GO!GO!鉄腕筏虫。。。チヌかかり釣りに夢中

チヌかかり釣りとSR400 『櫻井漁のブログ』

丹後半島ツーリング

2020-04-01 17:40:04 | バイクツーリング

とりあえず今日で「慣らし運転」を終わらせようと思い、バイクに乗って出かける事にしました。

自宅を出発しようと思ったら、「あれ?雨??日中はくもり予報じゃなかったの??」という感じで、小雨が降っています。

雨はすぐにやみましたが、空模様がパッとしませんので、とりあえず近場の周山街道を目指すことにしました。

お昼ごろに「道の駅ウッディー京北」に到着して、お土産の農作物を調達しようと思ったら、ネギとシイタケとシメジくらいしかありませんでした。

お土産に「焼き鯖寿司」と「アマゴ寿司」を買うことにしました。

あと200キロくらいは走らないと、慣らし終了の1000キロになりません。

空模様は心配なさそうなので、急遽「キレイな海岸線」を走る丹後半島を目指すことにしました。

丹後半島へは、以前SR400で出かけたことがあります。

ナビ代わりに使うスマホの充電ケーブルを忘れてきましたので、全く知らない場所よりも走ったことのある場所を選ぶことにしました。

曇り空でしたので、途中のキレイな景色は写していませんが、伊根町~経ヶ岬灯台~網野町辺りは、右側に海を見ながらノンビリと走れます。

適度にカーブもあり、走っていても飽きないコースです。

一応、記念に経ヶ岬灯台だけ写真を写しました。

スズキVストローム650ですが、短足のため地面に足が届きにくくて怖いのでローシートに交換してみました。

不安は解消されましたが、ノーマルシートに比べてお尻が痛くなりそうな感じです。

2センチ低くなったことで、以前より乗車姿勢が立つ感じになりましたので、シートに当たるお尻の場所が変わってしまったことが原因だと思います。

シートが低くなってもハンドル位置は変わりませんので、少しふんぞり返る感じのポジションになります。

帰路に工具を置いている店によってハンドル位置を1センチ程度遠くしてみました。

お尻と太モモで支えられるようになり、少し改善されそうな予感です。

人それぞれ、体形・アップハンドルなどのバイクのタイプ・慣れ親しんだポジションが違いますので何ともいえませんが、シートに座って手を伸ばして楽な近い位置にハンドルグリップを合わせますと、長距離の走行中には意外と腕にかかる負担が増すように思います。

経験上、筆者が好むバイクのタイプでは、少し(1~1.5cm等)だけ遠い位置に合わせますと、ほんの少しだけ自然に体幹で支える感じになりますので、肩がコリにくくなります。

ハンドル位置が、かなり低かったり遠すぎるバイクは別ですが、、。

バイクのシート用座布団では、シートが高くなり少しだけ前傾姿勢になるため、太もも側でも体重を支えられるようになって、痛さが緩和するのかな?と想像しています。

とりあえず、370キロくらい走って1000キロを超えましたので、後日に2回目のオイル交換と1000キロ点検をしていただいて慣らし終了です。


コメント   この記事についてブログを書く
« スズキ Vストローム650 | トップ | 岐阜県 根尾谷淡墨桜~徳山ダ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

バイクツーリング」カテゴリの最新記事