<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

茶花の「侘び助」が我が家の庭にほんのり咲いている

2018年01月22日 11時37分10秒 | Weblog

茶花の「侘び助」が庭に咲いている。いかにも慎ましげである。咲いているのかいないのかよく目を凝らさないと分かりにくい。淡いピンク色。花の口も淑やかである。いわゆるおちょぼ口。花の顔も小さい。これが茶室に掲げられると客が褒める。やっと褒められる。柱の花生けに一輪。それで引き立つ。艶容がやっと引き立つ。我が家の庭のように雑然としたところでは、粛然とした花の風情が殺されてしまいかねない。山里にいては惜しい。物の真価を解さない我の、その冬の庭に、声も挙げずに住んでいるのはいかにも可哀想な気がする。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衆生仏を念ずれば、仏も衆生... | トップ | 一日さん有り難うございました »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事