ODAWARAケアセンター 健康ブログ

本気で身体の機能改善を目指す人の為に役立つ情報を発信していきます!

寝ていると痛くなる夜間痛

2019-11-30 07:21:09 | 肩こり・肩の痛み
小田原 駅前 徒歩1分 頭痛 肩こり 腰痛 体のことならおまかせ下さい!小田原ケアセンタースタッフ荒井亨太です。

今日は肩の夜間痛についてです。五十肩や肩の痛みがあると夜間痛(夜、寝ているときに肩が痛くなる症状)が現れることがあります。
はっきりとした原因は未だにわかっていませんが、現在考えられるメカニズムをご紹介したいと思います。

1.回旋筋腱板が過緊張を起こすことにより、関節包(肩関節を覆う袋状のもの)が炎症を起こし夜間痛が起こる

2.関節包内だけでなく骨内にも炎症による血流量が上昇することで、ズキズキと夜間痛が起きてしまう。


▲肩周辺には細かい血管があるので炎症起こし夜間痛につながる


夜間痛は、関節内での炎症と関節外での炎症の2つのパターンが考えられています。

炎症に対するアプローチとしては、しっかりとアイシングすることが大切ですね。

頭痛 腰痛 肩こりでお困りの方は、体のことならおまかせ小田原ケアセンターへ

小田原ケアセンター詳細は→小田原ケアセンターホームページ

お問い合わせはこちら→頭痛・肩こり・腰痛などご相談ください

関連記事:ODAWARAケアセンターの「炎症」テーマにしたブログ記事一覧

ライン@でもご予約・ご相談などお問い合わせ下さい。友達登録お待ちしております。友だち追加



コメント   この記事についてブログを書く
« 冬の水分補給 | トップ | 膝周囲の筋肉その5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

肩こり・肩の痛み」カテゴリの最新記事