トランプ大統領問題を考えるブログ

いろいろ問題を起こしているアメリカのトランプ大統領問題を解説します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

信越線15時間立ち往生の評価分かれる

2018-01-25 23:56:44 | 旅行
大雪で信越線が駅から300mのところで立ち往生

豪雪により立ち往生したJR信越線 乗客430人が一夜明かす


15時間缶詰でJRの対応を批判する人もいれば、「東京と違って側溝もあって、深夜の大雪で足元が見えない、駅も無人駅で駅舎も無いくらいなので、電車の中にいたことで暖かく、けが人も出なくてすんだ。運転手は応援が来るまで一人で雪かきしながら車内放送で必死に説明。
よくやった」と美談だという説もあります



なかなかこういうときの判断って難しいですよね。

でも、やっぱり安全第一、


そこは最低ラインなんですよ。


とにかく。最悪だったのがJR西日本で脱線した伊丹線の事故とその対応じゃないですか。不満言う人はどうせ何やっても不満を言うので気にしすぎてもしかたない。
ジャンル:
くやしい
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプと税金問題 | トップ | お得にお金を借りることので... »
最近の画像もっと見る

旅行」カテゴリの最新記事