Flour of Life

煩悩のおもむくままな日々を、だらだらと綴っております。

「天地人」第2話。

2009-01-11 23:17:12 | 大河ドラマ「天地人」



今週のくわしいあらすじはこちらで↓ 
大河ドラマ「天地人」公式サイト


先日Yahooのニュースで知りましたが、今年の大河は例年より1ヶ月早く終わるんですね。かわりに12月は「坂の上の雲」の第1部をやるんだとか。なんかもったいないような気もしますが、主人公のネームバリューを考えたら少し短くなるくらいのほうがダレないのかも。なーんて。


さて、今週の「天地人」を見た私の感想は、

与六よ、お前はツンデレだったのか!!

…です。だって与六の言動を要約(?)すると、

「べ、別に私はこんなところ(等々力警部の寺)になんかいたくないんだからね!
あんた(喜平次)がどうしてもって言うから仕方なく一緒にいてやるんだからね!!」



…てな風になりやせんか?あ、ならない?そうですか…すごすご。

今週で子供時代が終わりと聞いてましたが、45分のうち半分以上を使って、与六と喜平次が主従の関係を結ぶまでを描くとは思いませんでした。だってオープニングにモニカと笹野さんの名前があったから、もっと織田方の話も出てくると思ったんですよぅ。まあ、信長よりも信長らしい阿部ちゃん輝虎が何度も出てくるからこれでいいのか(←えぇ?)。


子供時代の与六と喜平次の話に戻ります。先週のラストからずっとお家とママンが恋しい与六は、鉄砲を持って寺にやってきた父・高嶋弟に飛びつき、子供らしく甘えていました。まだ五つの甘えたいさかりだから仕方ありませんが、いくら本人がやりたがってるからってあんな小さい子に鉄砲持たせるのってどうよ。普通に考えて危ないだろ。あと、この場面で無邪気に鉄砲を持ってはしゃいでる子供たちが、大きくなったら鉄砲で人を殺めるのかなーと思うとブルーになっちゃいました。やっぱ鉄砲はもっとギラギラギトギトした戦意満タンな人たち(例えば一昨年の人たち)が持たなきゃね!!

家族と離れ離れの寂しさの反動か、一番小さいくせにいっちょまえぶる与六。少々かわいげがありません。小姓仲間の又五郎(後の東幹久)が手伝ってやろうとしても逆に怒りだす始末。与六の頑固ぶりには住職の等々力警部も手を焼きますが、その頑固さが喜平次のツボにはまったみたいです。叱られて食事抜きにされた与六のために、こっそりおにぎりを持っていきますが、我の強い与六に相手にされず結局渡せずじまいでした。おにぎりを見つめてしょんぼりする景勝……うん、みんな、この場面で私もやっとわかったよ。やっぱり「兼続×景勝」なんだね!!

話は前後しますが、上杉“戦国版結婚できない男”輝虎とその姉の仙桃院は、なにやら美味そうな鍋を囲んで語り合っていました。話題はもちろん、喜平次の教育論です。輝虎は早いうちに喜平次を春日山城に呼んで、北斗神拳もとい自分のすべてを喜平次に伝えてやりたいと語ります。それを聞いて「それなら小姓たちも一緒に」と勧める仙桃院。北斗神拳は一子相伝だからあんまり大勢いても仕方ない気もしますが、輝虎は快諾してました。ついでに与六のことも思い出したみたいです。とくに詳しくは話してませんでしたけど(言うかと思ったのに言わなかった…)。

話を寺に戻します。小姓修行にぶち切れた与六は、とうとう夜中に寺を抜け出して家に帰ってしまいました。あんなに雪が降り積もってるのに、子供の足でよく戻れたなぁと思いますが、当時の子供は健脚で寒さにも強くて方向感覚がするどかったのかもしれない、ということで納得しておきます。実は寺と与六の家は営団地下鉄の日比谷駅と有楽町駅くらいしか離れてなかったのかもしれないし。

雪の中を夜中にひとりで戻ってきた息子を母のお藤は優しく抱きしめますが、心を鬼にして外に締め出してしまいました。戸板越しに「ははうえ、ははうえ~」と泣き叫ぶ与六の声を聞きながら、声を殺して涙するお藤。感動的な場面なんでしょうが、リアルにこれやったらマジで与六が死ぬだろうなと思うと感動できませんでした。子役の演技が上手すぎて、与六がかわいそうになっちゃいましたから。大人が同じことやられてもなんとも思わないんですけどねぇ。

母親に家から閉め出され、途方にくれて雪の上に座り込む与六。そこに現れたのは…なんと喜平次でした。喜平次、どうやって与六の家にたどりついたんでしょうね。やっぱ足跡を辿って?それとも臭いを?まあどうでもいいか。ドラマなんだし(←もう投げやり)。

与六が疲れて歩けないと駄々をこねるので、喜平次は与六を背中におぶって寺に戻りました。それを泣きながら見送るお藤…感動する場面なのでしょうが、リアルにこれやったらマジで喜平次と与六が(以下略)

寺に戻る途中、喜平次は誰にも明かしていない胸の内を与六に語りました。「ずっと私のそばにいてくれ」と。与六の答えは「はい」でした(BGM:『SAY YES』)。なんかプロポーズみたいで見ているこちらが気恥ずかしかったですが、戦国時代の武将と家臣の絆はある意味夫婦以上に固かったのかもしれないので、これもアリなのかもしれませんね。(というか、この場面で「なんかえ○くりのマンガみたいだな~」と思った自分がイヤ…だって絶対こういうシチュエーションあるもん!)

さてさて、時は流れて与六は14歳になり、名前も兼続になりました。ぶっきーがいくら童顔でも14歳は厳しいだろと思いましたが、その隣の東幹久はもっとやばいので黙認します。景勝に至ってはこの時点で何歳の設定なのか想像するのも怖くなりました。

で、かの有名な川中島までピクニックにきた14歳の兼続と泉沢秀久(東幹久)は、われらがカリスマ謙信と武田信玄との戦いをうっとりと語り合います。うっとりしすぎて2人とも気持ち悪かったですが。そしてふと兼続が山の下を見ると…そこには赤揃えを着た武田の一軍が。好奇心旺盛な兼続は武田の武将の顔を拝もうと近づきますが、不審に思われて襲撃されてしまいます。このとき、馬上にいた武田の武将がなんと高坂弾正。源五郎の時とのギャップにびっくりしてしまいました。この1年の間に何があったのでしょう…。

それはさておき、武田が動き出したことを知った兼続と東幹久は、大急ぎで景勝のもとに向かいました。あんまり慌てたので、兼続の口からはなかなか言葉が出てこず、「武田が…」のところで今週は終わってしまいました。たぶん来週の冒頭で続きを言ってくれるのだと思いますが、次週第3話のサブタイトルが「殿の初恋」なので、来週も戦についてはあまり語られないのかもしれません。。。つか北村一輝に対してなんだよそのサブタイトルは!!




…あ、信長のこと書くの忘れてた。ま、いっか。

コメント (8)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« 今月のテレプシコーラ(ネタ... | トップ | 「ヴォイス~命なき者の声」... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2009-01-12 07:47:44
5歳にしてツンデレ。
5歳にして両想いとは兼続もなかなかやりますね~。
見てるコッチが照れちゃいました。
Unknown (むぎこ)
2009-01-12 11:38:24
ツンデレだ・・・ほんとだ!とレビューを見て大笑いです。

むぎこてきには寺から与六脱走用に雪かきして道がつくってあったのだろうと思ってます

または与六が来る前にきへいじが愛しい与六を盗み見するためにつくっていた道だったりして・・とかね。
あの雪で5歳の子供を背負ってあるいてしかも顔は前むいて息も上がらずいけるとは
昔の人はすごいなあ・・とか思うのでした

そして来週のタイトル
北村一輝にこのタイトルはたしかに凄い
あるいみとっても見てみたい
Unknown (P子)
2009-01-12 13:17:46
流石、昔から萌え系脚本家小松江里子。つぼを心得ていますね。

>つか北村一輝に対してなんだよそのサブタイトルは!!
ありえなくて素敵です。ちょっと期待(なにを?)します。
北村一輝が寡黙でシャイな役っていうだけでもありえないと思うのですが・・。

信長・・・・あれがモニカだというに気付いたのは昨日のオープニングを観てです。Gackt路線を狙ったのかもしれないが華が無さ過ぎ。
もうラブラブですね。 (もちきち)
2009-01-12 17:08:14
>ミチさん
こんにちは~
>5歳にして両想いとは兼続もなかなかやりますね~。
ほんとにそうですね。見習いたいものです。

>見てるコッチが照れちゃいました。
今回は子役だったからいいものの、これから
ブッキーと北村一輝で同じようなシーンをやられると…。

今年は主君がどMなのでしょうか (もちきち)
2009-01-12 17:11:08
>むぎこさん
こんにちは。
おととしは主人公がどMでしたが、今年は
主人公の主君がM属性っぽいですね。

>きへいじが愛しい与六を盗み見するためにつくっていた道
うわ~あぶね~~
ということはやっぱり「殿の初恋」の相手って。。。
腐女子大河決定? (もちきち)
2009-01-12 17:19:10
>P子さん
>萌え系脚本家小松江里子
おお~そんな呼ばれ方をしているとは。

>北村一輝が寡黙でシャイな役
ねぇ?お好きな方にはそのへんのギャップが
たまらないんでしょうか…
やっぱりあれがツンデレというものなんですね (あんの)
2009-01-12 18:00:51
こんばんは もちきちさん

>「べ、別に私はこんなところ(等々力警部の寺)になんかいたくないんだからね!あんた(喜平次)がどうしてもって言うから仕方なく一緒にいてやるんだからね!!」
これ、可愛さベストなまとめ方ですね。最高です。
自分の感想書いた時は「あれはツンデレだよなあ」と思いつつも少し自信がなかったんですが、もちきちさんのこの件を読んで自信を持ちました。ありがとうございます。

>『SAY YES』
お、もちきちさんはこれだったんですか。
私、このドラマいまだに見たことないんですよね。

>14歳
ええ、嘘でしょ!そうだったんですか!真面目にビックリです。
あれ14歳な描写だったんですか!
全然そう見えなかったので自分のブログの感想で少しズレたこと書いてしまいました(汗)

でも、自己弁護するなら与六と妻ぶっきの間にもう1入少年役を入れてほしかったです(…じゃあ、景勝は来週何歳なあの顔で初恋するんでしょう?)
5歳にしてツンデレマスター! (もちきち)
2009-01-12 23:14:08
>あんのさん
こんばんは~
>可愛さベストなまとめ方
ありがとうございます。
しかし恐ろしい子ですね、与六。。。

>あれ14歳な描写だったんですか!
公式のあらすじによると14歳らしいです…
私も最初に知った時はずっこけました。

>与六と妻ぶっきの間にもう1入少年役を入れてほしかったです
そうですねー。伊達政宗のときは、
梵天丸もかくありたいの頃→ゴクミと結婚した頃→世界のナベケン
と段階踏んでましたものね。
子役だと視聴率取れないんでしょうか。

>景勝は来週何歳なあの顔で初恋するんでしょう?
うーん…
上杉家は宇宙人の血が流れているので、あれで18歳なのかも?

コメントを投稿

大河ドラマ「天地人」」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

21 トラックバック

“天地人 2話「泣き虫、与六」” (『ならうよりなれろ!!』)
天地人 2話「泣き虫、与六」 上杉輝虎の養子となった喜平次さまの小姓として、5歳の与六は雲洞庵で修行することになりました。 喜平次さまは、口が重く、とっつきにくく、他の小姓たちと馴染んでいない様子です。 与六もちびすぎて相手にされず、しかも生意気なので...
天地人 第2話 (SOLILOQUY)
天地人 第2話「泣き虫 与六」「この喜平次の傍にいてくれぬか。いつまでもわしの傍にいよ!」公式HPあらすじはコチラ今回は喜平次の小姓として両親と離れ離れにされてしまった与六が、雲洞庵を脱走するという事件をきっかけに喜平次の傍にずっといると誓ったところま....
「天地人」第2回 (日々“是”精進!)
第二回「泣き虫、与六」1564年冬、5歳の与六は喜平次と一緒に越後上田庄の寺「雲洞庵」で修行生活をしていた。坂戸城では、喜平次は大将の器であり、与六は北天の王を守る北斗の七星だと輝虎が姉の仙桃院と語り合う。2人の思いを知らない与六は生意気な性格で、住職...
大河ドラマ「天地人」#2 (ミチの雑記帳)
「泣き虫 与六」 えーー? 子役は今週で終わりーー? という惜しむ声が全国から聞こえてきそうな第二回でした。 「うえーーーん{/m_0210/} 母上ぇーーー{/m_0210/}」と泣き叫ぶ5歳の与六がなんともいたいけなく、不憫になってしまうんですよね。 母と弟のために干菓...
大河ドラマ「天地人」 (休羽捫虱帳)
第二話「泣き虫、与六」
天地人 第2回 主従の絆 (レベル999のマニアな講義)
『泣き虫、与六』内容喜平次(溝口琢矢)を養子とした輝虎(阿部寛)。母・仙桃院(高島礼子)は、樋口与六(加藤清史郎)を喜平次の小姓として、雲洞庵の北高全祝(加藤武)による修行に加える。5歳で一番小さい与六であったが、負けたくない気持ちは人一倍。必死に修行...
天地人第2回「泣き虫、与六」 (森の中の一本の木)
 ―与六と喜平次(後の兼続/景勝)が、ようやく北天の王とその北斗の七星の契りを交わした如く、心を通わせた。― と、言うほど大げさなものではありませんでしたが、雪の中、背負うた幼い与六に喜平次が 「お主にだけは何でも言える。わしの側にいてくれ。」と言い、寡...
天地人~第2回・泣き虫、与六 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
天地人ですが、与六と喜平次の少年時代は今回で終わりで、一気に直江兼続(妻夫木聡)と上杉景勝(北村一輝)になります。年末に坂の上の雲をやるのでペースアップしたのかもしれません。(以下に続きます)
与六への告白!! (函館 Glass Life)
とうとう与六は雲洞庵から逃げ出してしまいましたね{/sayonara/} 友達も出来ず北高全祝からも怒られてばかり{/cat_7/} 幼い与六には堪え切れなかったのです。 やっとの思いで家まで辿り着いた与六ですが、事もあ ろうに母・お藤に追い返されてしまうとは… 一方、北高全...
第2回「泣き虫、与六」 (政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~)
なぜ、兼続は生涯をかけて上杉景勝の御側人として仕えたか?…景勝と同じ釜の飯を喰らう人生、初期はそりゃ嫌悪感の極みに達していただろう。謀殺も疑われる実父の亡くし様に衝撃を受けた喜平次とて同じことだ。あ、話はずれる…ところどころで思うのだが、さり気に『風林...
天地人 第二回 (麦子さんといっしょ)
どうも謙信になじめない・・・・阿部ちゃんは嫌いではないがどうみても頭が宮本武蔵・・・。もうちょっとなじむまで努力することにしてこの点は今回も保留。与六&かあちゃんは泣かせてくれたでもそのあとのきへいじが与六を背負って歩くのを見て果たしてあの歩き方で、あ...
天地人「泣き虫、与六」 (ありがとう!、あてつけじゃないよ。)
天地人「泣き虫、与六」 1564年。 与六は寺で修行中。 こんなところに来たくはなかったと意地を張ったまま生活を送る与六は頑固モノに。 先週から相当頑固モノだったけど、今週も喜平次にタメ口ですねぇ(汗)。 罰で蒔拾いに向かった山の中で、狼の鳴き声でビクビク方...
「天地人」第2回 (日々“是”精進!)
第二回「泣き虫、与六」1564年冬、5歳の与六は喜平次と一緒に越後上田庄の寺「雲洞庵」で修行生活をしていた。坂戸城では、喜平次は大将の器であり、与六は北天の王を守る北斗の七星だと輝虎が姉の仙桃院と語り合う。2人の思いを知らない与六は生意気な性格で、住職...
天地人 第2回 「泣き虫、与六」 (青いblog)
あらすじ。 永禄7年(1564年)冬、5歳の与六(後の兼続/加藤清史郎)は喜平次(後の景勝/溝口琢矢)とともに、越後上田庄の寺・雲洞庵で修業生活
「天地人」第2話 月9の昔話をすると「ロングバケーション」と「ラブジェネレーション」の話題は絶対出る (DOWN IN SMOKE 猫馬鹿無用編)
世間で今一番話題のプロポーズを早くも2話でやる月9より正しいラブコメ大河…だったらいいのにな!
天地人・第2話 (ブルー・カフェ)
天地人 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ストーリー)火坂 雅志,小松 江里子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る ウェブでも視聴率的にも大反響だった→天地人第1話!いよいよ2回目ですね。・・・早いですね、一週間。今始まった事ではないんですけど「大河」レビューで一...
大河ドラマ「天地人」第02話「泣き虫、与六」感想 (優しい世界~我が心に迷いあり(β))
与六、脱走 つーわけで、「天地人」第2話、見てしまいました。 天地人 (NHKシリーズ NHK大河ドラマ歴史ハンドブック) ¥998 Amazon.co.jp 今回は、細かいイベントひろったらいろいろあるけど、まあ要するに、与六→兼続へのグローイングアップ回という...
天地人第2回「泣き虫、与六」 (さくら色通信)
今日も泣きべそばかりかいている与六がとっても可愛かったですね!喜平次の小姓となった与六は喜平次と同じお寺で修行をすることになりますが、実家恋しさに持ち前の頑固さが増してきます。少しお兄さんの先輩小姓や和尚さんからも「頑固ばかりではいけない」と諭されるの...
『天地人』第2回「泣き虫、与六」 (strの気になるドラマ 気になるコト)
頑固な少年、与六。上杉輝虎の養子となった喜平次。上田庄。雲洞庵で修行することになった与六。一番、小さい小姓。いたずら書きをしている与六。他の小姓らに釣りに誘われても行かない喜平次。そんな喜平次を噂する小姓ら。与六は仲間はずれ?おちび と。。そこを尋ねる...
★「天地人・・2」喜平次の告白♪ (・*:・ふわゆら生活・:*・)
たった5歳で親元から離され修行させられる与六。。でもぉ。。お勉強中にお絵かきしているよ~トンボさんを描いてたね~なかなか上手~大河ドラマ「天地人」公式ページチビっ子すぎて他のものたちとうまくいかない。。意地を張ってますますかたくなになっていく与六。。そ...
大河ドラマ:天地人 第2回「泣き虫、与六」 (山南飛龍の徒然日記)
与六と喜平次の距離が縮まった回でしたね。大まかな流れとしては、逃げ帰った与六を喜平次が追いかけて二人の仲が急速に近づくといった感じの内容でしたが、全体的には割と面白く観られました。色々と気になるところも多かったですけど(笑)という訳で、今回は先に気になっ...