小田原ケアセンター 健康ブログ

本気で身体の機能改善を目指す人の為の役立つ情報を発信していきます!

むやみなマッサージは皮膚をたるませる!

2022年02月03日 | 皮膚
こんにちは。小田原ケアセンターの荒井亨太です。今日はむやみなマッサージは皮膚をたるませる!についてです。

【むやみなマッサージは皮膚をたるませる!】

よく顔のむくみを取るためにリンパを流すような方法がありますが、実は皮膚をたるませる原因になってしまうことはご存じでしょうか?

皮膚の構造はこのようになっています。

▲皮膚はとても敏感な組織です。強い刺激のマッサージやほぐしは危険


むやみに強くこするような刺激やマッサージは、組織にダメージを与えます。一時的に変化したように感じますが、長い目で見たとき皮膚がたるんでしまうのは明らかです。
組織が強靭ではないので、グリグリと強い刺激を与えてしまうと組織を破壊しているようなものです。

マッサージを行う時は、力任せにやるのではなく優しくさするような刺激で十分に効果を発揮できますので、見直してみましょう!

腰痛 肩こり 成長痛など体のことでお悩みの方は小田原ケアセンターへ

小田原ケアセンターHP:小田原ケアセンターホームページ
お問い合わせ:テーピング施術・個別トレーニング等の問合せ
公式YOUTUBEチャンネル:小田原ケアセンターチャンネル
関連記事:小田原ケアセンターの「腰痛」テーマにしたブログ記事一覧
小田原ケアセンター感染予防ポリシー:詳細は小田原ケアセンター感染予防ポリシーをご覧ください。

電話予約は0465-43-9746
ライン@からご予約・ご相談ができます。
友達追加でお得な情報をゲットしよう。友だち追加




皮膚の癒着

2019年10月19日 | 皮膚

おはようございます。いつもご覧いただきありがとうございます。
「シニア世代の身体に悩みのある人」「ミドル世代の健康を維持したい人」「ジュニア世代のスポーツ障害で悩んでいる人」など幅広い世代に、一人一人の理想とする体を手に入れて頂きたいODAWARAケアセンタースタッフ荒井亨太です。

今日は皮膚の癒着についてです。
「癒着とは炎症により、本来離れているべき組織同士が臓器・組織面がくっついてしまうこと」とあります。(ウィキペディア調べ)

今回施術にいらした子で、ジャンプをすると背中が痛い。
保護者の方も特にぶつけたような記憶もないとの事でした。
そこで本人が訴える痛みの部分をチェックすると、小さな傷跡がありました。
よくよく保護者の方からカウンセリングすると、「1か月前にお友達と遊んでいて、本棚の角に背中をぶつけて出血し化膿した」という既往歴がありました。
今回は癒着が原因となる背中の痛みだったのです。
1か月前の怪我が痛みの原因になっているなんて中々思いませんよね。
癒着を剥がす施術後は、スタッフと汗をかきながら遊びまわっていました。これで一安心です。

当施設ではしっかりと原因を見つけ、改善へ導けるようにお手伝いをさせていただきます。

頭痛 腰痛 肩こりでお困りの方は、体のことならおまかせ小田原ケアセンターへ
小田原ケアセンター詳細は→小田原ケアセンターホームページ

お問い合わせは→頭痛・肩こり・腰痛ご相談ください

関連記事:ODAWARAケアセンターの「原因」テーマにしたブログ記事一覧
ライン@でもご予約・ご相談などお問い合わせ下さい。
友達登録お待ちしております。
友だち追加