小田原周辺のマイナースポットや些細な出来事を少しずつ
小田原の端々



12月11日、小田原は朝から穏やかな晴天。今日は遠出する用事は無いので午前中にランニングを済ませて昼前から自転車で散策に出かけた。正午前にお城通りへ。晴天だが雲が多くて時折日が陰ると少し寒い。最初の目的地である南足柄の怒田に向かうためまずは酒匂川サイクリングコース方面へ。酒匂川サイクリングコース沿いをのんびりと自転車を走らせる。河原の景色は枯れ色が多くて冬らしくなってきた。今年も残すところあと二十日ほど。酒匂川サイクリングコースから大口広場を通り県道74号沿いへ。新大口橋近くのファミリーマートは閉店しており看板が外されていた。10月末に閉店とのこと。県道74号沿いから怒田のアサヒビール神奈川工場へ。敷地内のメタセコイアの紅葉を期待して訪れたが、見頃は過ぎていて入口の並木は半分ほど落葉していた。せっかく訪れたので駐輪場に自転車を停めてガンブリヌスの丘周辺を散歩。メタセコイアの紅葉は先週末くらいが見頃だったようで訪れるのが1週間ほど遅かった。アサヒビール神奈川工場から大井町に向かう途中に斑目の田んぼに中にある大銀杏に立ち寄る。少しは黄葉の葉が残っているかと期待したがほぼ落葉していた。裸の枝の銀杏を見ると冬が訪れたことを実感する。南足柄から大井町のブルックス大井事業場の銀杏並木へ。ここの銀杏もほとんど落葉していて地面は黄葉の絨毯。初冬らしい風景。大井町から酒匂縦貫道路沿いへ。鬼柳周辺の酒匂縦貫道路は規制されていた中央分離帯側の車線が供用されて4車線化していた。長年設置されていた仮設のガードレールが無くなるとずいぶん広々とした道路に見える。酒匂縦貫道路沿いを小田原方面へ向け走り飯泉の飯泉観音に立ち寄り小休憩。勝福寺の大銀杏は黄葉の見頃を過ぎて落葉が始まっていたが半分ほど葉が残っていた。師走の風物詩のだるま市は次の土曜に開催。午後4時前に成田のステーキガストに立ち寄って昼食兼夕食。200円引きクーポンを使い熟成カットステーキを注文。肉は160gほどだがサラダを沢山食べたので満腹になった。お会計は1079円也。食事を終えて国道255号沿いを小田原駅方面へ。飯泉橋の上から穏やかな夕暮れ時の風景を撮影。今日は郊外で色々な初冬の風景を見ることが出来たので楽しかった。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )