介護事業運営サポート情報

介護事業に必要な経営情報を提供。介護保険法、助成金・補助金、人事雇用管理、障害者自立支援法等制度の情報・対策を解説。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

介護事業者に対する助成金改正!

2006-05-18 17:05:00 | Weblog
今回は介護事業者への補助金(助成金)の改正情報を整理してみたいと思います。
平成18年度より、介護事業者支援の補助金(助成金)が大幅に改定されました。
新制度の概要は以下のとおりです。

1.介護基盤人材確保助成金
○概要
介護事業の創業、新規サービス実施、支店等増設による営業エリア拡大等に伴い、特定労働者(社会福祉士、介護福祉士、ヘルパー1級、(准)看護師等の資格を有し、1年以上の実務経験を有する者)を雇い入れた事業主に対して、賃金の一部が助成されます。
○金額
一人当たり最大70万円(計画期間に6ヶ月以上採用した場合)
○支給対象人数
3人まで

2.介護雇用管理助成金
○概要
介護分野の新サービスの提供等に伴い雇用管理改善(求人広告、就業規則の策定(相談)、雇用管理マニュアルの作成、教育訓練、健康診断等)を行う事業主に対して経費の一部が助成されます。
○金額
原則として改善に要した経費(教育訓練については賃金)の1/2
○支給限度
100万円

※ 平成17年度以前と比べての主な改正点
・従来は計画期間に1年間以上採用した場合に140万円支給されていましたが、半分に減額となりました。(介護基盤人材確保助成金)
・従来は上記特定労働者以外にも一部賃金補助がありましたが廃止されました。(介護基盤人材確保助成金)
・助成金の受給に当たっては、雇用管理責任者を選任しなければならないこととされました。(介護基盤人材確保助成金・介護雇用管理助成金)

以上はあくまでも概要ですので、不明点や申請を希望される方はご連絡下さい。
上記助成金は雇用保険を財源とするため、社会保険労務士のみが申請できることとされています(事業所自身で申請する場合は別です)。

助成金額が減額されてしまったことは残念ですけど、もらえるものはもらいたいですよね。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 雇用延長制度スタート! | トップ | 介護事業者と就業規則 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
改正について (Hiromasa Saeki)
2006-05-18 19:01:42
はじめまして。大阪で開業している者です。

大切な改正情報の提供をありがとうございます。介護労働安定センターのHPを見てみましたが、改正内容についてまだ記載されていませんね。

また、貴ブログを訪問して勉強させていただきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事