花と緑に囲まれたリビングのような洋服屋セントオーディン[ St.ODIM ]

100%オリジナルのオーダースーツ&ジャケットのアトリエから新作の数々とそれにまつわる素敵なエピソードをお届けします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

母の想い出のパンフレット

2014-08-27 09:36:23 | オーダーメイド

 

 

これは、昭和30年代の頃の

 

大阪の梅田にあった北野劇場のパンフレット。

 

 

 

母の思いでの品のひとつ。

 

 

 

この劇場で母はダンサーをしていました。

 

その母の名前が載っていたり

 

舞台の写真が貼ってあったりと

 

その時、その時の想い出を母が取っておいたものです。

 

 

 

 

今から考えると

 

第二次世界大戦終了から十数年。

 

 

それでも街はずいぶん変わり

 

母のようにエンターテイメント産業が流行る時代になっていたのは

 

本当に日本の国の力強さなのでは、、、と思ってしまいます。

 

 

 

残されたパンフレットから溢れるエネルギーが

 

私にも伝わってきます。

 

 

 

 

新しい時代を力強く生きる若者たちが次の世代へと繋ぐバトンを

 

私たちはしっかりと受け継いでいきたいと

 

久々にパンフレットを見て感じました。

 

 

 

 

力強さはデザインにも現れていて

 

ホントにお洒落なんですよね~

 

ため息がでてしまいます。

 

 

 

時代を感じるものもありますが、

 

シンプルなデザインは今、また新しく感じるものです!

 

 

 

 

☆  St.ODIM HPはこちら  ☆ 

 

コメント

着てしまえば見えない裏地にも。

2014-08-25 09:04:37 | オーダーメイド

 

 

 シンプルなエレガントなスタイルの中にも

 

こっそりとお洒落な楽しみも。

 

 

 

裏地は私にとって特別なもの。

 

 

 

ジャケットには、レースを。

 

そしてこのコートにはドットプリントを。

 

 

 

ただハンガーにかかっているだけで

 

とっても幸せな気分になる。

 

 

 

 

着てしまうと見えないけれど

 

それでも幸せを纏っている感覚は

 

とっても素敵。

 

 

 

 

☆  St.ODIM HPはこちら  ☆ 

コメント

秋色。

2014-08-24 18:00:53 | オーダーメイド

 

 

バイカラージャケット。

 

秋色ブラウン×美しピンクベージュ。

 

 

 

広葉樹の落ち葉の色。

 

 

母なる大地の色。

 

 

 

季節の移り変わりと共に

 

色合いも変えて。

 

 

 

 

秋を楽しもう。

 

 

 

 

☆  St.ODIM HPはこちら  ☆ 

 

コメント

仕事服のアンサンブル

2014-08-22 06:39:56 | オーダーメイド

 

 「また、仕事頑張れます!」

 

 

 

仕上がったお洋服を着て試着室から出てこられたお客様が

 

鏡に映った姿を見て一言。

 

 

 

そう、まさしくその通り。

 

 

笑顔で美しく、そしてカッコ良く仕事をしてほしい、と願って

 

作ったのが、このセントオーディン!

 

 

 

 

お客様の一言をいただくたびに

 

それを思い出させていただきます。

 

 

 

愛される洋服たちをお届けできるように

 

毎日毎日、生地を探してデザインして

 

針に糸を通し、そしてお客様の声に耳を傾ける。

 

 

 

 

一生の友となるような

 

物語を作る洋服となるように

 

今日もお顔を思い浮かべながら

 

笑顔で仕事をさせていただきます。

 

 

 

ご縁で結ばれたすべてのかたに感謝します。

 

 

 

 

☆  St.ODIM HPはこちら  ☆ 

コメント

秋冬ベーシック素材

2014-08-21 17:38:09 | オーダーメイド

 

 

やっぱり秋冬の素材は楽しい。

 

暑い夏はいかに涼しく過ごすか、しか考えられないけど

 

秋冬はお洒落し放題!

 

 

 

あったか系の素材は特に好き。

 

 

 

暑い夏にこのあったか素材を触るのも

 

風物詩というか、セントオーディンでは当たり前。

 

 

 

 

夏に「これだとあったかくていいね~」と

 

まるでそこは冬のような会話。

 

 

 

一歩外へ出るとうだるような暑さなのに

 

こんな会話ができるのも不思議なもの。

 

 

 

 

秋冬のベーシックな素材で

 

自分らしいスタイリングを!!

 

 

 

 

☆  St.ODIM HPはこちら  ☆

コメント

清楚さ。

2014-08-15 08:23:40 | オーダーメイド

 

 

いくつになっても

 

清楚さは大切だと感じます。

 

 

 

「清楚」とは、

 

清らかですっきりとしたさまを表し、

 

外見上は控えめで清潔感があり、謙虚な振る舞いをし、

 

慎ましい美しい身のこなしの保守的な女性を表すことが多い。。

 

 

 

日本人がとても好む女性像。

 

 

 

ところが、

 

いや、そうではなく本当はそうではない、と

 

違う女性像を掲げて持ち上げることも多くなりました。

 

 

 

時代によってもてはやされる女性像は違いますが

 

もともと持つ私たちの善しとされる印象を

 

あえて変える必要性はないように思います。

 

 

 

清楚である女性だからこそ、ここぞという時に

 

女性の力が発揮されるのでは、、、とも思うのです。

 

 

 

強がってみても、意気がってみても

 

女性の底力はそれ以上のものがあるように感じます。

 

 

 

だからこそ、恒はそれこそ「清楚さ」を表に

 

ここぞの時まで、力を温存するのも素敵な女性らしさなのかもしれません。

 

 

 

「清楚さ」に歳は関係なく

 

いつまでも美しく、品良く、、、を

 

着こなしていただきたいと思います。

 

 

 

 

☆  St.ODIM HPはこちら  ☆

 

コメント

秋の身支度

2014-08-14 07:12:31 | オーダーメイド

 

 

春や秋の季節が短くなってきているように感じるこの頃。

 

夏がいつまでも長く、そして冬も春の気配の中で長く続くように。

 

季節の長さが少しづつ。

 

 

 

それでも旧暦でみると

 

そんなに外れてはないのです。

 

 

 

昔も今も。

 

 

 

そう思うと、この季節のずれは

 

私たちの心の有りようかもしれません。

 

もう少し、季節に則した生活をする方が

 

いいのではないかという。

 

 

 

着るものにも季節感があります。

 

ずいぶんその季節感も失われてきていますが、

 

今一度、それぞれの季節を感じるものを

 

身につける日を増やしてみてはいかがでしょう。

 

 

 

そのためにも、

 

「身支度を整える」ことを考えていきましょう。

 

 

 

 

☆  St.OIM HPはこちら  ☆

コメント

ワンピースに想い出を重ねて

2014-08-12 21:57:29 | オーダーメイド

 

 

幼い頃、母とお出かけする時は

 

必ず「おでかけ着」に着替えておでかけしてました。

 

 

 

今、その「おでかけ」も「おでかけ着」も

 

使わない言葉となっています。

 

 

 

「おでかけ」は特別なところに行く訳ではありませんでした。

 

 

 

百貨店の上層階にある食堂に行ったものです。

 

食べるのは、オムライス。

 

これが私の想い出の「おでかけ」です。

 

 

 

母は学校の行事の時はよく着物を着ていましたが

 

おでかけでオムライスを食べに行く時は、

 

ワンピースでした。

 

 

 

シンプルなシルエットのワンピースだったと思います。

 

写真のワンピースのようなシルエットの。

 

 

そして私たち娘もワンピース。

 

3人姉妹だったので、3人お揃いもありましたが

 

色違いということもありました。

 

とにかくワンピースでした。

 

母の手作りのワンピース。

 

 

 

それぞれに似合うものを作ってくれていたように思います。

 

 

今思えば、その時に母が私たちにしてくれていたことを

 

私はお客様にしているように感じます。

 

 

 

写真は麻の生地を切り替えた配色ワンピースです。

 

渋い麻の色合いがなんとも素敵な1着です。

 

涼しげで上品で優雅なシルエットになっています。

 

 

 

こんなシンプルなシルエットを好むのも

 

母の影響かもしれません。

 

 

 

素敵な想い出をありがとう。

 

 

 

 

☆  St.ODIM HPはこちら  ☆

 

コメント

夏のリゾートへ

2014-08-11 09:22:46 | オーダーメイド

 

 

夏のリゾートはどちらへ?

 

海?

 

山?

 

それとも街へ?

 

 

 

私は水の近くへ。

 

 

 

真っ白な砂浜に真っ青な空。

 

そして輝く太陽!

 

 

 

それに負けないようなワンピースで。

 

インドのマドラスで作られた太陽の生地。

 

 

 

似合うのは、夏の太陽!

 

 

さて、どこの海へ行きましょうか?

 

 

 

☆  St.ODIM HPはこちら  ☆

コメント

若々しく見せられる大柄チェック

2014-08-10 17:46:10 | オーダーメイド

 

 

無地のスーツと同じように大柄のチェックは

 

若々しく見せることのできる生地です。

 

 

 

歳を取ると年相応に、という言葉もあるように

 

その歳に合うものはあります。

 

 

 

でも年相応より若々しく見えたい時には、

 

思い切ってお洒落しましょう。

 

 

 

 

それには、ちょっと冒険でも、大柄チェックをオススメ。

 

 

 

単色だと初めての方も着やすいし、

 

少しスポーティなイメージも含めて

 

洗練された印象もプラスされて

 

ますます素敵になれます!

 

 

 

☆  St.ODIM HPはこちら  ☆

 

 

 

 

コメント

ロマンティックワンピース

2014-08-10 12:50:46 | オーダーメイド

  

ドレスアップは

 

いつも流行に流されないようにしたいものです。

 

 

ファッションは常に移り変わります。

 

 

まるで生き物のように。。。

 

 

 

でもドレスアップには、

 

変わらないプロトコルも存在しますので

 

ただ流行っているからとかお洒落だからだけでなく

 

流されず、その時その場に相応しいドレスアップを心がけたいものです。

 

 

 

 

鉄板のコンサバドレスも含めて、

 

きちんとした席に招待されて困ったな、と思ったら相談ください。

 

 

 

外交の場や国際的な催し、海外での結婚式へのゲストドレス、

 

出版パーティなど、それぞれの場に相応しい

 

ドレスアップのご提案をさせていただきます。

 

 

 

☆  St.ODIM HPはこちら  ☆

コメント

クラシックな柄が男を語る

2014-08-09 19:04:01 | オーダーメイド

 

 

紺色やグレーのビジネススーツを脱いだ時、

 

どんな服装をされているでしょうか?

 

 

 

ここで、しっかりお洒落感をアピールできなければ

 

大人の男は語れません。

 

 

 

 

デニムに長袖クルーネックに

 

さっと羽織れるクラシックな柄のジャケットが1枚あると

 

ちょっとしたお出かけも一気に楽しくなります。

 

 

 

革靴でも外してスニーカーっていうのもお洒落ですね。

 

ジャケットって素敵なアイテムです!

 

 

 

 

お気に入りを1枚作りましょう~

 

 

 

☆  St.ODIM HPはこちら  ☆ 

コメント

私の好きなヴィトンのワンピース

2014-08-09 09:55:05 | オーダーメイド

 

 

私の好きなシルエットのワンピース。

 

今期のヴィトンのワンピース。

 

 

カラーはコーラルピンク。

 

地柄入りの美しいワンピース。

 

 

5月に行ったパリで撮ったもの。

 

 

 

キュートなラインは私のお気に入り!

 

 

ミューズであるオードリーが来ているシーンを思い浮かべて

 

秋冬のデザインを考案中です!

 

 

お洋服には素敵な魅力があります。

 

着ている服に合わせて

 

その時々の出逢いを、想い出をつくってくれます。

 

 

心に残る1着を。

 

 

 

☆  St.ODIM HPはこちら  ☆

コメント

女らしさいっぱいの夏のチュニック

2014-08-08 19:33:58 | オーダーメイド

 

 

チュニックって私にとっては結構微妙なアイテム。

 

 

 

正直なところ、それを綺麗にお洒落に

 

着こなしている人を今までに見たことがない。

 

 

 

というのもちょっと便利なアイテムなので、

 

それに頼ってしまって

 

コーディネイトやお洒落感を

 

きちんと考えることを忘れてしまうのだ。

 

 

 

手持ちのTシャツやキャミソールなどと安易に合わせてしまうと

 

とんでもないことになってしまう。

 

 

 

それをよし、とする風潮も考えものだ。

 

 

 

 

それでもアイテム的に希望するお客様のために

 

シンプルで大人っぽく着ていただける

 

柄、素材、そしてデザインを考えてみた。

 

 

 

 

着ていただけると裾に配したレースが

 

美しく映えるチュニック。

 

 

 

下着以外はすべて、ご相談をお受けします。

 

こんなものはできるかしら?

 

こんな素材はある?

 

持っているデザインをそのまま使ってほしい。。。

 

 

ご相談はいろいろ。

 

 

お電話でも、メールでもどうぞ。

 

 

 

☆  St.ODIM HPはこちら  ☆

 

 

 

 

コメント

講話感想文!

2014-08-08 14:49:28 | セントオーディン




先日今回で4回目となる大阪市立の中学校の2年生へ

 

職業講話をしに行ってきました。

 

 

職業講話とは、

 

さまざまな職業の方々のお話を聞いて

 

職業に対する理解・関心を深め、将来を見据え、

 

自らの生き方を考えるきっかけ作り、、、、という

 

主旨のもので行われています。

 

 

 

毎回私は、ファッションデザイナーの職業のお話より

 

今、大切なことが何かを伝えられたらいいな、とお話をしてきます。

 

 

 

今回もたくさんの感想をいただきました。(名前は画像処理しています)

 

 

 

今年聞いてくださった生徒さんたちが書いてくださった感想文は、

 

とっても字がきれいでびっくりしました!!!

 

 

 

ファッションデザイナーになりたかった生徒さんからは

 

「お客さんに喜んでもらえる服をデザインできるデザイナーになりたいです」といただきました。

 

 

 

まだ夢を持っていない生徒さんからは、

 

「永井先生がおっしゃっていたように今目の前にあることを

 

いっしょうけんめいがんばりたいと思います。

 

また、先生の話やデザインの絵を見てかっこいいなと思いました。」といただきました。

 

 

 

将来の夢をもっている生徒さんからは、

 

「普段なにげなくしている朝起きや、あいさつにはこんな意味もあるのか、

 

こんな考え方もありのか、と初めて知ったこと、学んだことがたくさんあって、

 

とても勉強になり、そして感動しました。」といただきました。

 

 

 

私の話を聞いた生徒さんたちが反応する話の内容は、みなさんそれぞれです。

 

でもたったひとことでも心に残る言葉があって、

 

これから生活していく上で参考になってくれたら、本当に幸せです。

 

 

 

感想をよませていただいている私自身が、

 

きっと一番多くの気づきをもらっているだろうな~と思いながら

 

今年もこのような機会をいただけたことに感謝しています。

 

 

 

☆  St.ODIM HPはこちら  ☆

 

コメント