社労士・行政書士の徒然日誌

北海道帯広市の社会保険労務士・行政書士が日々の雑感等を徒然に綴ってゆきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

若い経営者

2012-02-29 | 徒然日誌
 今月札幌で研修会があり、高速を使って行ってきました。やはり早かったです。今までは冬の日勝峠がちょっと怖くて車で行くのは極力避けていましたが、高速道路だと楽々ですね。でも当然安全運転で・・。写真は占冠SAです。



 年明けから年度末が近付くこの時期は毎年、起業や新分野への展開を考えるお客様からの相談が結構多いです。内容によってはこちらも色々と調べる事があり、なかなか大変ですが、こういった相談を受けるのは受ける側としてもワクワクしますね。起業や新分野進出を考えている方というのは、当然といえばそうですが、とても熱いです。そんな方の話を聞くとこちらも共感してしまい、前のめりになってしまいますが、そこは専門家として冷静に対応しなければ・・ですね。

 特に最近は自分と同年代、もしくは年下の方からの起業相談が多いように感じます。自分が20代の頃は当然相談を受けるお客さんもほとんどの方が年上でしたが、自分も30代半ばになり同年代の方でも起業を考える方が多くなってきました。年が近いと意気投合して、話が盛り上がってしまうこともしばしば・・。

 夢や理想だけでは事業の経営はできませんが、将来のビジョンがなければ事業は軌道には乗らないと思います。古臭い考えかもしれませんが、事業が成功するかどうかの分岐点は最終的にはやはりその方の熱意に他ならないと思っています。こういった起業される方の事業展開に少しでも参画させていただけることに本当に感謝です。

◆当事務所のホームページはこちらからどうぞ

◆「人事・労務ニュース」はこちらからどうぞ