小田原周辺のマイナースポットや些細な出来事を少しずつ
小田原の端々



小田原市久野にいこいの森が開園したのは昭和57年5月。当時小学生だったので子供会やスポーツクラブの夏の行事で、毎年のようにいこいの森で行われたキャンプに参加した。大抵、小田原駅の西口に集合し徒歩でいこいの森まで移動。毎回同じようなスケジュールでのキャンプだったのでどれも似たような記憶しか残っていないが、いこいの森の中を流れる沢を下ったところにダムのようなものがあったのを鮮明に覚えている。あれはただの堰堤だったのか、それともかなり大きな砂防ダムだったのか急に興味が湧き、30年近く前の記憶を確かめるためにいこいの森に出かけた。小田原市久野の工芸技術所前付近の久野川。久野川支流の坊所川上流に目指す場所がある。自転車で久野川沿いを上流に向け進む。久野川沿いも星山橋を過ぎたあたりからだいぶのどかな風景が広がる。星山橋の少し上流の場所には手積みの堰が作られていた。手積みの堰から100mほど上流に進むと向田橋に到着。向田橋のすこし下流で久野川と坊所川が合流する。写真右が坊所川、左が久野川。坊所川沿いの道路を進む。この周辺の坊所川はところどころに堰堤が作られている。農道と合流する手前で左側の細い道を下り坊所川沿いに向かう。細い道を下ると駐車場のような砂利の広場に到着。農道の下をくぐり坊所川沿いを進む。砂利の広場の先はこのような未舗装の林道となっている。道沿いに畑が点在しているので、農作業の軽トラックが通行しているようだ。しばらく進むと林道横の林間に木製の遊具やベンチが設置されていた。どうやらいこいの森の敷地のようである。いこいの森は何度か拡張されたようで現在の敷地面積は27ヘクタール。林道をさらに進むと林間運動広場という場所に到着。その林間運動広場前の道の反対側に坊所川へ下りる散策路があった。道路の脇から林の中を通り坊所川に下る。この道は親水目的で作られたいこいの森内の散策路のようだ。坊所川に下りて沢沿いをすこし上流に進むと治山ダムのようなものが見えてきた。<後編に続く>

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )



« 坂東五番札所... 小田原市久野... »
 
コメント
 
 
 
Unknown ()
2012-04-14 13:18:47
 とても懐かしい風景が見られて嬉しいです。ヤマメ釣りが好きで、山王川の周囲はあちこち釣りに入ったので、沢絡みの記事はどれもよく見覚えがありました。

 堰堤と言えば和留沢部落へ向かう途中の3つ分岐を一番左に行った先の亥切沢にもたくさんありますよ。
 
 
 
>☆さん (端々)
2012-04-14 14:32:22
訪問頂き有難う御座います。
私も昔渓流釣りに熱中していて狩川水系の沢によく入っていました。
亥切沢は林道からいくつか堰堤が見えるので知っていたのですが、あの周辺でもヤマメが狙えるのですかね?以前、久野川水系に入った時にはアブラハヤが多く閉口しました。
 
 
 
Unknown ()
2012-04-26 21:07:55
 お返事ありがとう御座います。

 自分が最後に亥切沢に入ったのは3年前ですが、その時点ではヤマメは生息していました。

 丁度3差から本流の橋をわた渡ってすぐのところから亥切沢に入り、林道の橋まで釣り上がるあたりで釣れました。因みにこの区間にむかーしヤマメ漁が行われた跡地と思われる人工的な流れがあります。見てみると面白いですよ。

 上流の堰堤の下ではアブラハヤしかつれませんでした・・・水流がないのでアブラハヤに有利な環境なのだと思います。

 山王川本流はアブラハヤ多いですね。坊所川は上に行くとアブラがいませんが。
 
 
 
>☆さん (端々)
2012-04-28 21:57:05
情報有難うございます。亥切沢は林道上部にも砂防ダムがあるようで近々探索に出かけたいと思っています。林道ゲートが閉じられる前は良くあの周辺に出かけていましたが、最近は足が遠のいているので、トレーニングがてら出かけたいです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。