ODAWARAケアセンター 健康ブログ

本気で身体の機能改善を目指す人の為に役立つ情報を発信していきます!

肩関節を動かす関節

2019-11-06 14:24:48 | 肩こり・肩の痛み
小田原 駅前 徒歩1分 頭痛 肩こり 腰痛 体のことならおまかせ下さい!小田原ケアセンタースタッフ荒井亨太です。

今日は肩関節を動かす関節についてです。肩関節は解剖学的関節と機能的関節という分類に分けることができます。

解剖学的関節とは、骨と骨が関節包や靭帯と呼ばれるもので支えあっている関節です。
次の3つが解剖学的関節と呼ばれます。

1.肩甲上腕関節(一般に肩関節と呼ばれる所):非常に大きく動く関節です。その反面、不安定な関節でもあります。

2.肩鎖関節(鎖骨と肩甲骨がつくる関節):可動性が少ないと言われていますが、個人の見解として鎖骨の可動性が高いので関節自体の可動性は大きい。

3.胸鎖関節(胸骨と鎖骨がつくる関節):触って腕を動かしてもらうと動く感覚がわかると思います。

これらのいずれかでも可動性が悪くなると痛みの原因となることもあるので、どこが動いていて、動いていないのかをしっかりと見極める必要があります。



次回は機能的関節について書いていきます。

頭痛 腰痛 肩こりでお困りの方は、体のことならおまかせ小田原ケアセンターへ

小田原ケアセンター詳細は→小田原ケアセンターホームページ

お問い合わせは→頭痛・肩こり・腰痛ご相談ください

関連記事:ODAWARAケアセンターの「解剖学」テーマにしたブログ記事一覧

ライン@でもご予約・ご相談などお問い合わせ下さい。
友達登録お待ちしております。

友だち追加

コメント   この記事についてブログを書く
« スマホを使うときの正しい姿... | トップ | 膝に水が溜まるって? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

肩こり・肩の痛み」カテゴリの最新記事