花と緑に囲まれたリビングのような洋服屋セントオーディン[ St.ODIM ]

100%オリジナルのオーダースーツ&ジャケットのアトリエから新作の数々とそれにまつわる素敵なエピソードをお届けします

歴史がどんどん楽しくなる!

2016-12-30 09:39:43 | セントオーディン

 

 

昨夜、セントオーディンで「音楽であの頃を語る今宵ひととき〜My Back Pages〜」の

 

サロンで講談をしていただいている

 

旭堂南陽さん改め玉田玉秀斎さんの襲名披露慰労会を兼ねての忘年会を京町堀で。

 

 

 

 

その時に、襲名披露でお渡しされた
 
 
ご挨拶のパンフレットとお扇子をいただきました。
 
 
 
 
 
 
来年は早速このお扇子を持って
 
 
セントオーディンでの講談サロンにのぞみたいと思います。
 
 
楽しみ〜!!
 
 
 
 
 
 
さて、セントオーディンでのレギュラー講談をご案内です!!


 
第209回サロン「音楽であの頃を語る今宵ひととき〜My Back Pages〜」

<玉田玉秀斎さんのレギュラー講談会>



●日時:2017年1月18日(水)19時開演(18:30開場)

●会場:セントオーディン http://st-odim.com

●参加費:2,500円(お一人様・税込)

●定員:20名



 
参加ご希望の方はお電話かメール、FBのメッセージなどでお問い合わせください。



 
新春、襲名第1弾!


講談ってこんなに面白いの!?ってびっくりですよ!!


講談の魅力をたっぷりと。







歴史がどんどん面白くなる! 楽しくなる! そんな感じです。


えっ、なぜ!?


それは、講談を聞いてのお楽しみです。


まだ講談を聞いたことのない方には、知ってほしいこのオモシロさ!





新年初笑い、ぜひ!!
 
 



 

 

 

コメント

心をとらえる印象に残るコート

2016-12-29 17:45:03 | オーダーメイド

 

 

 
美しい服を着るということは、



 
ある意味ひとつの旅に似ているように思う。







 
まだ見ぬ新しい世界へ自分の足で踏み出す・・・




そんなイメージ。








 
そしてその旅で見るものは



 
決してこれまでと同じものではなく、



 
もしかすると生き方を変えるものかもしれない。











 
自分にとってのその旅は、



 
仕事や人生をもっと楽しく、




そして美しくしてくれるはずだと信じている。







 
このコートを着てお出かけした日を、




きっと忘れないのではないだろうか。









 
魅力たっぷりな笑顔で、颯爽と街を歩く姿が目に浮かぶ。


 
 
ふわっとしたシルエットの中にキュッとしたウェストが印象的だ。






 




シンプルな襟元には




どんなスカーフが巻かれるのだろうか。
 




そんな好奇心すら覚える。








 
後ろ姿にも街行く人たちの視線が吸い寄せられる素敵コート。
 



 
寒い日の街の様子さえも華やかに変える魔法




たっぷりと詰まっている。
 





 
 
コメント (2)

振袖ではなく、オーダーメイドのアンサンブルで

2016-12-28 21:54:16 | セントオーディン

 

 

成人式に大人っぽくアンサンブルで列席したいとのご依頼。

 





シンプルでありながら上品で長く愛用できるものを。





 
色のベーシックなグレー。


 
そのグレーの中でも若々しい杢色を使用したミドルグレー。






 



 
コンパクトなジャケットは大きめのボタンをひとつ。



 
ボタンは生地と同じカラーの



グレーのグラデーションに染めて。





 
たったひとつのボタンにも



1着のジャケットに込められる思いがあります。




 
目立たず目立つものであるように。



 
 
控えめでありながら着る人の思いがそのまま現れるよう。










ワンピースはフレアーの分量にこだわって。



ふんわりしているけれど、広がりすぎず



大人のフレアー感。






 
華やかな振袖の饗宴のような成人式の中、


 
清楚でシンプルなアンサンブルでの列席は目立つのでは、と。





 
でもその目立ち方はきっと、



これから光る小さな原石のようだと感じます。





 
大人の扉を開ける式典に



ずっと使えるとびっきりの1着をオーダーする


 
そんな素敵な女性に今年も出会えました。







 
どうぞ来年の式典が彼女の門出を祝う晴天でありますように。







 
 
コメント

☆ HAPPY MERRY X'MAS ☆

2016-12-24 10:39:32 | セントオーディン

 

 

みなさま、メリークリスマス〜☆

 

素敵なクリスマスを〜☆

 

 

 

☆ St.ODIM HPはこちら ☆ 

コメント

パリコレクションより

2016-12-17 19:27:52 | オーダーメイド

 



パリコレのテーマの第3章「光」から






太陽のワンピース。





太陽の光の粒をイメージしたオレンジ基調の1着。












 
その美しいこと!





太陽の光の粒は、オレンジ、アプリコット、




そしてイエロー。














大小のドット粒の集まりが空間に浮かんでいるイメージ。





上身頃はベースのオレンジ。





スカートの裾もオレンジラインで。








着るだけで太陽をまとっている感覚になるはず。






2017年、太陽のワンピースで春夏を独り占め!!














コメント

グラデーションファブリックのコート

2016-12-16 00:05:06 | オーダーメイド




オシャレに敏感な人へ。




こんな上級者向けのファブリックを



ご存知ですか?





全体がグラデーションなんです!




なんて美しいんでしょう!!









ボタンもグラデーションにして



色を合わせて付けてみました。














それぞれボタンが来る色で染めてます。





デニムに合わせてカジュアルに。





ワンピースに合わせてドレッシーに。




表情をいろいろ変えて楽しむことができます。







後ろ姿も、鏡に映った姿も見目麗しい!




着る楽しみを周りに振りまいて



魅力的なオシャレを!!




☆ St.ODIM HPはこちら ☆

コメント

パリコレクションより

2016-12-15 11:21:51 | セントオーディン




パリコレのテーマの第3章「光」から







ワンピースを作った素材と同じ素材で



ブラウスとスカートのツーピースを。






軽やかにステップを踏みながら



春の季節を楽しんでいただきたくて・・・












コンパクトなオフホワイトのブラウスには




スカートの生地で作った大きなイエローのボタンを。
 



スカートはボックスプリーツでボリュームたっぷりに。




そしてワンピースの胸に入れた同じ刺繍を。













ふんやりと広がるスカートをはいて

 

気分はすっかり空の彼方へ。






空から降り注ぐ太陽、そのままに。





 
心ゆくまで明るく、楽しく、、、そんなイメージで。









コメント

Rails-Teredo with 和田有隆 ライブ、最高でした〜!!!

2016-12-12 18:45:07 | セントオーディン

 

 

 
 
演奏しているレイルステレオさんのファンの方、



もう大興奮です!






12月11日にセントオーディンで行われた、



Rails-Teredo with 和田有隆 ライブの模様です。






 
目の前というより、手を伸ばせば、



そこに・・・的なライブの模様。





 
アットホームで面白く、とっても素敵なライブでした。



 
それにしてもなんとも高い、女子率。





 
それもそのはず、長身、イケメン、



そして音楽の才能◎な
 


レイルステレオさんは



きっと怒ったりすることないんだろうな〜と思われるほど


 
いつも笑顔!

 
 
その自然な笑顔がとってもとっても素敵!!
 
 







1月7日には1年ぶりのMaxi Singleリリースするそうです。



そのフライヤーも笑顔!!!




 
タイトルは「Rollin’(ローリン)」


 
これも楽しみです。











 
ライブは17時30分からでしたが、窓の外はすっかり夜。



 
でもリハの時は、こんな感じ。






 
風が吹くたびに舞い落ちる銀杏を背景にいい絵になっています。









 
 
 
レイルステレオさんのCDにサインをしていただきました〜



 
今日からしばらくはレイルステレオさんの音楽です。



 
お店にいらした方にはレイルステレオさんの音でお出迎えです!
 
 
 
 
 
 
アンコールの時に、セントオーディンからの



クリスマスプレゼントの抽選会を。



 
先日8周年だったレイルステレオさんにちなんで




8個のプレゼントをご用意しました。






 
ひとつはオリジナルで作っていただいたコサージュ。
 


二つ目と三つ目はパリコレの帰りにパリで買ってきた



エッフェル搭の型のパスタ。



 
残り五つはセントオーディン15周年のお祝いに



15万円分のオーダーチケットを。3万円を5名の方に。


 
抽選はレイルステレオさんにひいてもらって。
 


みなさまに楽しんでいただきました〜





 
 
今年のバラ祭のサンデーアフタヌーンコンサートにも



出演していただいたレイルステレオさん。
 

 
来年のバラ祭も出演していただきます。





 
来年のバラ際は5月13日(土)、14日(日)です。

 
 
バラ祭もお楽しみに〜
 







来年もいろいろとどうぞよろしくお願いいたします!
 






 
 

 


コメント

パリコレクションより

2016-12-12 17:33:29 | オーダーメイド




パリコレのテーマの第3章「光」から





春の柔らかな光をイメージした作品です。




オフホワイト、イエロー、オレンジが光を演出します。













光は柔らかさと共に力強さも持っています。





素材感もそんなイメージ。






ドレープ感はありながら、ハリ感のある素材。







そして色は綺麗なイエローで。












胸にはその光を受けて花咲くバラのステッチの手刺繍を。




ステッチ刺繍の糸もシフォンのリボンが




ところどころ結ばれていて愛らしく可愛い!!











このワンピース、シルエットが素晴らしい。




まるで太陽の光のようなワンピースです。




振り返るごとに揺れるスカートが素敵です。

 





ゆる〜く編み込んだヘアがとってもキュート。
 
 



ヘアメイクさんのGood Jobです!!
 







コメント

現役の古の機械

2016-12-10 14:03:12 | セントオーディン

 


 

さて、この機械は何でしょう?






 
 古(いにしえ)の技が光る機械です。


 
こんな機械があることすら知らなかった機械でした。


 
この機械、実はピンキングマシンなんです。







 
ほら、オーダー用の生地のカードを作る時に生地を


 
まっすぐに切るのではなく、

 
 
生地がほつれないようにジグザグに切る鋏のマシンバージョン。



生地屋さんで見せていただきました。









 
この機械、一気に何十枚も切ることができるようです。






 
何でも自動化されたり、ITだったり、AIだったり


 
デジタル化される中で、この機械は手動式

 
 
歯に合わせて生地を置き、ずれないようにしてカットする。

 
 
そして、カードに両面テープを貼り、カットされた生地を貼る。
 


なんてアナログ的な・・・









 

この機械を作っていた会社ももうないそうです。




 
歯を磨いでくれる人も近くにはいない。



もったいないことです。。。







それでも大切に使われ、ずっと現役


 
カードの生地端がピンキングだろうが、



まっすぐだろうが関係ない、と言われれば

 
 
それだけかもしれません。










 
この歯のすごいこと!







でも1枚や2枚のカードではなく多数のカードを使う時、


 
生地の端がほつれない方が嬉しいです。

 
 
だって、テーブルに生地のほつれたゴミが散乱してしまうから。







 
生地のほつれはお客様のお洋服についたり、



他の生地についたりするので。

 
 
 
 
 
 
 
それが、ピンキング鋏でカットされたことで

 
 
ほつれから出るゴミが服につくことが



解消されたらとっても有難いです。







こんなにアナログな機械も



時代を超えていつまでも現役でいてくれたら



本当に嬉しいです。



感動です!
 










 
 


 
 
コメント

パリコレクションより

2016-12-09 16:48:49 | セントオーディン

 



パリコレのテーマの第2章「木」から。





春の芽吹きをイメージをした、



イエローやイエローグリーンのカラーハーモニー。







シフォンの優しい揺れと透け感が



春の香りを伝えてくれます。













描いたのは、新緑のイメージ




木漏れ日を見上げた木々の葉の色













澄み切った青空を背景に




その木々の色に透ける淡い青色を連想させます。








大地の土が育んでくれた木々が芽吹く時、




春の妖精が喜んで空を駆け回っていそう・・・













 

コメント

ゼニアのシルクコレクション

2016-12-08 18:02:57 | オーダーメイド

 


 

エルメネジルド・ゼニアのシルクコレクション。





シルク100%ということで


1年間通して着ていただける素敵な素材です。





特に色合いやその肌触り感が秀逸です。





メンズだとジャケットに。



ちょっと変わりダネだとシャツなんてのもオシャレですね。






レディスはスーツからワンピースまで



どんなアイテムでもこの素材だと品良く出来上がりそうです。











この中でも、特にオススメは



ブラックフォーマル用のこのブラック。






見えるでしょうか?





見にくいかもしれませんが、



美しいチェックの地柄が入っている素材です。



出来上がるジャケットやワンピースの仕上がりが楽しみな素材です。








コメント

パリコレクションから 

2016-12-08 09:17:06 | セントオーディン

 

 

 

パリコレのテーマの第2章「木」から



 
木は芽を出し、花を咲かせます。
 
 
 
そして実をつけ、新たな命を生み出していきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私たちも日々、新しい夢を生み出しています。
 
 
 
もっとこんな風になったらいいのに、
 
 
 
もっとこうなりたい・・・
 
 
 
そう思うことを叶えるために世の中は動いています
 
 
 
 
 
 
 
 
それは、自分自身だったり、
 
 
 
誰か他の人だったり。
 
 
 
 
 
 
 
 
でも、
 
 
 
そこには大切な心をしっかり置いていたいものです。
 
 
 
 
 
 
 
 
木の精霊たちが夢見る世界は、
 
 
 
 
 きっと優しい心で溢れていることでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
新しい命は、
 
 
 
また芽を出し、花を咲かせます。
 
 
 
 
そうしてずっとずっと続いて・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント

セクシーなスィートハート・ネックワンピース

2016-12-07 09:27:21 | オーダーメイド

 

 

アラベスク柄とは、
 
 
 
イスラム礼拝所であるモスクの壁面装飾にみられる美術様式の一つであり
 
 

それをモチーフとした模様のこと。






 唐草模様を主とする植物のツタなどが絡まった反復する模様や



左右対称性のある図柄で構成され、



星形、幾何学模様などと組み合わされている。







何となくそんな柄っていうイメージはあるけれど



結構その柄の意味など知らないことも多かったりするもの。










アラベスク柄もそのひとつ。





このワンピースはアルマーニの素材。

 
 
その柄と色の美しいこと!

 
 
 
 
 
 
 

 



とっても素敵なこの生地で作ったのが、


 

セクシーなスィートハート・ネックのワンピース!!



 

 
胸元からチラッと光る、そんな素敵なワンピース。
 
 
 
 
 
柔らかく女性らしいシルエットそのままに・・・
 
 
 
 
 
通り過ぎた後に鼻をくすぐるパヒュームのような・・・
 
 
 
 
 記憶に残る1着って素敵です。




 
 
 
 
コメント

パリコレクションより

2016-12-06 19:21:55 | オーダーメイド

 

 

パリコレのテーマの第2章「木」から



 
「木」の精霊のイメージ。





 
生き物として必要な水を得て


 
「木」は葉や枝を、伸ばしていきます。







 
空に向かって、



太陽に向かって、



未来へ向かって。







 
黄色、黄緑色、




緑色。






 
芽吹いた若い芽の色が混じり合った美しい色。
 











精霊のように優雅に・・・










 
胸元には



まるで描いたように同じ色合いのビジュー。







 
着るだけで


 
太陽の光を受けた



静寂な木のぬくもりに包まれているような


 
そんな気分にきっとなれるドレスです。
 
 
 
 
 
 

コメント