初めてW杯予選に臨んだ選手たちは、初戦ということもあって、想像以上に固さが見られ、チャンスの場面で決めきれない場面が目立ちました(もちろん、相手GKの神がかり的ファインセーブが何度もあったのも事実ですが…)。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


以上が私の個人的分析ですが、いかがだったでしょうか?

今回の試合結果には、不満の方が多かったことと思います。

私ももちろんそうです。

でも、まだ予選は始まったばかりです。

次の試合まではまだ2か月半ほどあるので、何が良くて、何が良くなかったのか、しっかり総括した上で、次の試合に生かしてほしいなと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

また更新しますね。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
少しでも多くの方に読んでいただけるように、以下の2つのランキングに参加しています。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊本県情報へ       

上記の2つのランキングバナーは、それぞれ1日1回のクリックが有効に各ランキングに反映されます。
読者の皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ロシアW杯2次予選シンガポール戦 & カナダ女子W杯

2015年06月16日 18時54分39秒 | 趣味
こんにちは。

梅雨入りして、雨ばかり続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今回は、サッカーの男女の日本代表の試合について、少し書いてみたいと思います。

まずは、男子の日本代表について。

そういえば、前回のブラジルW杯で惨敗したのが、ちょうど1年前でした。

ロシアW杯に向け、監督もアギーレ氏に代わり、監督としての力量を見極める間もなく、アジアカップ敗退と、監督自身のスキャンダルにより解任となり、現在のハリルホジッチ氏に監督が代わりました。

そして、いよいよ今日が、W杯予選の初戦となるわけですが、新監督になってからの親善試合等での選手選考、選手起用、戦術等を見るかぎりにおいては、あまり心配することなくテレビ観戦できそうです(もっとも、まだ2次予選ですし、ホームでの試合なので、酷い試合をされても困るわけですが…)。

W杯予選を経験するのが初めての選手もたくさんいますが、気負うことなく平常心で戦ってほしいものですね。

続いて、女子の日本代表について。

今月6日にカナダW杯が始まりました。

日本代表にとっては、前回のドイツW杯に続く2連覇がかかる大会です。

日本は、8日(日本時間で9日)にスイス、12日(同13日)にカメルーンと対戦し、2連勝しました。

ただ、難敵が相手だったとはいえ、2試合とも、内容に課題の残る試合だったと思います。

残る予選の試合は、16日(同17日)のエクアドル戦です。

引き分け以上で、予選1位通過となり、決勝トーナメントの初戦が23日(同24日)となります。

力関係から言えば、楽に勝てる相手だと思いますが、万が一負けて2位通過となると、決勝トーナメントの初戦が20日(同21日)となり、次の試合までの間隔が3日短くなります。

その後のコンディションのことも踏まえると、油断することなく、しっかり勝ちきってほしいものですね。

その上で、過去2試合の課題も踏まえて、内容もいいものになればなおいいと思います。

私も、全国のサッカーファンとともにしっかり応援します。

それではまた更新しますね。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
少しでも多くの方に読んでいただけるように、以下の2つのランキングに参加しています。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊本県情報へ       

上記の2つのランキングバナーは、それぞれ1日1回のクリックが有効に各ランキングに反映されます。
読者の皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

平成27年度土地家屋調査士試験について

2015年06月02日 19時12分19秒 | 調査士
いよいよ昨日から、平成27年度の土地家屋調査士試験の受験申請の受付が始まりました。

受験申請の受付期間は、6月12日(金)までとなっていますので、受験予定の方は忘れずにお申込み下さいね。

ちなみに、今年度の筆記試験の期日は8月23日(日)のようです。

試験まで残り2か月半くらいとなりました。

蒸し暑い季節になってきましたが、受験予定の皆さんは、体調に気を付けて、合格目指してぜひ頑張って下さいね。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


もしかしたら気づかれた方もいらっしゃるかもしれませんが、この土地家屋調査士試験についての記事は今回が初めてではありません。

2年前にも、同様の記事を更新しました。

そのとき、年々減少傾向にあった受験者数に歯止めがかかればと書きましたが、残念ながら、歯止めはかかっていないようです。

資格者の平均年齢も上昇傾向にある中で、次世代の土地家屋調査士の担い手が少ないのは、国家資格として危機的な状況だと思います。

土地家屋調査士という仕事は、同じ資格専門職でありながら、弁護士や税理士、司法書士等と比べて、社会的認知度は低いと言わざるを得ません。

でも、土地・建物の調査、測量、登記を通じて、不動産の権利の基礎となる物理的現況を正確に表示するという、皆さんにとって、大変重要な仕事を担っており、責任も大きいですが、とてもやりがいがある仕事です。

一つのブログにできることは限られているかもしれません。

でも、このブログを読まれた方の中で、一人でも多くの方が、土地家屋調査士に関心を持ち、土地家屋調査士という仕事を、一生の仕事として選んでいただけたらとの思いで、ブログを書かせていただきました。

今年こそ受験者数の減少に歯止めがかかることを祈念しつつ、この記事を終わりたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた更新します。

関連記事  ・平成25年度土地家屋調査士試験について

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
少しでも多くの方に読んでいただけるように、以下の2つのランキングに参加しています。


にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ       

上記の2つのランキングバナーは、それぞれ1日1回のクリックが有効に各ランキングに反映されます。
読者の皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする