むぎわらぼうし通信。筑波農場の常陸小田米づくり。

(株)筑波農場の社長です。
常陸小田米の生産と農業ブランドへの取組みや政治活動報告します。

発芽中です。

2018年04月15日 | 農作業

高温多湿のボイラ―室で芽を出してから苗を、ハウスに並べますモヤシの様な苗は、ハウスで日光を浴びて直ぐ緑色になる

この土を押し上げてくる感じ生命力を感じますね。重ねた育苗箱を2枚目・3枚目まで押し上げる力があります。 

催芽室(ボイラー温室)の中の写真ですビニ-ルハウスに並べると、急な温度の変化や灌水など気を使います一万枚以上の播種を予定しています

『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 常陸小田米の育苗ハウス順調... | トップ | はりけんラーメンにて、ラン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

農作業」カテゴリの最新記事