むぎわらぼうし通信。筑波農場の常陸小田米づくり。

(株)筑波農場の社長です。
常陸小田米の生産と農業ブランドへの取組みや政治活動報告します。

気化アサガオが半端ない。

2018年07月13日 | 農作業

大豆(納豆小粒)の畑にマルバルコウがもの凄い勢いで発芽し繁茂しようとしている日本への侵入は1850年頃と言われており鑑賞用として導入、西日本に分布していたが近年は関東にも多く見られるようになりました

帰化アサガオ類は熱帯産の帰化雑草で、つる性、発生期間が長いなどにより、大豆畑に侵入すると 防除が難しく甚大な被害をもたらしている。また、その種子は生薬として用いられ、誤食によって腹痛や下 痢等を引き起こすことから、製品への種子の混入は避けられなければならない。近年、大豆畑におい て帰化アサガオ類のまん延が問題になりつつあり、生産現場における適切な防除が求められています。

 

『茨城県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 道路の補修をしました。 | トップ | 筑波農場の社員旅行に出掛け... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

農作業」カテゴリの最新記事