多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

怖くて落ち着かないけれど

2018-07-06 13:10:12 | 緊急時
ここ数日、雨が続く。


わが家の周辺では、まだ川の水位も危険と言われてはいない。


外へ出る事も 怖くてできず、見に行ってはいないのだけれど、


川の水音と、雨音が いつもと違う。


今までに 聞いたことが無い音。これまでの台風や大雨の時より、


もっと不気味な音だ。


私は TVを見ないが、気になってニュースを見たら


やはり 被害が出た地域もあり、記録的な大雨だという。


数十年に一回あるかないかの 大雨になるという。


雨音が違うはずだ。川の水量はさほど増していないけれど、


音が違うのはそのせいだ。


これから ぐっと降水量が増す事だろう。


どうなるかわからないが、準備だけはしておく。


息子達は カンがいいから 心配はしていないが、


夫が 無理に帰宅しようとしないよう、


連絡をしておこう。


雨音は不気味なまま。


これから とんでもない事が 起きるというのがわかる。










コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 佐々木正美先生の事 | トップ | 夏の服装、持ち物で注意する事 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご無事を、心から、お祈り申しあげております。 (アサマキスゲ)
2018-07-07 19:11:41
普段は穏やかな川が、一旦水位をあげてしまった時の怖さ…。
ヒトの力ではどうにもならない自然の凄さ・怖さというものをつくづく感じます。
これを畏敬の念、と言うのでしょうか…。
私自身が、自然に対して、ヒト族の存在の一人としてとっている態度を改めねば…と自戒する瞬間でもあります…。

どうぞ、皆様、ご無事で、と、心からお祈り申しあげております。
被害が広がりませんように (こより)
2018-07-07 20:35:10
お気遣いありがとうございます。水位は危険水位に達していませんが、水の濁り具合から、土砂災害や氾濫が近い事がわかります。

過去に地域のどこが危険であったかを、夫の家族から聞いていますので、できる対策をしています。

被害がこれ以上広がらず、収まる事を祈るのみです。大雨に続き、地震も発生したとの事。

人の力には限りがありますが、その中でできる事をするのみです。



コメントを投稿

緊急時」カテゴリの最新記事