社労士・行政書士の徒然日誌

北海道帯広市の社会保険労務士・行政書士が日々の雑感等を徒然に綴ってゆきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年1年を振り返って・・

2006-12-30 | 徒然日誌
 前回の書き込みから1月以上経ってしまいましたが、例年通り12月はかなり忙しい日が続きました。季節労働者の離職手続に加え、今年度は指名願の提出年度になるため色々と準備をしていました。国土交通省等の国関係の機関については12月からインターネットでの申請受付が始まり、こちらは全て年内に終えることができました。この国関係機関の指名願については次回の受付からはインターネット申請のみの受付となるそうです。

 そんなこんなであっという間の師走でしたが、いよいよ2006年も明日を残すのみとなりました。2006年を振り返ると今年は私にとって色々な意味で転機といえる年になったと思います。今までやったことのない業務を色々とやることができたり、特定社労士試験を受けたことも大きかったです。しかし、それ以上に精神的な面において自分としっかりと向き合うことができるようになったという点でとても意味のある1年になりました。今までの生き方とは180度とまでは言わなくてもちょっと違う生き方を見つけることができたように思います。どこかのお寺のように今年1年を漢字1文字で表現するとなると私の場合「忍」になると思います。正直言ってしんどい1年でした。しかし、前述のとおり今までの自分を見つめ直し、そして今後の自分を考えるという点でとても意義のある1年になりました。何だか抽象的な文章で申し訳ありません(苦笑)

 来年の具体的な目標としては色々とやりたいことはあるのですが、特に就業規則に力を入れていきたいと思います。労使トラブルの多発する昨今では就業規則の重要性が高まっていることもあり、会社の実態に合った就業規則が求められていると思います。特定社労士の研修に行った事も就業規則の重要性を再確認するいい機会となりました。他には会社法や介護事業の運営をもっと深く勉強してみたいと思っています。ただやはり基本は目の前になる仕事を精一杯こなすことですね。当たり前のことですが・・。
 あと、ブログももう少し定期的に書きたいと思っています。(苦笑)

 それでは明日は書き込みができないと思いますので、これが今年最後の書き込みになると思います。ブログを見てくださってる皆さん、本当にありがとうございます。そして、来年もよろしくお願い致します。では良いお年を!
コメント (1)