ODAWARAケアセンター 健康ブログ

本気で身体の機能改善を目指す人の為に役立つ情報を発信していきます!

膝周辺の筋肉その2

2019-11-21 12:12:41 | 体の解剖学
小田原 駅前 徒歩1分 頭痛 肩こり 腰痛 体のことならおまかせ下さい!小田原ケアセンタースタッフ 山本 篤史です。
前回11月14日にお話した「膝周辺の筋肉その1」の続きです!
今回は
大腿四頭筋」の中の一つ「大腿直筋」についてお話ししたいと思います。
大腿直筋は太腿の前側についている筋肉で、下前腸骨棘(腰骨のでっぱっているところの下)から、膝蓋骨(膝のお皿)を経由して膝蓋靱帯(お皿の下の硬い腱)で脛骨粗面(オスグッッドで痛くなるところ)に停止しています。
この筋肉の動きは膝の伸展(伸ばす動作)と股関節の屈曲の二つの作用があります。大腿四頭筋のなかで唯一股関節の屈曲作用がある筋肉なんです。

この筋肉を鍛えるには膝伸ばし運動だけではダメなんです。

この筋肉をより使い、鍛えるには股関節の屈曲動作が必要になってきます。


 ▲大腿直近は股関節を越えて走行しています。


代表的なトレーニングはスクワットなんです。
でも、スクワットはやり方やフォーム(姿勢)によって利き方や使う場所が変わってきます。
次回はスクワットについてお話ししたいと思います。
こちらもご覧ください

膝サポーターの弊害

半月板損傷と言われても諦めないで

膝ってどうなってるの?

頭痛 腰痛 肩こりでお困りの方は、体のことならおまかせ小田原ケアセンターへ
小田原ケアセンター詳細は→小田原ケアセンターホームページ
お問い合わせは→頭痛・肩こり・腰痛ご相談ください
関連記事:ODAWARAケアセンターの「膝の痛み」テーマにしたブログ記事一覧 ライン@でもご予約・ご相談などお問い合わせ下さい。友達登録お待ちしております。 友だち追加

コメント