小田原周辺のマイナースポットや些細な出来事を少しずつ
小田原の端々



小田原市内には二級河川の酒匂川をはじめ、川や水路が多くて毎年、橋の補強工事や護岸工事が各所で行われている。大雄山線の飯田岡駅近くの狩川の土手では護岸工事が始まった。先日、ポタリングの際に狩川右岸の土手道を通った際に飯田岡橋から下流の約100mほどの区間が工事のため通行止めになっていた。迂回路は一旦踏切りを渡り線路沿いの道を飯田岡方面に向かい再び踏切で飯田岡駅前へ向かうルート。土手道から迂回路へ向かう途中に工事区間を撮影。狩川右岸の土手約50m弱くらいが掘削され斜面の下部分では基礎工事が行われていた。以前、どのような土手だったかすぐには写真が見つからないので不明だが、工事区間の端に解体途中のブロック積みの護岸が残っていた。おそらく古いブロック積みの護岸を新たなブロックに更新する護岸工事と思われる。狩川右岸の護岸工事の発注者は神奈川県土整備局県西土木事務所小田原土木センター。工事の正式名称は(小土工317)平成30年度河川維持改修工事(県単)明許繰越その2 令和元年度河川修繕工事(県単)その53合併で工費は税込15,290,000円。3月末には完成予定なので、通りかかった際には新たな護岸を撮影したいと考えている。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 2/9 小田原市... 2/11 小田原市... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。