緑とともに・・・・

小田原市にある有限会社小田原植木のBlogです
 http://www.odawaraueki.co.jp/

GWのお休みのご連絡

2019年04月29日 | Weblog
天皇陛下の交代に伴う即位儀式で、このGWは10連休などという企業もあったりします。
うらやましい反面、それだけお休みしてお客様にご迷惑をおかけしないかと、僭越ながら心配もしてしまいます。
と言いながらも従業員としてはやはりうらやましいほうが先立ちます(笑)

さて、弊社では5月3日から6日の4日間をお休みさせていただきます。



なお、誠に勝手ながら7日の配送等が事前にわかりましたらお早めにご連絡を頂けましたら幸いです。
季節柄、気温の上下が激しいです。お客様皆様におかれましてはますますのご自愛のほどお祈り申し上げます。
コメント

業界紙も取材に来られました

2019年04月29日 | Weblog
1、2年に一度弊社では、チャボヒバのくじきの仕立ての講習会を開催しております。
今年は植木協会庭園樹部会の規格で2月22日に実施しました。
その様子を緑化通信が取材され4月25日号に載せて頂きました。



その前の講習会の様子はこちら
こちらには、弊社撮影の動画での仕立ての様子が載っております。合わせてごらんいただけましたら幸いです。
コメント

衣通姫

2019年04月12日 | Weblog
『古事記』には、允恭天皇皇女の軽大郎女(かるのおおいらつめ)の別名とし、同母兄である軽太子(かるのひつぎのみこ)と情を通じるタブーを犯す。それが原因で允恭天皇崩御後、軽太子は群臣に背かれて失脚、伊予へ流刑となるが、衣通姫もそれを追って伊予に赴き、再会を果たした二人は心中する(衣通姫伝説)。

とウィキペディアには書かれています。





桜って、「花冷え」と言われる季節柄、そして薄いはかない色合いから、少し幸の薄さを感じてしまいます。悲恋という言葉が似合うのは散り際を見て春の暖かさと世の儚さを感じるからかもしれません。
そんな名前をもらったのが、オオシマザクラとソメイヨシノの交雑種のソトオリヒメ。



名前とは裏腹に大ぶりの元気のいい花が見事です。
ソメイヨシノが散った後、弊社の圃場を飾っています。
コメント

神代曙

2019年03月29日 | Weblog
神代曙 (Cerasus × yedoensis (Matsum.) Masam. & Suzuki 'Jindai-akebono')です。



ウィキペディアのデータで恐縮ですが、1912年に日本から米国のワシントンD.Cにソメイヨシノが贈られて、後に米国現地でこのソメイヨシノと別種のサクラが交雑して出来たソメイヨシノの実生から米国現地名で「Akebono」(アケボノ)と呼ばれる品種が誕生した。1965年、この「Akebono」を日本の都立神代植物公園に逆輸入することになり接ぎ木したところ、1本異なる品種となったのが神代曙、です。



母系がソメイヨシノなので、同樹木の影響を強く受けていますが、同種より花の色が濃いものも多く見受けられます(年数がたつとピンクが強くなる傾向がある模様です)



青空の下ではピンクを鮮やかに写すときれいですが、残念ながら今日は曇り空。逆にハイトーンで幻想的に撮ってみました。こういう感じの写真が似合うのも春の花らしいです。
コメント

天若不愛酒 酒星不在天 地若不愛酒 地応無酒泉 天地既愛酒 愛酒不愧天

2019年03月22日 | Weblog
李白曰く
もし天が酒を愛さなければ酒星が天にあるわけがない
もし地が酒を愛さなければ酒泉(甘粛省酒泉市)が地にあるわけがない
天地が酒を愛しているのに人が酒を愛さずにいられるか

と歌っています。



人間が酒を楽しむなら私たちも
美女が「あらっ、酔っぱらっちゃたかしら」なんて頬を染めているがごとくのハウチワカエデです。





モミジ、カエデを秋に楽しむ方が多いですが、なになに春の新芽も美しいです。
美女と酒盛りいかがでしょう?
酒星はこの時期の季語でもあります。

コメント

紅花トチノキ

2019年03月12日 | Weblog
東日本大震災の後、小田原市は有志で、二宮尊徳氏のご縁で相馬・南相馬市を支援しました。
お付き合いは8年経った今でも続いております。

南相馬のとある方が、「わたしたちは3・11と3・12を分けて語っているの」と言われました。
私たち人間が太刀打ちできない大地震という天災と、人間が作ったフクイチ原発の事故という災害は、やはり別なものだと私たちも思うのです。相馬・南相馬の人たちは、3・11の被害からの復興が3・12によって阻害されたのです。

そんな3月12日 365+1日のこの日の木として選ばれているのは、ベニバナトチノキです。



そしてこの花言葉は、「博愛」。わかりそうで分かりにくい言葉。広く隔たりなく愛すること、隣人愛、と書かれていました。
隣人愛か…。まだまだ仮設住宅住まいの方もいらっしゃるし、買い控えが続いたりもしています。そんな隣人とどう共生をするのか? は、この花言葉が与えられたことでもう一度真摯に考えたいものです。


コメント

造園組合行事に参加しました

2019年02月28日 | Weblog
専務が表記の行事に2月21-22日に参加しました。その様子をUPしようとしたところ、専務のiPadのメーラーが不調。
docomoの担当者に来ていただきました。本来Apple社の機材については、docomoは販売のみで保守等は自身でしなければならないとのことですが、担当の方は来社したので最後までやっていきますよ、との頼もしいお言葉。
結局、wifiとの相性が悪いのか、docomo担当者も電話窓口のAppleカスタマーサポートセンターの方も原因と解消法はわからず。
専務のiPadは出先で撮影した写真の送信がメインなのでwifiを切ってもらい事なきを得たわけです。お昼も食べずに13時過ぎまでdocomoさんありがとうございました。

さて、本題。専務の出向いた行事は



です。
今年は北海道・東北ブロックの方が記念植樹をしました。



弊社も「15.神奈川ブロック」や「35.関東ブロック」の時にお声をかけて頂き樹木の奉納に際してご使用いただきました。



そんな過去の2本を見るのも楽しみです。



 (思いのまま)

コメント

剪定ばさみ

2019年02月21日 | Weblog
梅の剪定に窮したので買っちゃいました。電動式の剪定ばさみ。



試運転。




バッテリーも背中に背負うので重さを意識しないですみます。梨農家さんが一生懸命やっても1日は持つそうです。

こんな太さの枝も



何の力も入れずにスパっと



おかげで楽しく仕事ができそうです。あとは怪我だけを気を付けて…。
コメント

重心

2019年02月08日 | Weblog
往年の名ドラマの一つに、武田鉄矢さん主演の金八先生があります。そしてその中の名セリフに、『人という字は互いに支えあって人となる。』というのがあります。
人という文字の2つの棒線は互いに相手に寄りかかって立っている、というものです。

相撲の決まり技の一つに「引き落とし」というのがありますが、まさに人の文字の片方の棒線がなくなると、寄りかかれずに崩れ落ちる、そんな決まり技です。
重心が両足の上にあれば倒れないのですが、そこから外れるとバランスを崩して倒れてしまうのは、物理学的日常のすべてのものにあてはまることです。



この大木の出荷が決まりました。(大きさを知ってもらうためにモデルとなっているのは弊社の中で一番の長身かつ一番の若手であるタカシ君です。次世代を担うホープです)

しかしこの樹木の周辺は



電信柱があったり



小屋や別の樹木があったり



コンクリートでできた境があったりと気を使わなければならないものがたくさん。
しかし、高さ7-8mもあるのでまっすぐな状態では吊り上がらないので、斜めに吊り上げないといけません。

かといって大きく斜めにすればそれだけ重心が中心から外れます。5tもあろうかというような樹木、バランスを崩せば大事件になってしまいます。



1点で吊り上がりますので、一番重量のある根を軸に回転もしますので、その回転で生じた幅っている枝が周囲にぶつかる心配もしなければなりません。



急いては動域が増えますので、静かにゆっくりと
そして回転をそっと与えて角度を変えていきます。



もちろん弊社の重機にぶつけてもいけません。





一度道の反対に出したところで降ろします。張り詰めた緊張を解きほぐし、重機の位置を変えて自社圃場内で次の作業工程に入ります。
ここからは公道を走る大型車に乗せるために枝を絞ります。プロの技をとくとご覧いただきます。
まずは粗相なく掘り出せたことをお施主さんにご報告いたします。
コメント

中学の職業体験

2019年01月25日 | Weblog
今年も中学の職業体験の受け入れをさせてもらいました。
今年は国府津中学の女の子2名。
もともとは園芸関係を希望したらしいですが、なぜだか弊社へ。大きく分ければ弊社も園芸関係ですが、たぶんお越しになられた子どもたちにとっては少しイメージが違ったかもしれません。



でも、初めて持つスコップに悪戦苦闘をしながらなんとか木を1本掘り上げました。がんばったね(^^♪
学校からは先生も心配をしてお越しいただきました。

「植木の生産」なんていう職業があることを知らなかった、と子どもたち。
僕もこの会社に入るまではそうでした。
いろいろな職業があるんだなぁ、そうした一人一人によってこの社会が成り立つんだ、ということを覚えてくれればありがたいですね。
コメント