花と緑に囲まれたリビングのような洋服屋セントオーディン[ St.ODIM ]

100%オリジナルのオーダースーツ&ジャケットのアトリエから新作の数々とそれにまつわる素敵なエピソードをお届けします

世界のテニスのジュニアたちの熱い戦いが始まる!

2018-08-31 18:27:20 | セントオーディン




数年後、靱公園のテニスコートで

プレイしていた選手を

TVの中のウィンブルドンのコートで

見ることになるでしょう!!




靱公園のテニスコート。

テニスをする人なら

ほとんどの人が知っているという

有名な場所。




1953年に

大阪国際ローンテニスクラブの

メインコートとして

靱庭球場が開設された、という

歴史があることを知っている人は

少ないと思います。




セントオーディンの窓から見える

テニスコートは

元々靱庭球場と呼ばれて

由緒あるテニスクラブだったそうです。




お店をオープンしたばかりの頃は

まだクラブが残っていて、

テニスをしている人は

頭の先から足の先まで

真っ白なウェアを着てプレイしてました。




それはそれは、美しい!!




そんな靱公園のテニスコートで

毎年毎年、開催される

世界のテニスのトップジュニアたちが

集まってのランキング戦

「大阪市長杯2018

世界スーパージュニアテニス」




もうずいぶん長い間開催されているけど

なかなか認知度が上がらない。




そこで今年はがっつりとサポートしよう!

ということになりました。




靱公園と言えば5月の「バラ祭」

人の賑わう公園に!のミッションを

終えて昨年終了しました。




でもこの秋は、

このテニスのPRを兼ねた「秋のバラ祭」を

テニスの試合本戦に入る前の

予選の2日間開催することにしました!




10月13日(土)、14日(日)は

ぜひ靱公園の「秋のバラ祭」へ。




そして

15日(月)からの本戦の

応援をよろしくお願いいたします。





☆ St.ODIM HPはこちら ☆

コメント

デザインには、着物も洋服も垣根がない!

2018-08-30 17:33:26 | セントオーディン



仮縫いの状態ですが、、、



着物として着るのではなくて

洋服として着る「着物ジャケット」




素材は楊柳の浅葱色のストライプ柄。




半襟を取り外しして

楽しめるように3種類ご用意。




ライフスタイルに合ったものを身につける。

そのためのオーダーメイド。




こんなデザインを作っていると

着物も洋服も垣根がない!って感じます。




ワガママなリクエスト、

お待ちしております。






☆ St.ODIM HPはこちら ☆
コメント

秋に心惹かれるカラーネップツィード

2018-08-30 00:08:25 | セントオーディン




ツィードとは、

簡単に言うと「目の荒い綾織の毛織物」

で、写真の素材。



上からベージュ、ブラウン、ダークグレー。



そしてそれぞれの素材の中に

入っているいろいろな色のネップ。




ネップとは、

プチップチッと出ている

糸のかたまりのこと。




普通はベージュにはベージュ系のネップ。

ブラウンにはブラウン系のネップ。

ダークグレーにはダークグレー系のネップ。

と、だいたい同じ色系のネップが

入っていることが多いのです。




でもこのツィードには

さまざまな色のネップが入っています。




このカラーネップが

ツィードのイメージを広げています。




例えば、正統派なスーツスタイルも

固すぎず優しい雰囲気を醸し出します。



例えば、ワンピースだと

きちんとした印象の中に

親しみやすさが感じられます。



例えば、コートだと

クラシックとモダンなイメージを

合せ持ち上品で知的な印象になります。




素材感とカラーが織り成す

素敵なコラボレーション。

これがカラーネップツィードです。




私の大好きな素材。

この素敵な素材を

長く愛していただけるように

1着1着デザインします。





☆ St.ODIM HPはこちら ☆
コメント

大胆カジュアルなメンズジャケット

2018-08-29 14:12:03 | セントオーディン



ジャケットっていうのは

カジュアルコーディネイトを

爽やかにしてくれます。




マリンテイスト漂うボーダー柄は

大胆にジャケットに使う時は

こんな風に大柄なボーダーがオシャレです。







夏だけでなく秋のシーズンも

インナーの色を少し深めの色に変えて

デニムとコーディネイトしていただくと

ダンディなスタイリングの出来上がり!







日本は冬でも

世界には夏のシーズンの国がいっぱい!




ライフスタイルの中に

オシャレなジャケットがあれば

ステージがさらにアップしていきます。




楽しくい時間をお過ごしください!





☆ St.ODIM HPはこちら ☆
コメント

公園の中での撮影会

2018-08-27 17:02:49 | セントオーディン




この冬一番のオススメ企画!




カシミヤのワンピース&ストールの

オーダーフェアのDM用の写真撮影。




優しい雰囲気のAラインワンピースと

エレガントなイメージの

ストレートラインのワンピース。




美しい20色を選びました。

とっておきの1色でオーダーいただけます。




素敵なDMをお楽しみに!




☆ St.ODIM HPはこちら ☆
コメント

空蝉の世の物語が聴こえるような美しい生地

2018-08-26 23:15:36 | セントオーディン



まるで着物の帯のような

優美で優しく、膨らみのある柄。







小紋を思わせるような

ジャパネスクパターン!







色は黒地に青磁色と深緑色。




まるで空蝉の世の物語が聴こえるような

浮き出るような柄と色が美しい。




新しいデザインの服となり

命の吹き込まれる瞬間を待っています。





☆ St.ODIM HPはこちら ☆

コメント

チェックonチェックの3つ揃いスーツ

2018-08-26 22:04:14 | 映画鑑賞

 

 

バランスというのは


どんなものにも存在します。

 




例えば、このメンズ三つ揃いスーツ。


ジャケットとパンツはマイクロギンガムチェック。





ベストは大きめのチェック。


という、チェックonチェックの組み合わせ。

 




ここで、このスーツの


マイクロギンガムチェックが


もう少し大きめのギンガムチェックだったなら


ベストのチェックも少し小さめのチェックで


合わせた方がバランスが良かったと思います。

 




しかし、このチェックonチェックの組み合わせは


色と大きさのバランスがなんとも絶妙!

 



マイクロサイズのギンガムは


ほぼ無地と思えるほどのもの。


でもしっかり柄はギンガムとして存在をアピール。

 




ベストのチェックは柄としては


ちょっと大きめのチェック。


しかし、ベストというアイテムが


この大きさのチェックを


品の良いバランスに仕上げています。

 




さらにこの2種のチェックに


使われている色にも注目。

 



グレーとブルー。


グレーの濃淡とブルーの濃淡。


美しく2つの柄が


それぞれを引き立てる色のハーモニー。

 




オシャレ感満載のこの3つ揃いスーツ。


さてどんなチェックonチェックを選びますか?


 


 

☆ St.ODIM HPはこちら ☆ 

コメント

これからの季節に着る、メンズコートデザイン

2018-08-25 23:57:20 | セントオーディン



地球温暖化に伴い、

夏が長くなり、秋が短くなって

一気に冬になる、という季節の中で

「微妙なこの季節、何を着たらいいの?」と

感じることはありませんか?




ちょっと肌寒いけど

冬のコートはまだ早いと思う時に

スーツ生地で作る薄手のコートが

実はとっても便利なのを知っていますか?




名前は「スプリングコート」

秋にも着るのにスプリングコート?!

って思いますよね。



新しい名前を考えてあげないと

ダメだと感じてます。

素敵な名前が思いついたら発表します。




ということで、今はまだ名前は

「スプリングコート」なのですが

これが1年を通して結構重宝するのです。



メンズコートのデザインって

あまり数がないように思います。




だからこそ、デザインは

ジャケットの上にも着られて

カジュアルアップでき、

スーツの上にも着られたら

さらに嬉しい!っていう賢いデザインを。




奥さまのお母様が残された着物の反物で

旦那さま用のコートに。




どこにもないオンリーワンな

コートななりそうな予感!




「スプリングコート」は

誰もが1着は持っていて欲しいアイテム。




このコートの仕上がりを

どうぞお楽しみに!!





☆ St.ODIM HPはこちら ☆
コメント

レースと共にある想いをブラウスにのせて

2018-08-25 17:35:53 | セントオーディン



心躍るものの中には

いろいろなものがありますが

そのひとつが「レース」です。




どうして「レース」に

そんなに気持ちが動いてしまうのか、、、




発端は子供の頃に母が作ってくれた、

ピンクのレースのワンピース。




それは父が所属していた、

山口県フォークダンス協会の下関支部の

クリスマスパーティーで披露する

ダンスの衣装でした。




パーティー用の、それも

普段着るものではないワンピースです。




ピンクのレース。

しかもカーテン生地で作られたもの。


しかし、そのレースの美しかったこと!!

今でも忘れられません。




品のあるエレガントな柄に

あふれる光が透けて。

上質な素材の持つ心地よい肌触り感は

気持ちを高揚してくれました。




そんな想いがレースと共に蘇ります。




そして、考えれば

カーテンを含むインテリア素材を

服地として使うのは

母からの伝統かもしれません。






この美しいレースのブラウスは

そんなレース好きな私が唸る一品。





肩部分と袖を透けさせるデザインは

レースのブラウスの定番!






ジャケットインのブラウスにも

コーディネイトの幅を広げるためにも

1枚はマストなアイテムとして

ラインナップに入れていきましょう。






☆ St.ODIM HPはこちら ☆

コメント

キラキラと光あふれる中でラジオ出演!

2018-08-24 09:10:02 | セントオーディン



[スマホで聴けるラジオ]
ペンペンの"未来の扉を開いてみよう"の

インターネットラジオに出演してきました!




セントオーディンの誕生から現在、

そしてこれから・・・

を、お話させていただきました。




パーソナリティのペンペンさんこと、

乾千嘉子さんは、

セントオーディンのお客様でもあります。




この日もセントオーディンで

オーダーしてくださった

ジャケットを着ての収録でした!






モノトーンの迷彩柄は

目立つけど、目立たない。

個性的だけど、知性的。

ワイルドだけど、エレガント。




日本一ハンサムなキャリアコンサルタントの

乾千嘉子さんに相応しいジャケットです!



彼女のキラキラした知的な笑顔が素敵です。




この放送は

9月28日 (金) 22:30〜23:00

9月29日 (土) 08:30〜09:00

9月30日 (日) 13:00〜13:30

に、スマホでもPCでも聴けます。

ぜひ楽しいおしゃべりを聴いてくださいね!







毎年春5月に主催していた「靱公園バラ祭」を

秋10月に「秋のバラ祭」を計画中!

という告知もさせていただきました!

こちらはまた後日、ご案内しますね〜




☆ St.ODIM HPはこちら ☆
コメント

未来を演出する1着のジャケット

2018-08-23 22:30:25 | セントオーディン




生きていることに感動し、

いつもワクワクする人やものとの出会いがあり

今以上に素晴らしい時間を過ごせるとしたら

あなたはその方法を知りたくはないですか?




例えば、このジャケット。

素材はシャネルのサマーツィード。




生地だけでもとっても素敵です。

だから、

商品になったら素敵なのは当たり前!と

思っていませんか?




でもこのジャケット、

誰もが似合うとは限ってないのです。







このジャケットをオーダーいただいたのは

大阪の帝塚山で

スィーツ工房「Unité ユニテ」を主催している

山田真優美さま。




普段はフランス菓子を教える教室や

洋菓子コンサルティングをされています。



お仕事がらラフな感じのスタイリングが

多いようですが、

講師として生徒さんたちや

洋菓子店のスタッフさんたちの前に

立つ時にはキリッとした印象で、



家族でお出かけの時には

カジュアルアップで、



さまざまなシーンをスタイリッシュになれる

1着のジャケットをご提案させていただきました。



それが、このシャネル素材のジャケット。



着るだけでいろいろな印象になれる、

シルエット。



着ていても動きが自由でいられる

サイズ感と着心地感。



そして長くご愛用いただけるための

山田さまのライフスタイルに合ったデザイン。



きっとこのジャケットを着て

オシャレにカッコよく過ごされていることで

まわりの方々に山田さんのキラキラした

輝きが伝わっていくことでしょう。







これからの素敵な未来をこのジャケットと共に

作って行ってくださいね。



美味しくて美しいフランス菓子の生徒さんが

たくさん増えていかれますように!




☆ St.ODIM HPはこちら ☆
コメント

夏のジャケットはやっぱり麻!

2018-08-01 10:53:29 | レディスオーダーメイド

 

 

今年の夏は毎日のように気温が上がる中、


埼玉県熊谷市では41.1度を観測。


日本の最高気温が更新されたそうです。

 




大阪の街も例年以上に暑く感じます。


ノースリーブ以上に涼しくする方法は???って


いろいろ考えますが・・・

 




やっぱり


麻のジャケットを着ている方が


涼しいって思うんですよ!




知ってましたか?

 


半袖のジャケットじゃないの?!って声も


聞こえてきそうですが


長袖ジャケットですよ!

 





それはどうしてなのでしょうか。

 


それは、


麻の持っている素晴らしい特性が


あるからなんです。

 




麻の繊維は、


天然繊維の中で熱の伝導性が最も大きいので、


体温を奪って速やかに放熱させ、


肌に「接触冷感」「涼感」を与えてくれるので


「涼しい!」って感じることができるのです。

 

 




でも、シワにはなります。


麻なので

 




どころがこの「シワ」により、


体に接する衣類の場合、


接地面積が少なくなることから、


清涼感を与えてくれるという面も


あったりするんです。

 





でも、


麻のシワっていい感じに思いませんか?


キュって握ってできるシワは


直線的で、シャープな感じで。

 

 



その涼しい麻で作ったのが、


こちらのジャケット!




襟付きのジャケットが


取り外してノーカラージャケットにも!


お客様のライフスタイルに合わせて


デザインもご提案します

 




色もとっても素敵!


ヘリンボンという織りが


色とミックスされて


とっても爽やかな美しさです。

 




素材と色。


ダブルの「涼感」をぜひ!

 




ということで、


麻素材を一度お試しアレ!!

 

 

 




☆ St.ODIM HPはこちら ☆ 


コメント