社労士・行政書士の徒然日誌

北海道帯広市の社会保険労務士・行政書士が日々の雑感等を徒然に綴ってゆきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

経営事項審査制度の改正

2008-01-29 | 徒然日誌
 昨日はちょっと暖かくなった十勝地方ですが、今日は又いつも通り冷え込みが厳しい日となりました。先日帯広で毎年行われている氷祭りに行ってきました。北海道の冬の行事といえば札幌の雪祭りが全国的にも有名ですが、帯広の氷祭りもなかなか毎年賑わっています。雪像ならぬ氷像が並び、大きな滑り台も設置されています。WRCの道央移転等で観光地としての集客力がやや弱くなっている十勝地方ですが、色々とアピールする点はあると思いますので、こういったイベントが盛り上がってくれればと思います。

 今年の4月から経営事項審査制度が大きく変わります。もう大枠はほぼ決まっており、正式な発表も近々されると思います。行政書士会の十勝支部でもこの改正に関する研修が予定されています。

 今回の改正の目的はより会社の実態を反映した評価とすることであり、評点の付け方が変わります。細かい部分の変更は色々とあるのですが、改正点を一言で言うと売上重視の評点方法から利益重視の評点方法にシフトしている点だと思います。又、技術力や社会性の評点についても現在の建設業界を表した内容になっていると思います。

 詳細な変更点については正式に決まってから書こうと思いますが、従前の経営事項審査制度と比べ、より的確に会社の実態を評点として表せるようになるのは間違いないと思います。

☆当事務所のHPへはこちらからどうぞ

☆「人事・労務ニュース」へはこちらからどうぞ

年明けの近況

2008-01-28 | 徒然日誌
 年が明けたと思ったら1月ももう終わりが近づいてきました。帯広は今月中旬ぐらいに寒い日が続き、マイナス20度以下の日が何日か続きました。まさに凍えるような寒さでしたが、子供の頃はもっともっとマイナス20度以下の日があったように思います。昨年はマイナス20度以下の日がなかったですし、やはり温暖化の影響でしょうか?

 昨日は久々に相撲を見ました。小学生の頃は食い入るように見ていたのですが、その後そんなに見なくなっていました。しかし、昨日の横綱同士の一番だけは見なくてはと思い、見ましたが、力の入る大一番で大満足でした。色々と問題を起こした朝青龍ですが、やはり並大抵の精神力の持ち主ではないようです。普通の力士であればずるずると引退までいってしまうのではないかと思います。ただ日本人力士があまりにもふがいないのが残念ですね。

 仕事の方ですが、今年は指名願の中間年ということもあり、1月はやや落ち着いて業務を行っています。年末にご依頼を頂いた建設業や産廃の収集運搬等の新規許可も無事終え、合間をみては書類の整理やなかなか出来なかった資料作り等を行っています。あと年末の大掃除で片付け切れなかった机の整理も少しずつ行っています。

 そして「ねんきん特別便」の送付の関係上、今月から社会保険事務所へ昨年に引き続き業務協力に行っております。連日なかなかの混み具合のようです。

 就業規則も昨年から持ち越しの分を何件か作成、打ち合わせ中ですが、今年は就業規則をただ作成するのではなく、その作成までのプロセスにもちょっとこだわって効率的に業務を進めたいと思っています。

 今年はパートタイム労働法や労働契約法等の法律も施行されますので、こちらへの対応も早めに進めていきたいと思っています。労働法関連の法律は新設や改正が頻繁に行われますが、社会保険労務士にとってはビジネスチャンスだと思いますので、情報収集をまめに行い、迅速に動けるようにしておきたいと思っています。

☆当事務所のHPへはこちらからどうぞ

☆「人事・労務ニュース」へはこちらからどうぞ

2008年を迎えて

2008-01-01 | 徒然日誌
 あけましておめでとうございます。更新したりしなかったりの不定期ブログですが今年もどうぞよろしくお願い致します。

 年が明け2008年になりました。平成20年の区切りの年でもあります。昨年は何かと暗いニュースが多かったですが、今年は明るい話題が続けばと思います。スポーツでは北京オリンピックもありますし、私個人としてはサッカーの欧州選手権いわゆるユーロ2008というものもありますので、今から楽しみです。時差の関係で寝不足になるのは確実ですが・・。

 私が昨年仕事をする上で気をつけるというか心がけていたことの1つとして「後回しにしない」ということがありました。それまではとかく面倒くさがり屋なので時間がかかりそうなことや厄介そうなことは他の比較的やりやすい仕事の後にやるようにしていました。しかし以前からこれではいけないと思っており、自分で意識して目の前にある仕事から優先してするようにしました。(当然なのですが・・)昨年一年でそういった意識をなんとか定着させることができました。

 その結果仕事のストレスが減ったように思います。後回しにしているとその仕事が気になって身が入らなかったり、遅れれば遅れるほどストレスになっていました。こういった悪循環を抜け出すことができたのは私自身にとって大きなことだったので、今後も継続していきたいと思います。

 今年も昨年と同様に札幌等の十勝管外へ出る機会も多くなると思いますので、時間の使い方をもうちょっと上手くなりたいと思っています。仕方がないときもあるのですが、不経済な時間の使い方も多いように感じますので。顧問先に迷惑をかけないためにもできるかぎり効率よく計画的に仕事を進めていきたいと思います。

 そしてネットがここまで普及した社会でも仕事の基本はフェイストゥフェィスだと思っていますので、できるだけ顧問先に顔を出し、コミュニケーションをとることを心掛けたいと思います。

☆当事務所のHPへはこちらからどうぞ

☆「人事・労務ニュース」へはこちらからどうぞ
コメント (2)