社労士・行政書士の徒然日誌

北海道帯広市の社会保険労務士・行政書士が日々の雑感等を徒然に綴ってゆきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

法改正の行方

2011-10-31 | 徒然日誌
 今日で10月も終わりです。今年も残すところ、あと2か月となりました。一昨日には帯広札幌間を結ぶ道東自動車道が開通しました。これにより十勝圏と道央圏の交流がより活発になることが予想されますが、これを機に十勝の良さをさらにどんどんアピールし、十勝の産業に好影響が出ることを期待したいものです。

 写真は先日の旅行の際に由仁町あたりで撮った写真です。本当に気持ちのいい日でした。



 産休期間中の厚生年金保険料を免除とする法改正が検討されているそうです。現行では育児休業期間中は保険料が免除となっていますが、産休期間中は出産手当金が支給される関係上、保険料は免除されませんでした。しかし、在職中の女性職員の出産環境を整えるためにもこの改正は有効であると思います。又、会社にとっても会社負担分の保険料が免除されますので、メリットがあります。

 又、長時間労働による精神障害を労災認定する基準として「発症直前の3週間で約120時間以上の時間外労働」があった場合は強い精神的負担があったとみるとの内容での基準改定の検討が進められています。この他にも「非正規社員である自分の契約満了が迫った」、「2週間以上にわたって連続勤務をした」といったことも判断要素の項目に加えられる予定です。さらに負担が極めて大きい①1カ月に160時間を超える時間外労働をした、②生死に関わる業務上の病気やけがをした、③業務に関連して他人を死亡させたなどを「特別な出来事」として、このケースについてはその事実のみで労災認定され得るとしています。こうした基準の見直しにより労災認定の審査期間を短縮できるとしています。

 他にも年金関係でもいわゆる主婦年金や支給年齢年齢引き上げについても議論が行われており、労働、社会保障関係の法改正から目が離せない状況です。まだ流動的な案件もありますが、事業所に直接的に関係してくる部分も多いので、しっかり内容を把握した上で顧問先にも情報提供できればと思います。

◆当事務所のホームページはこちらからどうぞ

◆「人事・労務ニュース」はこちらからどうぞ
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 電子申請による離職票手続 | トップ | 人材育成型の人事考課 »
最近の画像もっと見る

徒然日誌」カテゴリの最新記事