花と緑に囲まれたリビングのような洋服屋セントオーディン[ St.ODIM ]

100%オリジナルのオーダースーツ&ジャケットのアトリエから新作の数々とそれにまつわる素敵なエピソードをお届けします

第151回St.ODIMサロンのご案内

2015-01-31 15:35:40 | オーダーメイド

 

音楽に思いを馳せて、

夢を追いかけた60年代、70年代、そして80年代。

夢のカタチは様々だった。

 

 



今、湯中で駆け抜けた「あの頃」の仲間たちと

語り合う時間が愛おしい。

 


まだまだ旅の途中だけど、

今だからわかる、今だから語り合える、

そんなあの日のあの出来事・・・。


*  *  *  *  *  *  *  *  *

 

ココロマガジンの新春号vol.8が発売されました。



巻頭ページは浜田省吾さんの特集!



そして歌手生活50年を迎える加藤登紀子さんの

想いのこもったインタビュー。



セントオーディンそのままの

映画「繕い裁つ人」三島有紀子監督へのインタビュー。

私と三島監督のツーショットもお見逃しなく!



さらにジャクソン・ブラウン来日記念の

洋楽千夜一夜などココロ世代への

ココロの栄養満点なマガジンとなっています。



今回のトークライヴは毎回ナビゲーターをつとめる

マガジン編集長の前波豊氏による

マガジン裏話をココロゆくまで語って聴いていただきます




素敵なひとときをぜひご一緒に!



◆主催  ココロマガジン編集局

◆開催日 2015年1月7日(水) 19時開演
              (受付18時30分~)

◆会場  セントオーディン 
☆アクセスはこちら☆ http://st-odim.com/
〒550-0003大阪市西区京町堀1-13-2 藤原ビル2F
tel/06-6459-2377

◆入場料 お一人様 2,000円
       (税込・ワンドリンク&おつまみ付) 

◆主催  ココロマガジン編集部 
     WHOLE EARTH MAGAZINE FM COCOLO

◆ご予約・お問い合わせ
     090-3350-4051(セントオーディン/永井) 


では、


みなさまと出逢えるひとときを愉しみにしております。




☆  St.ODIM HPはこちら  ☆

コメント

「和」と「洋」と。

2015-01-31 11:04:57 | オーダーメイド

 

 

衣装とは、

 

儀式や祭りの場での定式化された衣服。

 

 

また、芸能で出演者のつける衣服とあります。

 

 

 

 

衣装をつけることでそのものになりきったり、

 

連帯感を得たりするものでもあるように感じます。

 

 

 

 

今回は洋楽さらには民族音楽と邦楽を合わせた音楽を手がける

 

和太鼓奏者の方の衣装を作らせていただきました。

 

 

 

まだ仮縫いですので、これから手直ししていきます。

 

ご相談を受けた時に面白い素材があり、

 

ご提案したら気に入っていただけて

 

それで仮縫いをしてみました。

 

 

 

「和」なイメージと「洋」の要素を取り入れた新しい衣装。

 

 

 

それぞれの持つ印象に合わせて

 

そこからさらにイメージが広がって世界へ

 

羽ばたく方々になるように考えるのもデザイナーの仕事です。

 

 

 

素敵な衣装ができあがるのが私も今から楽しみです。

 

 

素晴らしい音楽を多くの方へ届けてください。

 

 

 

 

☆  St.ODIM HPはこちら  ☆

コメント

春がきた!

2015-01-30 10:24:42 | オーダーメイド

 

 

華やかなプリントのワンピースを着て。

 

 

 

素敵なお洋服は

 

着ている本人はもちろん、まわりの人も幸せにします。

 

 

 

だって、お友達が綺麗だったら嬉しいもの!

 

 

 

自分の中にあるキラキラは

 

いつも外へ出るのを待っているものです。

 

 

 

 

 

自分の中にある素敵なものが

 

外へ飛び出したら、ほら春がやってきました!

 

 

 

 

立春ももう目の前。

 

 

 

 

世界は広がっていきます。

 

 

そう思いが広がるように。

 

 

 

 

思いは出逢いと縁を結び、

 

そしてまた笑顔に変わっていきます。

 

 

 

キラキラ輝いて永く愛用できるお洋服に

 

巡り会ってくださり、ありがとうございます。

 

 

 

柔らかな陽射しの下で

 

新しい季節を楽しんでくださいね。

 

 

 

 

☆  St.ODIM HPはこちら  ☆

コメント (2)

素材との出逢いも縁のもの

2015-01-20 10:15:41 | オーダーメイド

 

 

素敵な素材を見つけたら、すぐにGETする!

 

 

それは出逢いだから。

 

 

 

人も、ものも一期一会。




 

次はないかもしれない、この出逢い。

 

 

だから、素敵な素材を見つけたら

 

その出逢いに感謝する。

 

 

 

出来上がりのイメージが浮かんだら

 

 

すぐに着ている場所へ飛んでいこう。

 

 

 

 

 

素敵な素材との出逢いの季節になりました。

 

 

 

 

 

☆  St.ODIM HPはこちら  ☆

 

コメント

春の気配

2015-01-19 12:01:16 | セントオーディン



まだまだ寒い日が続いてますが

靱公園の木々の葉には

春の気配がします。


柔らかな色合いの葉が

優しい陽射しに光っています。



☆ St.ODIM HPはこちら ☆
コメント

和と洋と。

2015-01-11 23:08:46 | セントオーディン



不思議なスーツのご依頼。



洋と和と。


それって?!




創業400年の会社に勤めるお客様。



和と洋と。



イマジネーションを最大に!






☆ St.ODIM HPはこちら ☆



コメント

水の奏でるハーモニー

2015-01-10 09:04:04 | オーダーメイド

 

 

靭公園のバラ園に作られた小さな滝。

 

 

 

その滝から小さな小川が始まり噴水のある池まで流れる。

 

 

 

作られたイメージは大阪平野。

 

 

 

生駒の山から流れ出て大阪湾へと繋がる、そんな構図。

 

 

 

 

その小さな滝に流れる水が

 

公園に来る人々を癒し楽しませてくれる。

 

 

 

小さな流れが人と自然とを結んでハーモニーを創りだす。

 

 

 

水の創りだすさまざまな形。

 

 

その創りだすものは

 

優しいものだったり、激しいものだったり。

 

 

 

 

それでもいつもそこにあってくれることで

 

私たちは幸せになれることを感じていれば

 

それはそのまま伝わるはず。

 

 

 

 

創りだすハーモニーは愛にあふれるものがいい。

 

 

 

 

いつもそこにいてくれてありがとう。

 

 

 

 

 

☆  St.ODIM HPはこちら  ☆

コメント

今宮戎神社へ初献灯

2015-01-09 21:35:47 | セントオーディン



見つけた!



東門らしい。

ものすごく分かりやすいところで発見!






ちょっと嬉しい~







そして、

昨日頂いた俵とセットで

こちらがえべっさんセットです!




もちろん、今宮戎神社では

特別参拝をして

お祓いして頂きました。







笹は北を背にして東向きで定位置に!



今年もたくさんのお客様で

賑わいますように。





ちなみに

えべっさんの笹の後ろにある矢は


映画「レッドクリフ」の

ジャパンプレミアで


金城武演じる諸葛孔明が

一夜にして数万本の矢を奪った

あのシーンを模した船に

刺さっていた1本を記念に頂いたもの。




えべっさんの笹とよく合います!




☆ St.ODIM HPはこちら ☆




コメント

女ですもの、キュートな女を演じてみたい

2015-01-09 17:24:22 | レディスオーダーメイド

 

 

女性らしくフリルジャケット。

 

 

 

あぁ、たまには女ですもの、

 

キュートな服で女を演じてみたい。

 

 

 

セクシーで妖艶に。

 

 

 

品はあるけど高飛車にはならず

 

 

男性をイチコロにできる流し目を持ってて

 

 

 

エロティックな女に。

 

 

 

そう言えば、イチコロなんて言葉はもう死語。

 

 

 

 

憧れのフリルジャケット。

 

 

 

 

自分の中の女の部分を引き出してくれる。

 

 

 

それも美しく、そしてかっこ良く。

 

 

堂々と胸はって

 

 

 

 

今日、女を演じていく。

 

 

 

☆  St.ODIM HPはこちら  ☆

 

コメント

お題は「初日の出」

2015-01-08 22:06:03 | オーダーメイド

 

 

優雅な筆遣いで季節の華を

ひとこと添えた書画を、自分の手で描く。



仕事も遊びも真剣に打ち込む現代人に必要な

心落ち着く丁寧で優雅な時間。



癒しの時。



 




今回のお題も「初日の出」



新しい年を迎えて

ご自身の手で心に映る初日の出を描いてみましょう。






講師:優康(ゆうこう)氏 プロフイ―ル

水墨画を宮下寛昇先生に師事。
墨心会から奈良万葉ホール、太閤園に出展。

2007年10月[ 和み(なごみ)]と題してじないまちterraで個展を開く。
2011年大阪市民交流センターで講座、自宅教室などで
「アトリエたんぽぽ」を主催している。




◆日時 2015年1月23日(金) 18:30~20:30


◆会場 St.ODIM(セントオーディン) http://st-odim.com/access.html

    〒550-000 大阪市西区京町堀1-13-2 藤原ビル2F


 
◆参加費・3,500円(講習料、太筆、顔彩含む) 

 
◆予約・お問い合わせ 担当:セントオーディン 永井
    06-6459-2377 またはinfo@st-odim.com




優雅な墨彩画の世界へ。

 
 
お待ちしております。
 
 
 

コメント

少年っぽく、エレガントに

2015-01-08 09:27:34 | オーダーメイド

 

 

「浅野ゆう子風に街を闊歩します!」

 

 

きっと今の20代には通じないことかもしれないけど

 

「きゃ~、それいいわ~」とすぐに反応できる私。

 

 

 

憧れのスタイルはその時代その時代違うかもしれないけれど

 

 

かっこ良さだったり、品の良さだったり、

 

可愛さだったりに

 

違いはない。

 

 

 

 

だってその人が輝いていたら、

 

それ以上のことは何もないのだから。

 

 

 

ワクワクドキドキできる、そんな服が人を輝かせる。

 

 

どんな時代になってもそれは変わらない。

 

 

 

 

次にご来店の時には


お洒落なbagと合わせていらしてくださいね。

 

 

 

 

☆  St.ODIM HPはこちら  ☆

コメント

鮮やかなイメージが広がっていく

2015-01-07 17:44:53 | オーダーメイド

 

 

寒椿。

 

 

フクシャピンク。



カナリアカラーのめしべとおしべ。

 

 

 

その鮮やかなカラーのコントラスト。

 

 

 

光のあたり具合でそのピンクのカラーがさらに光ってくる。

 

 

華やかに妖艶に。

 

 

めしべについた花粉がこぼれるようにあふれている。

 

 

この美しさ、どこへ閉じ込めよう。

 

 

 

 

☆  St.ODIM HPはこちら  ☆

コメント

特別な日ではなく、日常をスタイリッシュに

2015-01-06 17:15:00 | オーダーメイド

 

どんな言葉よりも

 

まずは袖を通してほしい。

 

 

 

その瞬間しかそれは分からない。

 

 

 

スタイリッシュなシルエットに

 

 

生き生きと感じられるその表情に

 

 

家でくつろぐように自然な動きができる。

 

 

 

 

緊張の中にあるビジネスの時間でさえ

 

 

いつになく豊かな気持ちになれるその瞬間を

 

 

その「服」は作ってくれる。

 

 

 

 

 

☆  St.ODIM HPはこちら  ☆

コメント

みなさまに幸せの「服」をお届けします

2015-01-05 21:06:33 | セントオーディン

 

 

2015年の営業が本日より始まりました。

 

 

早速新春初のお花が入りました。

 

 

シンプルで品があり、それでいて華やかで。

 

美しい華のように、2015年を輝かしてまいります。

 

 

 

みなさまに幸せの「服」をお届けできますように

 

1年どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

☆  St.ODIM HPはこちら  ☆

 

 

コメント

メンズだってお洒落コートを着たい!

2015-01-03 12:00:14 | オーダーメイド

 

  

1着のコートから話題が広がる。

 

 

「見た目9割」って言葉が流行ったことあったけど

 

「見た目からの話題」は果てしない。

 

 

 

「それ、どこの?」から始まるコミュニケーション。

 

 

「派手ですよね」って言うだろうか。

 

きっと言う人が多いだろう。

 

 

 

女性のコートだって、コンサバな色しか売ってない中、

 

男性のコートで色物や柄物を見たことがない。

 

 

エルメスがエルメスオレンジでコートを作っていたことがあった。

 

やっぱり綺麗な色のコートはいい。

 

 

 

 

このコート、ベースは黒に近い濃紺。

 

そこにグレーとオフホワイトとピンクがチェックを作っている。

 

 

その大きさ、そして1本入っているピンクラインが

 

お洒落度をぐぐ~んとアップさせている。

 

 

 

 

着た時には全く見えないのだが

 

こうしてハンガーにかけたり、クロークに預けたりする時に

 

チラッとのぞく裏地がまたキュート!

 

 

 

1本入ったピンクに合わせてラベンダーピンクの裏地を使っている。

 

 

なめらかなその裏地の肌触りも

 

メンズコートとは思えない感覚だ。

 

 

 

とはいえ、メンズコートだってもっとお洒落であってほしい。

 

 

そんな思いを込めたメンズコートを!

 

 

 

☆  St.ODIM HPはこちら  ☆

コメント