Flour of Life

煩悩のおもむくままな日々を、だらだらと綴っております。

「平清盛」第28話。

2012-07-16 00:12:39 | 大河ドラマ「平清盛」


「平清盛」第28話あらすじはこちら。

源義経役、発表されましたねー。「義経」で牛若丸を演じた神木隆之介君の再登板だそうです。
神木義経には「SPEC」のニノマエばりに平氏を大量殺戮してってほしいですねー。
ついでに平氏側に当麻と瀬文がいれば言うことありません。


さて、清盛と義朝の謎の一騎打ちで終わった平治の乱。後白河上皇の豚足こと藤原信頼は斬首、
戦場から逃げのびた源氏の武士たちも、自刃したり捕まって首ちょんぱされたりして、平治の乱の
負け組はどんどん減って行きます。正清の舅を頼って尾張に逃げ込んだ義朝と正清も、もはやこれまでと
悟ってお互いを刀で刺し貫いて絶命してしまいました。平治物語では、義朝は風呂に入っているところを
襲われて死んだとされているそうですが、今年の大河では残念ながら玉木宏の入浴シーンまたの名を
サービスシーンはありませんでした。とはいうものの、これまでずっと苦楽をともにしてきた正清に
「いままでずっとありがとう!」と別れの言葉を告げ、その後いっせーのーでのアイコンタクトで互いの命を
絶ったという演出はかなーりぐっときました。正清よりも義朝のほうが絶命するのに時間がかかってましたが、
あれは正清が主人にちょっと遠慮しちゃったんでしょうか。最期の場面は、
「そういえば正清は義朝の代わりに為義の首を斬ったんだよなあ…」
なんて思い出しながらしみじみ見てました。

そういうわけで、義朝と正清は今週退場となりました。私は、趙和さんをじっくり見るのはこのドラマが
初めてだったのですが、正清を演じる趙和さんを見てすっかりファンになってしまいました。
なのでこの正清役をきっかけにブレイク…してほしいけど、視聴率がアレだから無理かもしれない。。。
この次に見られるのはいつになるかなぁ。なるべく早くがいいなぁ。

今回の見せ場は、義朝と正清の最期と、平氏に捕えられた頼朝への処遇、牛若を連れて清盛のもとに出頭する
常盤御前と、源氏サイドによるものばかりでした。平氏って、清盛以外キャラが立ってる人がいないのよね。
それこそが既存のイメージ通りの平氏なわけですけど。清盛以外の平氏サイドで今週目立ったのは、時子と
池禅尼くらいでした。池禅尼の描写はこれいるんかいな、と思ったけど。逆に時子さんはよかったです。
常盤御前を側室にすることを、「妻が恐いから」と拒否した清盛に、「私はそんな悋気な女じゃないわよ!」と
キレ田のかと思いきや、実は義朝を失った清盛の心情を慮っていたというのに、器のデカさを感じました。
この時子が壇ノ浦で…と想像すると今から目頭が熱くなります。

今週、最初のほうで少し出ただけだけどインパクトがあったのが、後白河上皇でした。助けを求めて仁和寺に
やってきた信頼と成親を、「長恨歌」を引用して突き放す場面は、上皇のドSっぷりが感じられてゾクゾクきました。
そのあまりのしたたかな立ち回りは、保元の乱も平治の乱も、ほんとはこの人が裏で糸引いてたんじゃないの?と
勘ぐってしまうほど。いやしかしそれにしても美形がキレると迫力ありますね。松田翔太にまなじり釣り上げて
睨みつけられたら、そりゃ豚足だって何も言えませんわな。

今週は美味しいところをほとんど源氏にもってかれた清盛でしたが、クライマックスの頼朝と対峙する場面は
ケンイチさんの押し殺した、すごみのある演技に圧倒されました。これまでみたいに、怒鳴ったりオーバーアクション
したりしなくても迫力のある演技はできるのだから(というかケンイチさんはあまりしゃべらないほうが
いい演技してる…と思う)、これからも役者を信じて、説明過剰にならない脚本&演出で進めていってほしいです。
あと、頼朝がいきなり義朝にすり替わってるという演出は、言いたいことはわかるけどちょっとすべってました。
あそこは頼朝&清盛と義朝のウフフアハハな青春時代の回想くらいでよかったのでは。死んだと思った義朝が
いきなり出てきたから、おいちゃんびっくりしちゃったよ。

来週は滋子が再登場&あの後白河上皇とフォーリンラブするらしいです。成海璃子ちゃんは大好きなので、
登場は嬉しいのですが、なぜあの髪型なのか…予告を見るだけでも髪型に関するエピソードで時間を割かれそう
なのが気がかりです。せめてハチクロのはぐぐらいのゆるふわウェーブだったらよかったのに!

あと、頼朝役の中川大志君とか見てると、主人公たちの少年時代はやっぱり年相応の俳優にやらせればよかったんじゃ
ないかなーと思いました。ケンイチさんや玉木宏が10代の役を演じてた時と比べると、受ける印象が全然違うから。
来年以降の大河では、NHKさんにはそのへんをもっと考慮してほしいですね。
(来年の大河のキャスティングはもうほとんど決まっちゃってるけど)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
« スティーグ・ラーソン「ミレ... | トップ | ART SETOUCHI 夏~七変化~ ... »

コメントを投稿

大河ドラマ「平清盛」」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

15 トラックバック

【平清盛】第28回 (ドラマ@見取り八段・実0段)
源氏の義朝(玉木宏)は敗れた。京で平氏の清盛(松山ケンイチ)は、尾張の地で義朝が 果てたことを知るが、嫡男・頼朝(中川大志)を何としても捜し出せと命ずる。 その頃、鬼若(青木崇高)にかくまわれ...
平清盛 第28回 友の子、友の妻 (レベル999のgoo部屋)
『友の子、友の妻』 内容 ついに一騎討ちにて、義朝(玉木宏)に勝利した清盛(松山ケンイチ) 「武士とは勝つことじゃ。いかなることをしてでも、勝ち続ける事じゃ」 義朝は、頼朝(中川大志)らとともに東国へ落ち延びようとしていた。 だがその途中、頼朝がはぐれ、 ...
大河ドラマ「平清盛」第28話 (またり、すばるくん。)
第二十八回「友の子、友の妻」   
平清盛 #28「友の子、友の妻」 (昼寝の時間)
公式サイト 落ちのびる途中の義朝親子と正清。頼朝がはぐれた理由は、髭切を探すため
大河ドラマ「平清盛」 第28話 あらすじ... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
敗戦の将--------------。いよいよ義朝最後の時。ずっと併走して、源氏と平氏の戦いを見せてくれた義朝の存在はとても大きかった。ここまでお疲れ様でした、玉木さん♪敗軍になった源氏...
大河ドラマ「平清盛」第28回 (日々“是”精進! ver.F)
清盛、公卿に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201207150004/ 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-05-30売り上げランキング ...
大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男28義朝自害!清盛は頼朝と常盤御前を殺さず指を咥えて武士の繁栄を見ていろと処分を下した (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「平清盛」第28話は平治の乱に敗れた義朝は東国へ落ち延びるが途中で頼朝ははぐれてしまった。一方首謀者の藤原信頼らの処分は後白河上皇が処分を清盛に一任し、清盛 ...
【平清盛】第27,28回感想と視聴率 (ショコラの日記帳・別館)
【第28回の視聴率は、7/17(火)追加予定】 源義経役、神木隆之介君が演じるそ
【平清盛】第27,28回感想と視聴率 (ショコラの日記帳)
【第28回の視聴率は、7/17(火)追加予定】源義経役、神木隆之介君が演じるそうです。神木君は、2005年の大河ドラマ『義経』でも滝沢秀明演じる義経の幼少時代を演じており、別作品で...
『平清盛』 第28話「友の子、友の妻」 (英の放電日記)
保元の乱の直前辺りから、別のドラマのように面白くなっている。 しかし、1話ごとに区切って観ると評価は高いが、ドラマの繋がりを考えると、不満(疑問)点は多い。  先週から今週について言うと、清盛(松山ケンイチ)と義朝(玉木宏)の一騎打ち(前話単独で観ても....
平清盛 第28回 「友の子、友の妻」 (青いblog)
清盛 「お前がおらぬこの世で、武士が頂に成る世を築いていかねばならぬ」「乗り越えてこその武士じゃ!」「その時こそ思い知れ!指をくわえて眺めておれ!」 こういうの、クサイですか…? 私はここ、感...
「平清盛」 第28回、友の子・友の妻 (センゴク雑記)
大河ドラマ「平清盛」。第28回、友の子・友の妻。 平治の乱が終わり、戦後処理に入ります。 友の子・源頼朝と友の妻・常盤についての話。
平清盛、嬲り殺しになった長田父子!! (函館 Glass Life)
「正清、木登りはお終いじゃ!!」、その一言で義朝が死を覚悟したと悟った 正清。 何とも美し過ぎる主従関係です 義朝は武士として潔く死のうとしたのでしょうが、清盛は違います。 美しく死ぬより生き続ける方が苦しいと… 義朝にとっては千載一遇のチャン...
NHK大河ドラマ「平清盛」第28回「友の子、友の妻」 (真田のよもやま話)
友の子を助けて、友の妻をモノにして?いやああ、それはどうなんでしょう清盛様。後々を考えたら、その選択は命とりなのではないかしらあああっ??? とうとうここまで来ちゃいましたねええ。本日で左馬守様ご退場で、頼朝様は島流しで、常盤様が・・はあああああっ!ん...
『平清盛』 第28回「友の子、友の妻」 (ふるゆきホビー館)
JUGEMテーマ:大河ドラマ謀反のトップとして追われる信頼は、仁和寺に逃げ込んでいました。彼には、ひいきしてくれた後白河上皇なら許してくれる、という期待があったのです。しかし、意味ありげに「長恨歌」をうたった上皇は、平氏の武士団に信頼を捕らえさせました。そ...