ODAWARAケアセンター 健康ブログ

本気で身体の機能改善を目指す人の為に役立つ情報を発信していきます!

サポーターの役割

2020-01-21 11:44:57 | 成長痛
小田原 駅前 徒歩1分 頭痛 肩こり 腰痛 体のことならおまかせ下さい!小田原ケアセンタースタッフ森岡です。

よく最近TVなどでアスリートがサポーターを付けているシーンをよく目にしますが果たしてサポーターとはどんな役割をしているのでしょうか。


サポーターというのは患部の関節周辺の筋肉を締め付けて痛みを軽減させるのが目的です。

つまり関節を固定して関節周辺の筋肉を圧迫しているのです。

では、患部を圧迫するとどういうことが起こるでしょうか?


私たちの体内には全身に酸素や栄養分、老廃物、水分などを送るために血管が張り巡らされています。

▲毛細血管の仕組み

患部周辺をサポーターで締め付けるということはこの血管を締め付けることになります。

患部の炎症を起こしている箇所には血液とリンパ液をたくさん運んで修復を促したいのに締め付けてしまうと逆効果になります。

さらに、その状態で運動をしていると腫れも引きにくく力が入らなくなったり、痺れるような感覚になります。

これは筋肉が血流阻害によって酸素不足となることで身体が危険信号を出しているのです。

この状態が身体に良いことでしょうか。どういう目的でサポーターを使うのかよく考える必要がありそうですね。

小田原ケアセンターではテーピングを使って、関節を安定させて血液の流れを止めずに回復を早めるための施術を行っております。
捻挫がなかなかよくならない、成長痛で困っているという方がいらっしゃいましたらお気軽にお問い合わせください。

小田原ケアセンターはスポーツをする学生を応援しています!!

頭痛 腰痛 肩こりでお困りの方は、体のことならおまかせ小田原ケアセンターへ

小田原ケアセンター詳細は→小田原ケアセンターホームページ

お問い合わせはこちら→頭痛・肩こり・腰痛などご相談ください

関連記事:ODAWARAケアセンターの「成長痛」テーマにしたブログ記事一覧

ライン@でもご予約・ご相談などお問い合わせ下さい。友達登録お待ちしております。友だち追加
コメント

運動習慣が万能薬!?

2020-01-18 11:59:38 | 健康づくり
小田原 駅前 徒歩1分 頭痛 肩こり 腰痛 体のことならおまかせ下さい!小田原ケアセンタースタッフ荒井亨太です。

今日は運動習慣が万能薬についてです。各々で運動する目的は様々です。スポーツすることが趣味の方もいれば、仕事のパフォーマンス向上のためにジムへ通う方、ボディビルダーのような肉体美を目指して筋肉トレーニングをする方など目的は違えど、こうした運動習慣がもたらす効果は多岐にわたります。
例えばこのような効果が期待することができます。

・肥満・心臓病・脳血管疾病、糖尿病・骨粗鬆症・がんになるリスクを下げる。
・基礎代謝が上がり、太りにくくなる
・体力がつくことでパフォーマンスが上がる。
・若さを保つホルモンの分泌を促す
・健康寿命を延ばすことができる。
・気分転換にもなるので、ストレスやうつにも効果がある。
運動を習慣化することでこんなにたくさんの効果が得られるのです。毎日エネルギッシュに過ごすためには小さな努力を少しずつ積み上げていくことなんです。

小さな努力を積み上げる事は、とても大変ですよね。私自身も強い人間ではないので、正直苦手です。でも、まわりの方々にサポートして頂いて私もコツコツ積み上げることができます。


▲健康をサポート|ODAWARAケアセンター

ひとりでは体の痛みと向き合うことや健康を維持することは、困難な時があるかもしれません。そんな時は私たちがしっかりとあなたをサポートいたします!

頭痛 腰痛 肩こりでお困りの方は、体のことならおまかせ小田原ケアセンターへ

小田原ケアセンター詳細は→小田原ケアセンターホームページ

お問い合わせはこちら→頭痛・肩こり・腰痛などご相談ください

関連記事:ODAWARAケアセンターの「習慣」テーマにしたブログ記事一覧

ライン@でもご予約・ご相談などお問い合わせ下さい。友達登録お待ちしております。友だち追加
コメント

ふくらはぎの筋肉その1

2019-12-23 12:01:24 | 脚のむくみ・足の悩み
小田原 駅前 徒歩1分 頭痛 肩こり 腰痛 体のことならおまかせ下さい!小田原ケアセンタースタッフ山本 篤史です。

前回の「足がつった!むくみがでた!意外と不調の多いふくらはぎ」の続き、今回はふくらはぎを構成している筋肉などについてお話ししたいと思います。

ふくらはぎとは、膝から下の部分(下腿)の後面の膨らんだところをいい、古名は腓で「こむら」または「こぶら」とよんだ。つった状態は腓腹筋の強直性けいれんといい、いわゆる「こむらがえり」です。こむらがえりは古名からくるものだったんですね。
ふくらはぎの形をつくっているのは下腿三頭筋であるが、この筋は浅層と深層の2筋からなる。普通、ふくらはぎといった場合は、深層のヒラメ筋よりも浅層の腓腹筋(ひふくきん)をさすことが多いんです。

今回は浅層の腓腹筋についてです。
【腓腹筋とは?】
両足それぞれが左右2つの筋肉で構成されており、内側(股関節側)の筋肉を内側腓腹筋といい、外側の筋肉を外側腓腹筋という。太腿の骨(大腿骨)の内側顆(膝裏の内側あたり)の上方で内側頭をつくり、また外側顆(膝裏の外側あたり)の上方では外側頭をつくって起こり、下方ではヒラメ筋と合流しアキレス腱をつくり、かかとの骨(踵骨隆起)にくっついて(停止して)います。
この筋肉の動きは、
1.足首を伸ばす(底屈)
2.膝関節を曲げる(屈曲)
ここがポイント:足首の動きだけでなく、実は膝の動きまで関与しています。

▲腓腹筋は内側と外側の2つからなる筋肉です

スポーツの分野だけでなく、日常生活でも使う筋肉なんです!
次回はヒラメ筋についてお話ししたいと思います。

肉離れ、スポーツ障害、頭痛・ 腰痛・ 肩こりでお困りの方は、体のことなおまかせ小田原ケアセンターへ

小田原ケアセンター詳細は→小田原ケアセンターホームページ

お問い合わせはこちら→頭痛・肩こり・腰痛などご相談ください

関連記事:ODAWARAケアセンターの「肉ばなれ」テーマにしたブログ記事一覧

ライン@でもご予約・ご相談などお問い合わせ下さい。友達登録お待ちしております。友だち追加
コメント

肉離れに対してのテーピングって?

2019-12-19 18:14:10 | スポーツ障害
小田原 駅前 徒歩1分 頭痛 肩こり 腰痛 体のことならおまかせ下さい!小田原ケアセンタースタッフ山本 篤史です。

前回まで肉離れについてお話ししてきました。
肉離れ」や「肉離れの処置」も合わせてご覧ください。

今回は小田原ケアセンターで行っているテーピングについてお話しさせていただきます。
肉離れに対するテーピングはとても簡単です!肉離れが起こっている場所を特定(触診)してそこにテープを貼るだけ。
こんなふうに貼ります。

▲この場所が痛いと仮定します



▲痛みの(凹みの)ある場所に1つ目



▲1つ目の上側(身体側)に2つ目



▲1つ目の下側(足側)に3つ目

この三枚を引っ張らずにフワッと貼るだけなんです。言葉で言うととても簡単なのですが、実はさまざまな意味があるんです。
肉離れかな〜と思ったら1度お試しください!
でも、肉離れになった原因をしっかり見極めておかないと再発の恐れがあります、そんなときはご相談ください。

スポーツ障害でお困りのかたも頭痛 腰痛 肩こりでお困りの方も、体のことならおまかせ小田原ケアセンターへ

小田原ケアセンター詳細は→小田原ケアセンターホームページ

お問い合わせはこちら→頭痛・肩こり・腰痛などご相談ください

関連記事:ODAWARAケアセンターの「肉離れ」テーマにしたブログ記事一覧

ライン@でもご予約・ご相談などお問い合わせ下さい。友達登録お待ちしております。友だち追加
コメント

肉離れ

2019-12-12 15:44:01 | スポーツ障害
小田原 駅前 徒歩1分 頭痛 肩こり 腰痛 体のことならおまかせ下さい!小田原ケアセンタースタッフ山本 篤史です。

前回の「大腿裏の筋肉その3」の続きのお話しです。
今回は「肉離れ」についてお話しします。

肉離れとは、筋肉の一部分が断裂した状態を指します。スポーツの競技中などに起こる急激な筋肉の収縮により発症することがあります。肉離れを起こすと、その瞬間に筋肉の断裂音が聴こえることがあり、その後、痛みが生じます。Medical Note より抜粋

▲肉離れ

別名 筋断裂ともいいます。(筋挫傷と表記するところもあります。)
大きな負荷や突発的な動きに対して筋肉が引き伸ばされ、断裂します。
肉離れにも程度があります。

軽度(1度、顕微鏡的断裂、mild) - 筋や腱の組織が反復的・持続的な筋収縮により微小断裂を起こし、その不完全な修復によって引き起こされる亜急性の機能障害。
中度(2度、不完全断裂、moderate) - 筋膜・筋線維・腱の急性または亜急性の不完全断裂。
重度(3度、完全断裂、severe) - 筋膜・筋線維・腱の急性の完全断裂

程度によって回復期間や対処と治療、復帰までのプロセスが変わってきます。

次回は肉離れの対処と治療についてお話ししたいと思います。

頭痛 腰痛 肩こりでお困りの方は、体のことならおまかせ小田原ケアセンターへ

小田原ケアセンター詳細は→小田原ケアセンターホームページ

お問い合わせはこちら→頭痛・肩こり・腰痛などご相談ください

関連記事:ODAWARAケアセンターの「肉離れ」テーマにしたブログ記事一覧

ライン@でもご予約・ご相談などお問い合わせ下さい。友達登録お待ちしております。友だち追加
コメント