花と緑に囲まれたリビングのような洋服屋セントオーディン[ St.ODIM ]

100%オリジナルのオーダースーツ&ジャケットのアトリエから新作の数々とそれにまつわる素敵なエピソードをお届けします

爽やかなシルクスーツ

2008-12-29 11:27:06 | Weblog



シルクのシルバーグレーっていうと

結構シャイニーな感じでちょっと敬遠されそうですが

このシルクの色だと意外と普通に仕事にも大丈夫です。

どちらかといえば地味な部類に入ったりするかも、、、です。



そこでインナーのブラウスは

とっても春らしいシルクシフォンのブラウスはいかがでしょう。

いっぺんに春の花がさいたような華やかさがあります。



シルバーグレーもベタだと地味すぎるので

セントオーディン的には、

春夏には、やはりマリンを意識してネイビーカラーとのバイカラーで。

シルバーグレー×ネイビー。

この取り合わせが絶妙です!



スーツだけどスカートはネイビーベースで。

こちらはネイビー×シルバーグレー。

裾あたりの切り替えは生地をふんだんに使ったバイヤス使い。

そしてさらに裾にシルバーグレーをトリミング。

このちょっとしたディテールが憎いです~!



後姿の美しいこと。

これで歩いたら声かけられること、間違いなしです(笑)

コメント

クリスマス企画★レースシャツ

2008-12-25 16:24:46 | Weblog



定番のシャツの型でコットンレースシャツを作ってみました。

そのレースのしなやかさ。

存在感、美しさ、上品さ。

普段着からお出かけまで大活躍間違いなしの1枚です。



綺麗な円をのエンブロイダリー。



ボタンも生地の品に合わせて、

ほら、可愛くきらりと光っています。

コメント

クリスマス企画★レースブラウス

2008-12-25 16:17:29 | Weblog



ポリエステルシフォンのレースブラウスです。




襟の部分と前立てと、そして前身頃と後身頃に

レースを2枚重ねて作っています。

程よい透け感を残しながらエレガントさを兼ね備えて。



レースも素敵。



袖口にはシャーリングゴムでふんわりとしたギャザーで。

袖部分はシフォンそのままなので、

ちょっぴり透けるのがセクシーです。

コメント

アンティークドール柄のワンピース

2008-12-23 22:08:11 | Weblog



遠目で見ると何に見えますか?

何とも人形の柄に見えませんか?

どこか、ダンスをしているようなそんな人形の柄に。

シンプルなワンピースのラインですが、このシンプルさが柄を生かしているのです。

ほっそり見えるのも、この生地がニットの生地だから。。。



ほら、やっぱり人形柄です。

襟のスタンドカラーがとっても綺麗です。

そして長袖のワンピースも珍しいのですが、

今年はいろいろと挑戦してます。



少し後ろ側につけたポケットです。

この時期、ポケットがあるとちょっと嬉しいですね。

あったかく、そしてちょっとおしゃれにこのワンピースを着こなして!

コメント

麗しきシルクエンブロワンピース

2008-12-23 17:02:56 | Weblog



この美しいワンピースはどうですか?

上身頃に使っているのは、シルクのエンブロイダリーの生地。

ウェストからスカート部分、そして袖部分は毛100%の生地を使っています。

本当に麗しいワンピースができました!




このエンブロイダリーは、サガラ刺繍という刺繍です。

サガラ刺繍とは、

毛糸に近い糸をループにしてふわふわとした感触で作られた刺繍です。

この生地には黒、ベージュ、ブラウンの3色での刺繍が施されています。



ウェスト部分がきゅっと締まってほっそりと見えるようにバランスをとっています。

スカートの裾には、ピンタックが入りさらに上品な印象を作り出しています。

コメント

パリのエスプリ薫るケープセット

2008-12-16 17:22:23 | Weblog



グレンチェックにポイントで入っているのはパープルカラー。

表が起毛の生地を、あえてケープは裏側の起毛なしで。

パンツは起毛を表にして。



パンツだけでもほら、こんなに素敵。




異国情緒を感じるこのコーディネイト。

ボタンは表の起毛部分の生地を包んで作りました。

柄にぴったり合わさずに、ちょっとずらした感じでバイヤスにつけて。



裏地も生地に入っているパープルカラーに合わせてみました。



このケープは、襟のファーを取り外しできるようにしてみました!

用途に合わせて作れるのが、オーダーの素敵なところです!

コメント

おしゃれデザインベスト&エレガンスフラノパンツ

2008-12-16 13:15:16 | Weblog



ブラウスやニット、カットソーの上に着るベストを作りました。

ボリュームのある襟はあたたかさ抜群です。

同系色のストレッチフラノのセミワイドパンツとの相性も素敵です。



肩も暖かく、少しフレンチ気味に。

ほら、オフタートルの襟があたたかそうでしょ!



シンプルなラインですが、ベストにはこんな素敵な柄が入っています。

ことしの冬はきっと暖かい日を送っていただけそうですね。

コメント

優等生なエレガントジャケット

2008-12-14 11:47:09 | Weblog



スラブ糸を使用した生地で表情豊かなジャケット。

シンプルなラインにするためのポケットはつけていません。

生地の表情だけで完成します。



すっきりとした襟明きは、大人のエレガンスを感じさせます。



ボタンは貝を細かくしたものをモザイク状にして集めたもの。

光沢感が生地のマット感と対比して美しい。

たったひとつのボタンもジャケットの大切なディテールです。

コメント

もこもこあったかピンクのボーダージャケット

2008-12-09 12:00:57 | Weblog



こちらももこもこループヤーンのツィードジャケット。

ちょっと丈が長めでお尻のあたりもあったかです。

遠目で見たら、この生地はボーダーになっているのがわかりますか?



生地はこんな感じの生地です。

なんともあったかそうでしょ!

ピンクと微妙に入っている黄色の色が絶妙のバランスを作ってくれます。



襟元もすっきりしているので

生地のもこもこ感はでていません。

あったかなジャケットですが、キリっとした印象で

寒い冬を乗り切っていけますよ!



コメント

オンもオフも独占!ピンクストライプスーツ

2008-12-07 22:20:05 | Weblog



洗練された細身のスーツ。

このスーツの生地は実は、濃紺地にピンクのストライプ。

遠めには全く分からないけど、近付くと「おっ!」と気付く。



ピンクのストライプが見えますか?

上品でキュート、そして大人カジュアルな生地。




裏地もストライプの色に合わせたピンクで。

内ポケットを付けて。



コンパクトなシルエットは後姿にも表れています!

コメント

レトロシックなリバーシブルチェック生地

2008-12-07 21:56:40 | Weblog



表をどっちにしますか?

チェック? それともグレー?

ウール100%のリバーシブルの生地です。

もちろんコートが素敵です。

シンプルにグレーを表にして、ところどころチェックをチラ見せして。

ボタンも可愛くチェックで包んでもキュートです。

シックなグレーがレトロでモダンなチェックと出逢って

エレガントなコートに変身しようとしています!

コメント

チドリチェックのコートジャケット

2008-12-05 22:26:36 | Weblog



ちょっと厚手の生地でコートジャケットを作ってみました。

ジャケット生地だとこれからも季節、ちょっと辛い。

でもコートを着るほどでもないときに

こんなコートジャケットが活躍してくれます。



柄は少し大きめのチドリ。

大胆な印象もありますが、着ると意外としっくりくるベーシックな柄です。



ボタンもオシャレなものをセレクトしました。

チドリの柄に合うシックなボタンです。




ほっそりと見える後ろ姿も魅力です。




コメント

シャギーチェックの誘惑

2008-12-03 20:35:18 | Weblog



「毛むくじゃらで毛深い」って意味の生地をシャギーって言います。

このチェックの生地がまさにそう!


毛羽立った毛足が下の方へ流れているのが解りますか?

はっきりしたラインではなくて

絵の具が流れたようになっているのが、この生地の毛足です。

それほど毛が長くて流れています。


色合いもとっても綺麗。

オレンジとピンクとブルーとネイビーに近いブラック。

この色の組み合わせはきっと日本人にはムリでしょうね。


この美しい生地でコートを作ると着ているだけで幸せになれそうです。

コメント

大人ピンクのスカートスーツ

2008-12-01 23:04:25 | Weblog



フューシャピンクっていうピンクの色をご存知ですか?
紫みの鮮やかなピンク色のことです。
フューシャと呼ばれるメキシコや南米原産のアカバナ科フクシア属の観葉植物の
紫みの鮮やかなピンク色からこの名前が付けられたようだ。

このスーツはそんなフューシャピンクと呼ぶにふさわしい色。
とても大人っぽい色です。

落ち着いた色合いが派手すぎず、地味に見せず
程よい華やかさを併せ持っています。

生地の織りも素敵なこの素材をブラックと合わせて
スーツにしてみました。

ポケットの一部、そして袖の折り返し部分にブラックの生地を使っています。



スカートのウェスト部分も同じブラックの生地を使っています。
ポイントにブラックを使うことでキュっとピンクを引き締めます。



スカートは後裾がマーメイドになっていて
着用時、ヒップラインから裾にかけて
流れるように美しいスカートです。

コメント