ODAWARAケアセンター 健康ブログ

本気で身体の機能改善を目指す人の為に役立つ情報を発信していきます!

日々変化する人体解剖学

2019-11-27 12:15:29 | 肩こり・肩の痛み
小田原 駅前 徒歩1分 頭痛 肩こり 腰痛 体のことならおまかせ下さい!小田原ケアセンタースタッフ荒井亨太です。

今日は日々変化する人体解剖学についてです。

ODAWARAケアセンターでは、解剖学理論に基づいて畑中メディカルテーピングなどを用いて施術をおこなっています。

例えば棘上筋という筋肉は肩甲骨の棘上窩から上腕骨の大結節上部に着くと解剖学で学びましたが、最近の研究では大結節だけではなく、小結節にも付着するということが報告として発表されています。
日々変化する人体解剖学が患者さんの為になるのかを私たちも独自に検証しながら、体の不調が改善できるように施術に活かしていきたいと思います。


▲上腕骨にある大結節と小結節


頭痛 腰痛 肩こりでお困りの方は、体のことならおまかせ小田原ケアセンターへ

小田原ケアセンター詳細は→小田原ケアセンターホームページ

お問い合わせはこちら→頭痛・肩こり・腰痛などご相談ください

関連記事:ODAWARAケアセンターの「解剖学」テーマにしたブログ記事一覧

ライン@でもご予約・ご相談などお問い合わせ下さい。友達登録お待ちしております。友だち追加

コメント   この記事についてブログを書く
« 小田原ケアセンターで個別ト... | トップ | 膝周りの筋肉その4 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

肩こり・肩の痛み」カテゴリの最新記事