社労士・行政書士の徒然日誌

北海道帯広市の社会保険労務士・行政書士が日々の雑感等を徒然に綴ってゆきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

秋入学の導入と新卒一括採用

2012-01-30 | 徒然日誌
 厳しい冷え込みが続く十勝地方ですが、先日その寒さがあるからこそのイベントである帯広氷まつりに行ってきました。日中も寒い中、かなりの盛り上がりでした。雪像ならぬ氷像も見ごたえがありましたが、やはり子供の一番人気は巨大滑り台でした。


 東京大学が秋入学の案を示し、他の国立大学でも秋入学を検討する動きが活発化してきています。世界の大学の6割以上は秋入学を採用しており、秋入学の導入は留学生の受け入れ等の面からいって国際化に対する時代の要請ともいえます。又、現在の日本の新卒一括採用という制度自体が制度疲労を起こしており、秋入学の導入は硬直化している雇用制度を多様化するための手段にもなりえると思います。さらには優秀な人材を確保をするための仕組みともいえます。

 ただメリットばかりではなく、デメリットもあり大学の卒業時期が春と秋に分散することにより企業の採用活動の負担増は避けられないところです。さらに高校を卒業してから大学に入学する秋までの半年間はボランティアや留学に充てる案が出ていますが、これについても制度的なフォローができるのか不透明な部分もあると思います。

 とはいえ、昨今のグローバル化の波を見る限り、秋入学の導入は今後不可欠のようにも感じます。この動きを展開していくためには大学同士が連携していくことはもちろんですが、産業界においても採用活動等の面で柔軟に対応し、雇用慣行の仕組みそのものを変えていくことが必要になってくると思います。

◆当事務所のホームページはこちらからどうぞ

◆「人事・労務ニュース」はこちらからどうぞ
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 精神疾患による労災の新認定基準 | トップ | 若い経営者 »
最近の画像もっと見る

徒然日誌」カテゴリの最新記事