Flour of Life

煩悩のおもむくままな日々を、だらだらと綴っております。

「夜行観覧車」第7話。

2013-03-01 23:56:39 | テレビ・ドラマ


引き伸ばし感満載でダルダルだった先週に比べ、今週の第7話は少し動きがありました。といっても
先週がひどすぎたからそう思えるのであって、今週も充分ダラダラしてました。
もうね、あの特命係長刑事が「どや!」って感じで出てくるたびにイラッとするんですよ!
啓介の車を追い越す場面だって、「泳がしてやってるんだぜ」的な余裕の表情かましてましたけど、あの場面、必要?
啓介も啓介で、手すりの修理に行ったお得意さんちの裏山に凶器のトロフィー埋めるなんて超迷惑でしょ!
このドラマに出てくる人は皆ズレててほんとイライラします。それがリアルっちゃリアルですけど、ドラマですから
もうちょっとカタルシスとかブレイクスルーとかあってもいいんじゃねーの?と思います。

今週は、真弓・啓介・彩花・さと子のそれぞれに動きがありましたが、その動きにいろいろと無駄が多くてテンポが
悪かったです。真弓は相変わらず娘より高橋家の子供たちばかり気にかけてて、特命係長刑事にまで
「向いの家より自分ちのほうを大事にしろよ」なんて諭されててイライラするし、啓介の回想シーンで、啓介が淳子から
凶器のトロフィーを預かったくだりがはっきりわかったのはいいけど、なんでそこまで必死になってトロフィーを
隠し続けるのかがわからないし。真弓も啓介も、向かいの高橋家に干渉しすぎです。高橋家に自分たちの理想を
押し付けてるから、その「理想の家族」を守ろうとムキになってるんでしょうか。虚しい話だなぁ。

彩花は彩花で、志保に勝手に因縁つけられてかわいそうだなーとは思うんですが、志保たちには無抵抗すぎてこれまた
イライラします。原作の彩花は、クラスメイトの志保たちに見下されてはいるけどいじめられてはいなかったので
(いじめの対象にすらされないほど存在感が無かった)、彩花が一方的に志保たちにやられっぱなしなのには「?」です。
もっとも、もし脚本が野島伸司だったら彩花へのいじめはこんなもんじゃなかったでしょうけど。野島伸司なら彩花は
志保たちに無理やり援交させられてると思います。(昔の野島ドラマでそういうのあった)

先週あたりから、もともと外れていたタガがさらに外れて宇宙のかなたに飛んでってしまった小島さと子は、いとしの
マー君からついに「もううんざりなんだよ!」と引導を渡されてしまってました。マー君、嫁と子のためにはっきり
言ったのはえらいけど、遅いよ…事件が起きる前にもっとびしっと言っててくれればよかったのに。

ひばりが丘マダム達からハブられ、愛するマー君にも拒絶されて悲しみのどん底のさと子も、何をしでかすかわからなくて
怖いですが、今週一番怖かったのは真弓おかあさんでした。いつものKY&いらんことしいで志保たちに余計なひとことを
言って彩花を窮地に陥れるその手腕は、まさに「天使のような悪魔の笑顔」。淳子もよくこの人に自分の子供を任せられたよなぁ…。
暴れまわる我が子を押さえつけて、からあげを口にねじこむ人なのに。ちなみにこの場面、原作では真弓は彩花の首を
絞めてました。さすがにテレビではNGだったんでしょうね。彩花を押さえつけてる時の真弓の表情そのものが、テレビで
流していいものか迷うレベルで怖かったですが。

真弓は彩花に「病院行こう」って言ってましたが、真弓の発想だと病院っつても内科とかせいぜい婦人科で、心療内科とか
カウンセリングとかは思いつかないんでしょうね。これじゃ彩花だってひばりが丘に越してから3年近く、毎日ずっと
暴れ続けてきた甲斐がないってもんじゃないでしょうか。真弓は彩花のSOSに気づかなすぎだし、彩花はSOSの出し方が
下手くそすぎです。似た者親子ですね。

高橋家の窓ガラスを割ったぬれぎぬ(原作では彩花は割ってない)を着せられて、いつもの5割増しで暴れまくる彩花を
真弓が力で押さえつける場面は原作のクライマックスですが、このドラマはまだ残り3話もあります。スタッフはどうやって
あと3話も持たせる気なのでしょう?絶対テンポが悪くなると思うんですけど。残り2話で本編終わらせて、最終回は
完全エピローグにするのかな。「事件から〇年後のひばりが丘」とか。まあ、そうなると最終回の視聴率がアレに
なっちゃいそうですが…。

寒空の下、逃亡生活を続けている慎司は精神的にも肉体的にも限界がきたのか、警察の前にたたずんでました。
予告では来週、とうとう逃げるのをやめるみたいですが、やっぱり慎司が真犯人扱いされちゃうのかな。今週も
啓介の回想シーンなんかで、“弘幸を殺したのは慎司で、淳子はそれをかばっている”って思わせるような描写が
ありましたし。いくらなんでも、ドラマと原作で真犯人を変えることはないだろうと思いますけど、原作からどんどん
かけ離れた内容になっているこのドラマなら、もしかしたら犯人を変えちゃったりもするかもしれません…。

コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« ジャンボフェリーでお買い物... | トップ | 映画「ライフ・オブ・パイ ... »

コメントを投稿

テレビ・ドラマ」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

【夜行観覧車】 第7話 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
向かいの家の事件にこれ以上関わらないほうがいいよ。 友達の家より、 自分の家の方が大事だよ。 夜行観覧車 第7話    彩花がどうしてあんなに荒れているのか、啓介には解らない。 真弓も言...
夜行観覧車 第7話  (レベル999のgoo部屋)
『事件の夜夫が見たモノ…狂った母2人』 内容 事件の4日後。 淳子(石田ゆり子)に呼び出された真弓(鈴木京香) 「私が主人を殺したの」 思わぬ淳子の告白に動揺する真弓。 そこに結城(高橋克典)が現れ、淳子は任意同行を求められるのだった。 動機も不明。凶器も...
夜行観覧車 (第7話・3/1) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
TBSテレビビ系ドラマ『夜行観覧車』(公式)の第7話『事件の夜夫が見たモノ…狂った母2人』の感想。 なお、湊かなえ氏の原作小説は未読。 面白くないとは思わないが… 相変わらず、事件に関係あり...
夜行観覧車 第7話 (ぷち丸くんの日常日記)
真弓(鈴木京香)とショッピングモールで会っていた淳子(石田ゆり子)が結城刑事(高橋克典)たちに確保されます。 淳子は自分が犯人だと自供を始めますが、どうも動機とか凶器の話になると曖昧です。 ...
夜行観覧車 第7話 (ドラマハンティングP2G)
第7話「事件の夜夫が見たモノ…狂った母2人」2013.3.1 2013年、事件四日後。 張り詰めた顔で車を運転する啓介(宮迫博之)。カーラジオからは、淳子(石田ゆり子)が、夫・弘幸(田中哲司)を殺害したことを認めたというニュースが聞こえる。啓介は何度もバックミラーを...
夜行観覧車で僕は震えている(中川大志) (キッドのブログinココログ)
唐揚げじゃないのかよ。唐揚げ、唐揚げ、植木鉢の土のついたレタスで娘を黙らせる母とかで。 だって、はじめて関係者が観覧車の乗客になったんだぜ・・・何を書くのか・・・これでしょ。 お前、観覧車好きだもんな・・・。 そうだよ。のんびりしているようで・・・あんな...
夜行観覧車 第7話:事件の夜夫が見たモノ…狂った母2人 (あるがまま・・・)
真弓、怖いよぉ~!ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!! それ以上、口にモノを詰め込んだら、彩花死んじゃうよ~! だけど、やり過ぎではあるけど、本気で子に立ち向かったら親は怖いんだぞと 彩花にわからせるにはいい薬になるかも・・・ てか、いつもオロオロするばかりだった...
《夜行観覧車》☆07 (まぁ、お茶でも)
<娘がなんで荒れてんのか正直よくわかんないんですよね。 私自身 反抗期らしい反抗期もなかったですし 親にケンカ売って得になることなんか何もないすからね なんでですかね。何が気に入らにのか  かみさんも、また、言わなくいいこというんですよ。言わなきゃいいのに...