ODAWARAケアセンター 健康ブログ

本気で身体の機能改善を目指す人の為に役立つ情報を発信していきます!

子どもが内股で歩き方が気になる

2020-08-01 12:09:09 | 体の解剖学
こんにちは。ODAWARAケアセンター柔道整復師の荒井亨太です。今日の小田原は快晴でとても気持ち良いですね!気温も高いので日傘や水分補給はしっかりと行い熱中症対策はしましょう!
今日は子どもが内股で歩き方が気になるについてです。
【子どもが内股で歩き方が気になる】
・股関節・膝関節・足指のバランスが崩れ、筋肉や関節の動きが悪くなることで内股になる可能性が考えられる。
・先天性股関節脱臼、ペルテス病、大腿骨頭すべり症、単純性股関節炎などの疾患の可能性があります。子どもが足を引きずって歩く、股関節や膝関節の痛みを訴えるのであれば医師の診断を仰ぐことも必要です。
・身体に柔軟性がある為、とんび座りを習慣化させてしまうと内股を誘発しやすくなる。足を組ませたりしないことが必要である。

▲子どもの内股には様々な要因がある


腰痛 肩こり 成長痛など体のことでお悩みの方はODAWARAケアセンターへ

小田原ケアセンターHP→ODAWARAケアセンターホームページ
お問い合わせ→テーピング施術・個別トレーニング等の問合せ
公式YOUTUBEチャンネル→ODAWARAケアセンターチャンネル
関連記事:ODAWARAケアセンターの「股関節」テーマにしたブログ記事一覧
ライン@からご予約・ご相談ができます。
友達追加でお得な情報をゲットしよう。友だち追加



コメント   この記事についてブログを書く
« 小田原ケアセンターの治療は... | トップ | 相模?いいえ相撲です!トレ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

体の解剖学」カテゴリの最新記事