花と緑に囲まれたリビングのような洋服屋セントオーディン[ St.ODIM ]

100%オリジナルのオーダースーツ&ジャケットのアトリエから新作の数々とそれにまつわる素敵なエピソードをお届けします

桜の下で愛犬とお花見!

2018-03-26 21:22:11 | Weblog

 


長い冬が終わり


春が一気にやってきました。

 




素敵な陽気に桜が満開!!


思わず、ランチは桜の花の下で。

 


オーディンさんもローズも一緒!!






オーディンさんは今日も元気にしています。

 






すると、


桜の花がはらはらと落ちてきます。 


見ると雀が留まった枝を揺らしています。

 



桜の木の下に集まる鳩たちは


大好物の桜の蕾を見つけて食べています。

 




春桜らしい光景です。

 





お散歩するオーディンの後姿は


どう見ても小熊ちゃんにしか見えません・・・

 




 

今日も素敵な一日でありますように!

 

 



☆ St.ODIM HPはこちら ☆ 


コメント

幽玄の歴史文化に触れるひととき

2018-01-27 19:17:37 | Weblog



京都の金剛能楽堂でお能の会。


この日はただお能を見るのではなく

お能について詳しく解説をしてくださり

それを聞かせていただきながら

楽しませていただきました。






観終わった後は、

舞台を背景に写真を撮っていただきました。



その後、普段触れることのない

能面や鼓などを体験させていただきました。






般若の面。



これは、恋に破れた女人が

相手を焦がれる思いから怨み鬼へと

変幻してしまうという面。



なんとも幽玄の世界!



恋しくたまらない気持ちは

650年前も現代も変わらないのですね。



その後、大鼓の体験では

初めてでしたが、我ながら良い音を出せました。



舞台の上で鳴る大鼓の音が

心臓に響き、その音に近づきたいと

大鼓と一体になるように叩いてみました。



体験後に大鼓の増井保彦氏に

お褒めいただきまして、大変嬉しかったです。



普段ただ観るだけより

こうしてその世界に触れることで

新しい発見や感動が生まれるものです。




機会がありましたら

みなさまとご一緒しましょう。



素敵なご縁をくださった増井氏に

感謝します。




☆ St.ODIM HPはこちら ☆
コメント

Merry Christmas !!

2017-12-25 13:34:16 | Weblog

 

みなさま、メーリークリスマス!!

 



昨日のイヴ、そして今日のクリスマス、


どうお過ごしでしょうか?

 



ご家族と大好きな人とお友達と


あるいは、お仕事の人も


ひとりでいる人も


それぞれのクリスマスですが


いつも暖かくいてください。

 




そして笑顔で!!

 

楽しいクリスマスが毎年過ごせますように。 

 


 


☆ St.ODIM HPはこちら ☆

 

コメント

愛するバラたち

2013-06-26 09:12:44 | Weblog


美しいバラがまだ靱公園に咲いています。

雨に濡れたその姿がまた優雅です。

大好きなバラのプリント生地が入荷しました。

綺麗な生地を見ながら
夢のお話をしたいので、ぜひ見にいらしてくださいね。

>☆ St.ODIM HPはこちら ☆
>

コメント

ワガママ色見本帳

2012-12-17 09:57:43 | Weblog

 

「こんな色があったらいいのに~」

お洋服を探していてそう思うことはありませんか?

思った色がないから、このあたりで我慢しようか、、、なんて。

普通は、お店にあるお洋服を選んで買うということしかできません。

でも自分のイメージをそのまま創るってことも

できるんだ!ってことをもっと知って欲しい~


その心強い味方。

この色見本帳。

シルクやウール、麻やレーヨン、いろいろな素材の

ベーシックな素材の多彩な色を展開してます。

 

 

欲しいお洋服がなかったら、一度ご相談を!

オーダーするって「高いから~」と尻込みせずに、ぜひご相談を。

 

実際、お店にあるものを買うよりははるかに時間もお金もかかります。

でも妥協して買ったお洋服の出動機会はきっと少ないはず。

それよりも何度も何年も着れるイメージあったものを

ちょっと高いけど創る方がコストパフォーマンスもあったりするんです。

 

さらに出来上がるまでの長い時間を楽しみに待つのも

ちょっとしたオーダーの醍醐味です。

待ってる間には、仮縫いなんかもあって

イメージをさらにイメージに近くしていけるのです~

新しい季節を前に、一度お店に遊びにいらしてください。

 

☆ St.ODIM HPはこちら ☆

コメント

コットンレースで幸せに

2012-12-16 13:32:12 | Weblog

 

寒い冬には暖かくなる冬の素材。

暑い夏には少しでも涼しくなる夏の素材。

1年を通して着ていただける素材に、コットンがあります。

写真のように素敵な全面刺繍のコットン素材で、

シャツやブラウスをお作りいただくととってもエレガントに。

少し厚手のレースのコットン素材だとジャケットやスカートもOK!

レース好きな私は常に世界中のレースを探してます。

 

 

☆  St.ODIM    HPはこちら  ☆

コメント

スタイリッシュなメンズコート

2012-12-16 12:41:16 | Weblog

 

こだわりがぎゅっと詰まったメンズコート。

「お客様がこんな風に作りたい」、「こんなことはできないのか?」という

我が儘なご依頼の内容を型にしていきます。

 

いろいろなテーラーで断られて、作ってくれるところを探していらしたお客様。

素材は光沢のあるウール素材。

生地で見ていると結構な艶感でしたが、出来上がりは程よいマットな艶で上品に。

 

全体的にとってもタイトなシルエットの上に

サイドベンツ(脇ラインにベンツ)&センターベンツ。それもかなりの深さ。

「これでええんか~?」と何度も職人さんに聞かれた仕様。

さらにフロント部分はダブルZIPでシンメトリー仕様に。

このZIPは何を隠そう、たった1着だけのためにオリジナルで作ったもの。

ZIPの製作期間だけでも1ヶ月。

それでもOK?とお聞きしてのオーダーでした。

思った以上にマットな感じの仕上がりにご満足いただけたようです。

 

 

 

一つボタンはお客様からのお預かりのボタンをお付けして。

美しい彫りの柄に入った貝ボタン。

ボタン横から裾にかけて緩やかな斜めのラインを描きます。

このラインも気に入っていただき、ちょっと嬉しい。

 

ご来店いただき着ていただくとホントにぴったり!

「サイズが変わらないようにしないと。」と。

「オーダーですので、サイズはお直しできますよ」と申し上げると

「いや、それでは作った意味がないでしょう」と。

こだわりを感じる一言でした。

「これからのシーズン、お酒もご飯も誘惑の多い日が続きますので

ご注意ください~!」とお見送りをさせていただきました。

 

「同じ形で固い素材で作ってもらうかもしれませんので」と

次回のオーダーの予感もされながらのお帰りになられました。

素敵なコートライフをお楽しみいただけたら嬉しい限りです。 

 

 

☆  St.ODIM    HPはこちら  ☆

コメント

憧れのオードリーのように

2012-12-13 08:55:10 | Weblog

 

オードリーヘプバーンが着るとしたら、きっとこんな風?

ミューズはオードリー。

デザインをして製作する時の基準もオードリー。

お客様のご希望もそんな感じで。

長く愛用していただける素材やシルエットで。

ブラウスやTシャツ、ニットを合わせて

季節、季節を楽しんでいただきたい、と願っています。

 

 

☆  St.ODIM    HPはこちら  ☆

コメント

ホワイトベアーに

2012-12-12 22:21:24 | Weblog

 

クリスマスに登場するホワイトベアー。

サンタのお洋服がとってもキュート!

まさにトレンドのチェックワンピース&もこもこケープ!

今年は真っ赤なハートを抱いて。

暖かい大きな愛をあなたに~☆

 

☆ St.ODIM HPはこちら ☆

コメント

冬の光に愛されしコート

2012-12-12 09:41:28 | Weblog

 

サンクチュアリの空、海を想像させる美しい色。

そこから広がる色の世界への旅が

このコートを着ることから始まります。

 

緑生い茂る森、光溢れる花園、

風吹く砂浜、どこまでも続く海。。。

 

サンクチュアリの扉が今開かれます。

 

☆ St.ODIM HPはこちら ☆

コメント

シックで粋な知的ゲーム

2012-12-12 09:19:59 | Weblog

 

仕事も恋も人生も最もスリリングでドキドキのゲームに似てる。

その主役を引き立てる1着のスーツ。

ストライプのラインが美的に知的にスタイリングを完成させる。

ステージをひとつクリアするたびに日常と夢とが交錯する。

 

さぁ、大胆にスタートボタンを押してみよう!

 

☆ St.ODIM HPはこちら ☆

コメント

遥か遠くイングランドを夢見て

2012-12-10 17:53:11 | Weblog

 

待つこと数百年。

時は移り変わり平成の世に。

まだ日本に洋服が存在しなかった時代。

イングランドでは、華やかりし時代が海を渡っていた。

そんな時代を彷彿させるイングランドの生地。

羽織るだけでその時代の息吹を感じられるよう。

 

永遠なるスタンダードが今、時代を創り始める。

 

☆  St.ODIM    HPはこちら  ☆

コメント

永遠にロマンティック

2012-12-10 11:04:38 | Weblog


 

女性はいつまでもロマンティックな女の子の心を持っています。

それは、ママになってもおばあぢゃんになっても一緒です。

昔、おばあちゃんに素敵なレースのハンカチーフを

お誕生日にプレゼントしたことがありました。

嬉しそうにいつまでも眺めて、

ちょっとしたお出かけには必ず持って行ってくれてました。

それ以来、可愛いレースの小物を探すようになりました。

 

いつも可愛い素敵なものに包まれていると

幸せになれるのだとちょっと思った瞬間です。

 

☆ St.ODIM HPはこちら ☆

コメント

街へ

2012-12-10 10:30:36 | Weblog

 

街はクリスマス。

キラキラ、キラキラ。

美しいイルミネーションでいっぱい。

マダムな装いでのお出かけは、こんな感じで。

街のお洒落人たちが振り返ります。

シンプルなジャケットにタイトスカート。

このベーシックなスタイリングこそが最大の魅力に。

 

このマダム、とても60代なんて信じられません。。。

美しさは年齢を経るごとに増して行くんですね。

素敵に歳を取っていきたいものです。

 

☆ St.ODIM HPはこちら ☆

コメント

幸せの扉

2012-12-10 09:39:00 | Weblog

 

生まれてからいくつの扉を開きましたか?

初めてこの世界へ来た時。

受験で進学した時。

初めての社会人になった時。

愛する人と結構する時。

素敵な扉だったことも。

重くて開かなかった扉や仲間と一緒に開けた扉。

様々な思い出が扉ひとつにもあるはず。

 

人生の中で一番輝く日、結婚式。

その素晴らしい扉を開くお手伝いをいたします。

記憶に残る素敵な時のために。

 

☆ St.ODIM HPはこちら ☆

コメント