<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

炬燵の中でうつらうつらしていた とろとろだった

2018年01月20日 16時39分17秒 | Weblog

炬燵の中でうつらうつらしていた。とろとろになっていた。30分以上そうしていたかもしれない。いい気持ちだった。炬燵の中の足はぬくかったが、外に出ている腕や肩がちょっと寒かった。入眠状態に入りかけに、何の夢を見ようかなあとしていた。そういうへんてこりんな移動期間が推移したのを覚えている。ああでもないこうでもないというふうに決めかねていて一つ処を、幼稚園児が乗るブランコのように往復していた。夢って案外他愛ない。夢には年齢がないのかなあ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 太宰府天満宮に詣でました ... | トップ | 推論に次ぐ推論 恐怖心の有... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
回復されてよかった (yukkuri)
2018-01-20 18:26:14
こんばんは
お風邪が良くなられたかなあ?
と思っていたら、もう、大宰府詣でですか?
行けるほどになられて良かったですが。

私は、12月中旬から風邪が元でしたが、ずっと体調が悪く、未だ本調子に戻りません。

お大事になさってください。
お大事になさって下さい (さぶろう)
2018-01-20 20:42:09
Yukkuriさん、こんばんは。そちらも風邪ですか、辛いですね。中々治りませんね。わたしも鼻水がずるずる。痰がとれません。ですが、家の中ばかりは嫌で、飛び出します。太宰府天満宮は寒くはありませんでしたよ。神さまに詣でて気分が晴れ晴れとした人たちを眺めてわたしも晴れ晴れとしました。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事